スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読み物】テリーのワンダーランドの思い出(1998年)

1998年9月25日
ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドが発売された

初期出荷のカセットと写真には無いが外箱も未だに綺麗に保管してある


当時高校生だったが、このゲームを発売日に買ったのは周りでは私だけだった

買ったという話をすると、同じクラスの人からは「微妙だな~」というコメントしか返って来なかった

「そんなことはねえよ」

私は批判した

なぜなら、その時、買ったということは 面白い と思ったから買ったはずだからだ

だが、私自身ハマることはなかった

プレステ1全盛期に、ファミコンゲームのような操作性
延々と長い自動生成ダンジョン

おまけにまだゲームボーイカラーも出てないから、スーパーゲームボーイでプレイしてもモノクロの画面

むなしい

ひたすらむなしかった

そして、たいしたやらないうちにやめてしまった



1か月後



ゲームボーイカラーが出る

本体を買ったはいいものの、対応ソフトでろくなものがでてなかったので、同時にこれを買う人が続出する

それから、モンスターズブームが始まった

私のクラスでも何人か買った

男クラでは、授業中、大半の生徒がサボってドラクエモンスターズでひたすら育成を繰り返していた
私のクラスでもサボってゲームをやってる奴がいた

しまいには、学校で通信ケーブルをつないで対戦をする始末だ

発売から2ヶ月ぐらいで、ゲーム雑誌対抗のイベント大会も開催された

ファミ通では、優勝を目的に、最強パーティを作るべく“明らかに”公私混同して、対人戦の戦略
最強モンスターの育成を文字通り一日中やって、その様子を数ページにわたって載せていた

詳しくは覚えていないが、大会の朝まで、徹夜で種を集める作業をやっていたり
ファミレスで大の大人が、勝つための戦略を練り続ける
注文したご飯がやってきても、冷めるまでほったらかしで、ゲームの攻略法を話すバカな編集者ども

この頃のモンスターズブームは本当に熱狂的だった

それから3年後

待望のモンスターズ2が発売された

私も、私の友達も楽しみに発売日を待った

しかしいざやってみると、配合の仕組みはほぼ一緒だし、戦闘システムもまったく同じで、
周りでは全く盛り上がらず終わり、勿論雑誌対抗の対戦もあったが、これも消化不良な感じで幕を閉じた

思えば、私はなんだかんだいって、GBA以外のモンスターズを全てプレイしている
対戦ばかりやっていた1とほぼ買っただけのPS版はクリアまでやっていないけど

これが私とドラクエモンスターズとの思い出である

今のドラクエモンスターズ、具体的にはジョーカー2は面白くなっていたが
1998年の時のような熱狂的なものは感じられなかった

周りに対戦する相手が誰もいなくなったというのもあるかもしれないが
今、楽しんでいる人が羨ましいと思う

終わります
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。