スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム実況動画で成功する秘訣について

俺はゲーム実況者として成功した人間でも何もない
なので、そんな実績のない人間が人に偉そうなことを語れるような立場でもないのだが。

俺自身も、過疎ゲーム実況者とかそういう感じのことが語られるページをたまに覗くことがある

今の俺自身も、そんなに再生数があるわけでもない状態の人間だからだ。

ただ、俺の場合、ぽっと出のゲーム実況やりたい!!人間ではなくて、ちょっと変わった経歴があるので、その自己紹介を踏まえて思ったことを書きたい。
このブログを熱心に見ている人にしてみれば、同じことを何回も書いているので、「またあの話か……」と思われること必至なのだが
というか、もはや書く方も「またあれを書くのか…」という感じなのだが
読む方の10倍は書くほうはうんざりしているというか、そういうことを思っている。







俺がゲーム実況と出会ったのは今から9年前の2007年だ
その時は、Youtubeが始まってまだ2年。ニコニコ動画のサービスが始まった初期の頃だ
ニコ動がどれ位初期だったかというと、Youtube等ほかの動画サイトから動画URLだけを転載してきて、
その動画上にコメントを乗っけてるというコバンザメ状態の時代だった
(すぐにYoutubeからニコ動からのアクセスをシャットアウトされ、ニコ動は当時実現が難しいとされていた動画用のサーバ機器の設備投資を余儀なくされた)

そんな時代に、俺は動画というものの魅力と出会った。

まだ録画形式のゲーム実況動画は存在すらしてなく、
WindowsXPに入っていたWindowsメディアエンコーダというソフトを使った
動画ライブ配信が主流だった。

そういうゲーム実況が行われていたのも、俺が出会った時点では2年ほどが経過していた
当時は主に2chのVIP板みたいなところで盛り上がっていた
peercast、なんでも実況Vという場所で生放送のゲーム実況が行われていた

他人のゲームプレイをプレイヤーのリアクション付きで、しかも生で見られて
レス(コメント)まで付けられる
そんな面白いことをどこでやっているのか数ヶ月かけて調べていた

そしてたどり着いたのが、2007年春、2chにあったなんでも実況Vというところだった。

俺と、ゲーム実況を引き合わせたのは、俺が運営していたゲームレビューサイトの掲示板での書き込みだった。
その書き込みは、俺のサイトをよく見に来てくれる常連の一人だった。
(今でこそ、そのゲームレビューサイトは過疎って閑古鳥が泣いているが、10年前、2006年や2007年とかは、そこそこのアクセス数があったのだ。とうてい信じられにゃいかもしれないが)

この動画面白いですよと、Youtubeのある動画へのリンクが貼ってあった。

それがこれだった




この動画を見てすぐ思ったこと
こんな面白そうなことどこでやっているのだろうと色めき立った

この動画からわかること
なんだかわからないが、ゲームをやりながらプレイヤーがしゃべっていて
それを見ている人が掲示板かどこかに書き込んでプレイヤーに言いたいことを伝えている

今でこそ、当たり前、スタンダードに行われていることだが
2006年終わり、そんなものはどこを見ても行われていなかった

数ヶ月探して辿り着いたなんでも実況V
そこで俺は、ある一つの盛り上がっているライブ配信中のゲーム配信を見た

それは”エスハ”という人がやっていた”ゼルダの伝説時のオカリナ”のゲーム配信だった。

今では考えられないかもしれないが、ただ普通にゲームやってるだけで沢山の視聴者がつく。
掲示板にはものすごい勢いで書き込みが殺到して、俺も面白くなって思わず参加した

俺が書き込んだことに対して、数十秒おいて配信者がそれを読んで反応する

その繰り返しでゲーム配信が進んでいく

今でこそ当たり前だが、俺はこの体験にとてもとても興奮していた。

それは、ネットゲームのMMORPGをやったときの感動とは比べ物にならないほどだった

大げさな物言いかもしれないが、世の中の根底を揺るがすほどの体験と言っても言い過ぎではなかった。

2007年初頭
それまで、他人のゲームやってる姿を見ることなんてなかなか出来る機会なんて少なかった

まだネットも今ほど普及していなかった
ようやくブロードバンドが一般家庭に出回って、パソコンも浸透してきた初期も初期だ

ゲーセンに行っても、ネットに繋がれたゲームがまだ珍しかった
インターネットを活用したゲームもあったが、不便だったり、必要性を感じさせない活用をしているものばかりだった

そもそも、ゲームとネットを掛け合わせることに将来性をその当時はあまり感じなかった

例えば、格闘ゲームやアクションゲームをネットを介して対戦すると言っても
ラグ対策で高速回線が必要だったり、そういう当時は現実的でないインフラ問題が立ちはだかっていた
この頃はSNSだって、mixiぐらいしか流行ってたのはない
SNSがここまで大きなものになるなんて想像もしなかった。スマホもなければLINEも無い
今で言うガラケーを持っていて、携帯電話の使用範囲もその程度しかない
写真を取ることを写メを取るなんてまだ普通に言われていた。
その時代に、わざわざネット対戦を苦労して搭載する意味も薄かった
俺たちゲーマーからしても、ネットに力入れたってカネがかかるだけなんだよ
その程度に”しか”思われていなかった

MMORPGみたいなものもあったが、当時のMMORPGは、レベル上げがメインで
馬鹿みたいに時間をかけてただレベルを上げるだけ
その膨大な時間をフレンドを作って楽しむみたいな、ある種今で言うスローライフみたいな作りのゲームばかりだった

そんな時間だけを浪費するMMORPGに夢中になり、仕事をやめ廃人になるものもいた

一日中レベル上げを続けて莫大な経験値を稼ぎだし、最強を目指す
今考えるとかなり馬鹿らしい話だ

だが当時は、ゲーム上の数値、パラメーターのやりとりに人生を捨ててまで没頭させる価値があった
だからリアルマネートレードもあった
業者が仕事でレベル上げをして、プレイヤーはお金を払って、鍛え上げられたキャラを買う
(厳密には、こういうリアルマネートレードの使われ方は少ない。お金やレアアイテムのやり取りがほとんどだ)

そんな時代に、ゲーム実況の動画配信なんてものが目の前にドンッと現れる

いや、現れた

しかもその凄さや面白さを、知っているものはまだごく一部

俺は居ても立ってもいられなくなり、すぐ”配信者側”になりたかった

必死になって、配信方法を調べた。
今みたいに1から10まで懇切丁寧にやり方が解説されているサイトが充実しているわけではない

わからないことがあっても、ググッてググッて二次情報三次情報などから情報を組み合わせて理解していくしか無かった

そうした結果、俺のシングルコアの低スペックPCでも、なんとか配信だけは出来ることがわかった

あとは必要な物を揃えるだけ

4月
近所の電気店で、キャプチャーボードを買う

俺はすぐに、おんぼろPCのカバーを開け、キャプチャーボードを取り付けた

そして次の日の深夜、ゲーム配信を始めた

だが、すぐには上手くいかなかった

俺はまずこのなんでも実況Vのローカルルールにしたがって、総合スレという所で配信した

しかし、なかなか視聴者がつかない
見てもらえない

毎日、そうやって配信するが、見てくれる日で3人とかだ
最悪0人の日もあった

何時間やっても0人。
総合スレなので、他にも配信者が同じ掲示板を使っている。
他のチャンネルを見ている書き込みが続くと、余計孤独感が増す

俺は段々と泣きたくなってきた
次第にマイクを前に喋ることを辞め、無言でゲームをやるようになった

それも苦痛になり、ゲーム自体を辞め、ニコニコ動画で違法アップされたアニメを見だす。

そんなツッコミ待ちの行動をしても、誰も見てくれない

俺はこの時泣いていた

このままではいけない
このまま引き下がる訳にはいかない

ゴールデンウィークが終わった5月初旬

俺は、最後のつもりで捨て身の行動に出た

スレッドを立てて配信する!!

ゲーム下手、口下手な俺がゲーム実況

(スレッド名は今で言う、動画タイトルみたいなものと考えてください)

こんなスレッドを立てて、深夜1時過ぎから、ゲーム配信を開始

最初は何をやるかも考えてなかった
ミスチルのBGMを流しながら、ただ人が集まるのを待っていた

この時の俺は、ある種賭けみたいなものに出ていた

何をやるか決めていなかったため、手持ち無沙汰になる
集まってきた人も、何事だ何事だという雰囲気になる

そうしたら、目の前に、数日前に買ってきてそのままのSFCカセット「ロックマンX」があるのが目に入った

そうだこれをやろう!!

当時、ロックマンは岩男とも言われ、ゲーム配信では人気タイトルの一つだった

俺は唐突にこのゲームをやり始めた

すると、配信は盛り上がりだす

視聴者を俺のPCでは収容しきれずに、鏡さんという人まで必要になるほどだった

これは、現在のニコニコ生放送と似たようなイメージと思って欲しい
1つの番組で見られる人数に上限があって、それを超えると立ち見席に飛ばされるが
立ち見席というのが、鏡という人だと思って欲しい
厳密にはちょっと違って、ニコ生の場合立ち見も満席になると、ミラー放送という中継してくれる人が出てこないと見ることができなくなるが、
ここで言う鏡というのはミラー放送してくれる人に立場的には近い
実際には鏡をやる人用に鏡ツールというものがあって、視聴者の収容人数を単純に引き上げてくれる人みたいなものなので
どちらかと言うと立ち見席に近いと思ってもらえればいい

「全然口下手じゃ無いじゃん」
「よく喋るなーなんだか」

このような書き込みが来て、配信はたいへん盛り上がった

しかし、盛り上がったのも一日だけ

次の日からロックマンXシリーズをクリアまで配信していくが、爆発的に盛り上がったのは一日だけだ

それ以降は、また一桁からかろうじて10人超え程度の人数に戻っていく
だが、総合スレで燻っている時と比べれば、大違いと言っていい

ロックマンX3が終わった時、次に何のゲームをするか視聴者に決めてもらうことになった

その時、メタルギアソリッド1をやることになった

ロックマンX3をクリアした後、時間が余っていたので、そのままメタルギアソリッド1をやることになった。

この辺は、実は昔、Youtubeで自分のチャンネルに編集して動画投稿してある
気になった人は再生してみてください



気づけば、これも9年前の動画配信になる。
俺自身も懐かしい。
ちなみに、編集のない元動画は、事故により消えてしまった
もし、俺の動画を持っている人がいたら連絡がほしいです。

このメタルギアソリッドを3までプレイすることになり、それによって連日100人超えの視聴者を獲得する実況者になる

その後もいろんなことをやっていた



これがキッカケで、当時入手が難しかった、ロックマンの1と2を視聴者から代理購入して送ってもらうことになった
その後、2007年8月、27時間配信でロックマンシリーズスペシャルと題して、連続してクリアする配信をやった

(この回の動画も事故で無いので、この頃の動画を持っている人がいたら連絡をください)



いまツクール製のRPGの実況動画をやっているが、9年前から俺は変わっていないなということを痛感するw
9年前だから、若くて今より喋りが饒舌で、口の回りが早くて、昔の自分でありながらうらやましくなる
声優がどうたらとはいわないが、台詞にアテレコしたりしている
この頃のほうが声のレパートリーは豊富だったんだなあと思うw
やっぱり俺はストーリー重視のRPGが一番あっているんじゃないだろうか

当時は、RPGの実況動画なんて需要は皆無だったので、これは配信直後の前座的に遊びでプレイしてたもの

この動画を敢えて引用した理由については、後に書くことにする


ロマサガのミンストレルソング(2007年7月頃)
俺にしては珍しく完全初見プレイのゲーム
全滅連発動画なだけだが、当時のエキセントリックな感じが一番残っているので引用した


2007年10月頃
俺がサクラ大戦みたいなアドベンチャーの実況動画なんて出来るか心配だったが
コメントは静かだったが、それなりに盛り上がったと思う
この頃になると、自分が人気者だということに気が大きくなり、
偉そうな喋り方になっているところがあるのが今の俺には気に障ってしまう



2007年11月下旬頃
この頃の俺は若くて愛嬌があったなあと羨ましく思う


マリオギャラクシー動画と同日だったはず

今では貴重になってしまった、2007年11月下旬頃のFF11の様子
(FF11ではちょうどアルタナの神兵が発売された頃)

この時は大変配信が盛り上がり、コメントも凄まじい勢いで書き込まれていった
今見ると多少わざとらしい仕込み臭さがあるけども、当時盛り上がったのだからやり方としては間違ったとは思ってない
(誤解されるかもしれないから断っておくが、この動画の時は視聴者を騙すような格好になってしまったが、
盛り上げたりするために手段を選ばず、人を平気で騙していいとは思ってない
今後はそういうやり方は絶対やらないと誓っている。
ただ、騙してとはいうが、台本はないわけで、この配信の時の流れはほんとうに神がかっていた)

この日の配信動画も事故でなくなってしまった
もし元動画を録画して持っている人がいたら連絡をください

俺はドラクエ10やFFXIVの実況動画でもう一度この時の盛り上がりを再現したいと思ってる


しかし、段々と俺の配信で人が集まらなくなっていった
原因はいろいろある
当時は、ゲーム動画配信で飯が食えるなんてことはなく、完全に遊びだった
その可能性をわかってくれる人なんかいなかった

俺自身もそうだ
これであわよくば飯を食えたらいいなあぐらいに思っていたが、
それは怠けたくてそういうことを考えているんだとしか思わなかった

友達に、実況プレイ動画で飯を食って行きたいみたいなことを言っても

「ハッ?ちょっと何言ってくれちゃってんの?」

真顔で馬鹿にされるだけだった

そうなると、リアル生活を大事にするために、配信頻度を落とさなければならない
当時からリアルと配信をうまく両立してやって行けている人も沢山いたから、俺もそうならなければならないと思った

配信から遠ざかると、当然だが集まってきた視聴者の数も減る
それどころか、当時は、ゲーム動画配信に人が右肩上がりで増え続けていた
競争率は日に日にうなぎのぼりになっていたと言ってもいい

例えば、Youtubeやニコニコ動画で、録画形式の実況動画がどんどん投稿され、それが主流になっていく

すると、俺みたいに昔ながらのなんでも実況Vやpeercastでのライブ配信主体の動画配信はどんどんと不利になっていく

なぜなら、生放送なので、時間の制約がどうしても出てしまう

これまでは視聴者の書き込み頼みで依存していたゲーム動画配信は
録画形式の一度投稿したらいつでも見れるし残り続ける実況動画と比べると分が悪いのは明らかだった

あんな独り言動画で盛り上がるのがおかしい

そうやってニコニコ動画の実況動画をくっさいくっさいと馬鹿にしていた俺や視聴者達
いつの間にかそういった存在が少数派なんだということに気づくことはなかった

書き込みに依存してたゲーム動画配信は、視聴者が分散したりコメントの書き込みがなければ盛り上がらない
となれば、その時その時の一体感の面白さはあっても、動画的に質のムラが出てしまう

いっぽう、録画形式の実況動画は、実況者本人が独り言をしゃべって盛り上げていく

どちらがコンテンツとしてのクオリティが高いかは今となっては一目瞭然だった

そして、配信者と実況者には、致命的な立場的な溝があることも分かり始めていた


俺の動画配信も段々と斜陽になりだしていた






2010年5月29日に配信したものだ
マリオギャラクシー2を発売日に買って、ひたすらプレイしまくって2日でエンディングを迎えた

しかし見ての通り、2010年にもなると、俺の視聴者は、生放送に付き合ってくれる人は激減していた
いくら頑張っても視聴者は戻ってこない。増えない。

あの時代は良かったなあとか、段々考えるようになる

俺は次第に疲れていった

こうして、この動画から3ヶ月後、
俺はゲーム配信から引退した。

それから紆余曲折あって、2016年
今年、また俺は実況動画をやり始めた

自分が作ったRPGを紹介する動画を作った。



それが俺の自己紹介、プロフィールだ。

これを踏まえた上で以下の文章を読んでもらいたいと思っている。





ボソボソ声はマイクの音量設定で80%以上は問題が解決する


実況動画でよく言われているのが、声が小さくて喋り方がオタクっぽいから生理的に受け付けない

このような意見だ。

他にも、トークスキルが高くないとゲーム実況は出来ないとか一般的には言われている

だが、俺はこれらには異を唱えたい

まず、喋り方がオタクっぽいとか声がきもいからというのは、そもそも個人の好き嫌いが入っている。

誰もが羨むイケメンボイスを持つ人なんて希少だ
SMAPのメンバーだって、声だけ聞いたら、イケメンボイスの人なんかいないだろう。
あれは、あの容姿がセットでアイドルとして活動できていると俺は思ってる

自分の声や容姿が、どんな人にも万人に受け入れられる万能なものなわけがない
人前に自分の姿を晒すということは、必ずそこには個人の好き嫌いが入ってくるのは当然のことだ

そうなると、声が小さいボソボソ声の問題を解決すれば良いということになる。

俺は、普段使っているPCは、スピーカーの音量は大きめで、PCの音量設定も大きめの状態で見ている。もちろん動画の音量もちゃんと調整している。
その状態で動画を見るのだけども、他人の実況動画は、マイク音量が小さく聞き取りづらいものが確かに多い。

有名実況者になると、そういうことは無いのだが。

俺はそれで思ったのだけども、ボソボソ声になっている人は、そもそもマイク音量の設定がきちんと出来ていないのではないだろうか。

俺の環境を少し書く
マイクは、金が無いのでピカチュウげんきでちゅうに付属してきたマイクを使っている
このマイクは、マイク以上の機能はなく、それどころかモノラルマイクなので、片方のスピーカーからしか音が出ない
それを録画ソフトの設定で、無理矢理両方のスピーカーから出るような機能を使っている。

何をいいたいのかというと、環境的には他の人と比べると、悪いと言いたい。
決して良い環境で撮影しているわけではない。

そして、マイク音量はやりすぎなぐらい大きくしている。
マイクブーストも入れているので、周囲のサーっという雑音まで拾ってしまうぐらいだ
はっきりいって、これはヘッドフォン派から嫌われてしまう雑音なのだが、それぐらいやりすぎなぐらい大きくしている。

それからゲーム音。これもかなり小さめにしている。
なぜなら、あらゆる場面でゲーム音楽に自分の声が負けないようにするためだ。
もっと大きくした方がいいかなと思って大きめにしたらやっぱり失敗したという経験があった。
それからは、ゲームの音は、小さめなぐらいが丁度良いと感じたのだ

なぜそこまでやるのか?
多くの人は、いくらゲーム実況の収録と言っても、そんなに大きな声を騒いで出せる環境には無いと思う。
マンションで暮らしてたら隣室への騒音にもなる。
きちんとしたスタジオで撮ってるなんて人はほとんど無いだろう。
俺もそうだ。
そうなると、そんなに大きな声を出さなくても、しっかりマイクが音を拾ってくれて
ハキハキ喋っているように聞こえるような状態になっている方が寧ろ丁度良いぐらいなのだ。

場合によっては、収録中に何かアクシデントが起きて、誰か人が来るとかで、小声にせざるを得ないことも出てくるだろう
そういう時にも、マイク音をしっかり拾ってくれると、対応できる。

俺が思っているのは、寧ろボソボソ声になってしまっているのは、ほとんどがマイク音量の設定を間違えているからではないだろうか。
ここが間違えていると、いくらハキハキ大声で元気よく喋っていようが、見る側からすれば小声でしか聞こえない。
聞き取りづらい実況動画なんて見るに耐えないものなのは言うまでもない。

これは、使っているPC等の環境により、どうしても解決できない場合もある。
PCに載っているサウンドボードの特性で、あまりマイク音を大きく出来ないとか、限界値が低く設定されてるなど、そういう場合はいくら設定を最大値まで高めても、駄目だったりすることもあるようだ

ただ、そういう場合は、マイク側で性能の良い物を揃えるなどすれば、やはり解決できるレベルの話だ。

キモ声が嫌ならば、マイクで多少声質を変えることだって出来る。
俺はその辺のことはよくわからないが、実況動画の声なんてのは、マイクを通した声だ
あれがそのまま自分の変えられない声というわけではない
どうしてもイケボに寄せたいというのなら、声質を調整できるマイクを買うのも手ではないだろうか




動画の内容を面白くすることよりも、自分の世界観を作り出すこと



それから、トーク力が無いと面白いゲーム実況が出来ないというのも異を唱える

仮にだが、ハキハキ喋って元気よく話せてイケボ(イケメンボイス)のゲーム実況が面白いか?

それだけで、はっきりいって面白いゲーム実況動画になるのか?

俺は、それを想像してみて欲しいと思う。

だからそこは、トークスキルが必要なんだって言う話になるんだろう

だけども、ゲーム実況で求められているトークスキルってのは一体何だ?

途切れなく喋る技術?
ゲームをやっていて、話を広げられる技術?
意外なリアクション芸が出来る技術?

一体何を指してトークスキルと言っているんだ?と思う

少し説得力のある例を出したいと思う。

芸能人に、お笑い怪獣こと明石家さんまが居る。
(誰でもいいんだけども、俺が好きな芸能人で、語れる人が明石家さんましかいないので、この人を例に書く)

明石家さんまは確かに、若い頃は若い女の子にキャーキャーモテるような容姿を持っていた
(その時代を知る人も、もうかなり高齢になってきてると思うが)
だけども、明石家さんまの活躍は、どちらかと言うと、若いころよりもそれ以降のほうが目立っている

容姿でモテる時代は早々に終わって、それからは芸能人としての持ち前の話術で、ずっと芸能界のトップをひた走ってきた

まず、さんまの声
仕事でもプライベートでも喋りすぎたせいか、しゃがれた声であの気持ち悪い引き笑いをする。
お世辞にも、イケメンボイスとは程遠い状態だ。

オタクの特徴として、自分の話に酔って自分の話で笑ったり、笑い方が気持ち悪いとか言われているが
明石家さんまは、この特徴にピッタリと当てはまっている

だが、面白い。

明石家さんまが、他の人に真似できない話術を持った人であることは確かだ。
それを前置きとして、これからのことを読んでいただきたい。

明石家さんまという人は確かにすごい人で特別な人間かも知れないが、意外と根っこは普通でそれに近づくことは十分できると断言する
(同格の存在になったり、追い越すなんてことは無理だろうが)

話し始めたら色んなリアクションを取って、会話の引き出しも豊富
これは確かだ

だけども、失敗も多いし、同じ話を何回も繰り返したりする。

例えば、タモリとあった時、2005年以降なんかは、必ず同じ話をする。
これはタモリと会うことが減ったからなのだろう。

だけども、本当に天才なら、同じ話を何度も繰り返ししたりしない。

ここ10年位は、さんまがタモリと共演した時は、いつもではないが大体
タモリがさんまを家に招待してご飯をごちそうした時の話をする
そこでさんまは一緒にご飯を食べて喋りたいのに、部屋に一人だけ放置してご飯だけごちそうして帰らせることを不満に言う

その後の話の流れも決まっていて
さんまがそのときのお返しにタモリを自宅の餅つき大会に招待したという話になる。
そしたら、挨拶もなく勝手に家に上がり込んでこたつに入って黙って餅つき大会を見てるだけ
さんまがやっとタモリに気づいたと思ったら、もちを沢山持って「じゃ」と早々にその場から出て行った

いつもこの話をする

よくよく見てったら、明石家さんまという人間は、自分の話をするとき
案外、同じ話を何回もしていることが多いということだ
そりゃあ、仕事が忙しく、プライベートの時間は相対的に少ない
色んな出来事を体験できるわけじゃないので、その限られた中から面白いエピソードを喋るしか無い

明石家さんまの特徴としてもう一つあるのは、何でもネタにすることだ

笑っていいともにレギュラー出演していた頃、寝坊をしてよく遅刻をしていた
本来ならば、到着したら平謝りで終わってしまうところを、遅刻した理由をタモリに尋ねられて
そこで笑いを取っていこうとする

それだけでなく、生放送でも何でも何かアクシデントがあれば、それをもすぐネタにしようとする

こういう人間なので、失敗も多い。失言が多い。

バラエティ番組なら笑って終わらせられることでも、オリンピック等のスポーツ番組で
世界的アスリートを前に、持ち前のノリで話しかけて行ったら失礼だなどとYahooニュースに取り上げられたりもしょっちゅうだ

ここまで書いて、俺は気づいて欲しいんだけども、あれだけ周りから神格化されている明石家さんまも
こうして見てみると、案外陽気でひょうきんなおじさんで受けている側面も大きいと思わないだろうか

確かに、番組ごとに話術を使い分けたり、きちんと番組の趣旨を理解して盛り上げ方を変えたり
リアクション芸も瞬時にアドリブが効いて面白いことが出来る

そういうプロフェッショナルな一面も確かにある

だが、ここでは、何もそこまで真似できなくても構わない

ゲーム実況というのは基本的に一人でやるもので、誰かに合わせたりチームワークを必要とするものではない

自分のゲーム実況が過疎で盛り上がらない、見てもらえないということで悩んでいる人を良く見る。

そこで例えば、テレビ番組みたいな凝った編集を入れたり、無理に途切れなく喋ろうとしたり
無理に面白いことを言おうとしたりしている動画も結構見る

俺はそういうのを見てて、そういう努力はほんとうに必要なのか?と思ってしまう。

ここまで書いたエントリを真剣に読んで、俺の紹介したYoutube動画も飛ばさずサボらず全部見てくれた人なら、
俺が言いたいこととか本質を理解してくれているのではないかと思う。

この段落の題名にもなっている「自分の世界観を作り出す」という意味がわかっていただけるのではないかと思う。

俺のゲーム実況は、9年という長い年月を経ても、やってることは実は何ら変わっていない

本質が変わっていないというか。

そこでなぜ引用したのかという理由をここでやっと説明するが
途中で「天使の詩II」のRPG実況動画を引用した。

最近、俺はツクール製のRPGの実況動画をシリーズ2つ投稿している
(どちらも未完だが、それなりの時間撮影している)





このエントリではしつこいぐらいに自分の実況動画を引用していて申し訳無ささえ漂ってくるのだが。

結局俺の動画を全部見てなくてもいいが、チラ見程度でもいいが、何年たっても何も変わっていない。

だけど、見てくれる人や盛り上がり方には大きな違いがある。

実況動画が成功するかどうかなんてのは、究極的には運だと俺は思う

その時多くの人が楽しめるようなことをすればいいのだろうが、そこが難しいところだ。

だから俺は、明確な道が見えてこないかぎりは好きなことをやるべきだと思う

なんか変に背伸びをして無理するよりも、自分のオリジナルを引き出すことに精を出したほうが成功する確率は上がるように感じる

少なくとも俺はそうだった

確かにゲームやりながら喋る
これは普段やることではないからなれないことだ
だが俺は、よくよく思い返したら、背伸びしようと言う努力は怠っていたように思う
これは俺が怠け者であることが良い方に左右した結果じゃないかと思う。

ここでは載せてないが、本当に配信デビュー初期の頃の動画も、
喋り慣れてないこなれてない感があるものの、基本的にここで紹介してる動画と同じようなノリでしゃべっていただけだった

俺自身は、実況動画でもっと面白いと盛り上がって欲しいのだが、フリーゲームのせいなのかRPGツクール製の実況動画の2本は、どちらとも、思ったほど盛り上がらない

それよりも、500時間以上かけて作り上げたRPGツクール3の実況動画のほうが見てもらえている
実況動画的には、フリーゲームの実況動画のほうが断然面白いと思っているのに、結果的にはツクール3での自作RPG動画のほうが受けている(といっても他人から見たら大したことのない結果だろうが)

この結果は、ある意味理にかなっている結果と言ってもいいかもしれない

ただ他人の作ったゲームを実況プレイしているよりも、長期間苦労して作り上げたRPGツクール3のゲームの方が、評価してもらえている






俺は特に成果を上げた有名実況者でもなんでもないので、偉そうなことを語る立場にはない

だが、俺の長年に渡る経験を踏まえて、少し考えて欲しい

自分の動画をみてもらうためにはどうするべきなのかということを。

そういう小手先の技術を磨けばなんとかなるものなのかどうかということを考えて欲しい。

自分では動画を面白いと思っていても結果が出ないから、やっぱり面白く無いんだと自分で自分を否定するのは簡単なことだ

そこで自分で見返してて面白い動画になっているのになあと思った時
俺はその感情を大事にすべきだと思う

誰にも評価されていないものを、自分自身までも否定してしまったら、自分以外にそれを評価してくれる人はいなくなる

これは確かなことだ。

そうならば、今の自分の動画がどうやったら伸びるかを考えるほうがずっと建設的じゃないだろうか

とくにこれといった決め手となる秘訣はないのだけども

終わります
スポンサーサイト

家出失敗、ゲーム実況動画配信の今後について話し合った結果

twitch.png

6月24日の深夜に、2年ぶりに動画の生配信を行った。
結構色んな所で宣伝をしたので、急なことではあったのだが、それなりに人が来てくれた

この動画配信はYoutubeには載せず、動画自体も残さないので、結構際どい話もした
twitchのダイジェスト機能で期間限定で見れるが、保存期限が過ぎると自動的に消去されて見れなくなる
見たかったけど、時間が合わなかったなどの人はそれを見てください

画像の真ん中にある画像は、2008年、なんでも実況Vでメタルギアソリッド4を配信していた時に
作ってもらったコラ画像だ。
俺が自称イジリー岡田に似てるとか、路上でイジリーと声を掛けられたという話をしたことで
俺のイメージ画像が、イジリー岡田になった
こういうコラ画像をなんでも実況V時代の2年間、沢山作ってもらった
古いPCには、全部のコラ画像を保存してあるのだが、今のPCに変わってからは手元にある画像はこれしかなかった

ニコニコ動画でも、有名ゲーム実況者には、ニコニコ大百科で、実況者のイメージイラストや
ファンアートが投稿されたりしているが、俺はそれの先駆けを体験してたのかと思うと胸が熱くなる

俺のイメージ画像がイジリー岡田なのは、複雑な気分になるものの
当時出来たコミュニティの質の高さは、本当に手放すにはもったいなかったなあと思う。

このブログにしても、今やってるYoutubeチャンネルの実況動画にしても
もしかしたら、当時の視聴者の人たちに、自分が思っている以上に支えられているのかもと感じている。









俺はまた家出をした
もうほぼ毎週行われる儀式のようになりだしている。

いつもそうだ

土曜の休み一日を、もんもんと考えて、夜が来ても眠れなくてほとんど徹夜みたいな過ごし方をする
(眠くなって寝てもすぐ目が覚める。寝る気になってないので電機もつけっぱなしになっている)

そして朝方になって家出をする

今回は本当に帰らないつもりだった。
なぜならもう家出ももう4回目だ

周りは、「まーたあいつ逃げたよ」とか思うぐらいだろう
何度も何度も家出して帰ってくるを繰り返していると。

ところが、本人は、一回一回の家出が大変なのだ

周りの人は最初は心配するかもしれないが、2回3回と続けば、どうせ大したことがないと気持ちが薄らいでいくだろう

俺だって学習能力はある
毎度毎度しんどい思いをして家出をして帰ってくる

でも、家出したからって戻ってきたって何も変わらない日常がそこにはあるだけ

家出したくなる原因がなくなるわけがなく、またその日々に戻ってくるだけ

それを短期間に俺は何度も繰り返している

さすがに嫌になってくる

だから次こそはもう帰らない、同じ轍を踏まないと考える

そして今回もまた家出をした

だがダメだった

今度の原因は、やり方が悪かったわけでも、メンタルが原因でもなかった。

身体が悲鳴をあげていた

先週から、俺は椎間板ヘルニアになった

それは予想以上に症状が進行していたようだった。


左足がしびれて辛いだけではなく、ふともも、膝が痛い
腰がいたい

そんな状態で、肉体労働に従事していたら、両腕も痛くなってきた。

病院で処方された鎮痛剤2錠を飲んでも、まったく痛みは引いていかない

立っているだけでも辛い
かといって、座っても布団に入って横になっても足のしびれを筆頭に痛みが体中を駆け巡る

いくら休んだってこれは治らなかった

暇さえあれば、周りが呆れるぐらいゲームをやるようなやつが、この数週間全然ゲームをやらない

それぐらい、ヘルニアの症状が重くのしかかってきていた
(体中が痛くてゲームなんてやる気になれないのだ。何より常に左足がしびれて痛くて集中できないぐらい痛い)

家出をしたものの、身体がそんな状態なので、ちょっと歩くだけで、左足に激痛が走る

ほんの一ヶ月前には家出して、一日に50kmも遠征してたような奴が、、
今や僅か1km程度歩いたぐらいでもうギブアップする

それは俺にも予想だにしないことだった

「俺もう歩けねえのかな」

思わずぼそりとつぶやいてしまったぐらいだった

雨の中、俺は歩いていた
近くのアミューズメント施設のゲーセンで時間をつぶす作戦だった

そこには無事辿りつけた

ただ、足がもう限界を訴えていた


たった
たった1kmちょっと歩いただけで、左足の痺れは激痛に変わり、棒のようになって動かなくなった

そんな足を引きずりながらゲーセンに入る

そこのゲームコーナーは、2週間前に家出した時に行ったゲーセンより色んなゲームが置いてあった

ケツイ、マジカルドロップ等のレトロゲーム台
もう俺にはわからないようなゲーム

そして艦これが4台

朝7時半だというのに、4台とも全部埋まっていた

俺はそれを見て、今の世の中がわからなくなっていた

何年も俺の人生の時計は止まっているんだなと思った

ひたすらゲームレビューを頑張り続けていたから、それ以外の時の流れを見ていなかったせいだ

そのゲームレビューも上手くいかなかった

俺のお目当てだったマジアカもあった。4台

そのマジアカも、俺がハマり込んでいた頃から、随分とイメージチェンジしていた

まさに、一昔前に想像されるような近未来のような雰囲気に様変わりしていた

「トーキョーグリモワール」とか言う、謎なサブタイトルに変わっていた

あのハリポタ崩れのマジアカはそこにはなかった

時間帯が時間帯なので人がほとんどいない
寧ろ掃除している従業員の姿のが目立つぐらいだ

だから、気兼ねなく好きなゲームをやれば良い

しかし俺はその変わり果てたマジアカを遊ぶことをなんとなくためらわれた

結局オレは何もせず外へ出た

公園のベンチで荷物を枕にして横にでもなろうと思った
まともに眠っていない。俺は眠くなっていた

だがそれは出来なかった

天気のせいだ

雨が降っていた

外で、屋根のない所で時間を潰すことは出来なかった

こうやって思案している間も、左足の激痛は収まらない

結局俺は家出を諦めた

たった1時間で、家に帰る決断を下した

俺は悔しかった

どうせ帰ったって、またあの辛い生活が待っているだけなのだ

それをわかっていて家に帰る

これが何を意味するか、俺にはわかっていた

もう左足は完全にダメになっていて、ずっと足の悪い老人のような歩き方をしていた

そんな風に歩いていたから、家に帰るだけでもものすごく時間がかかってしまった

そして今、俺はここにいる
また、ブログを更新している

この流れももう何回目になるのだろう

いい加減、嫌になっていた

こうやってパソコンに向かって文章を書いている間も、左足の痺れがひどくてほんとうに辛いのだ

かといって布団に入って寝ていても痛いのは変わらない

平日、仕事に行っている間もずうううっとこんな状態だ
ヘルニアになったからって長期休暇なんて取らせてもらえない

我慢して働いて、
家に帰ってきて、痛みに耐えながら布団に入っているだけ

そんな生活がもう一週間だ

この地獄のような生活が嫌だから家を飛び出しているのに、またそこに戻ってくる

俺は鎖に繋がれた囚人なのだろうか

また明日がやってくる

痛みに耐えながら、重労働を強いられる

そして帰ってきたら、足のしびれに苦しみながら布団に入ってそれにひたすら耐える
そうしたらまた朝がやってきて、またあの苦痛な仕事が始まって、左足のしびれと腰の痛みをこらえながら重労働をさせられる

この輪廻は、どうやったら終わらせられるのだろう?

週末になったら逃げ出そう
週末に鳴ったら逃げ出そう

俺がこれを耐えるために、自分に言い聞かせてきた呪文だ

だが、
いざその週末がやってきた時、逃げ出そうとしてもいつも失敗する

もうメンタルも身体も限界を迎えていた







椎間板ヘルニアになった原因はわかっている

ある日の仕事で、ものすごく重たいものを運ばされたのだ
2人がかりで100kg以上の大型の機器を2個運ばされた

あれを運ばされた時は、腰が抜けるかと思ったぐらいやばかった
(なんでクレーン車とかあるのに、そういうのを使わないで人力で運ばせるんだろうと思った)


しかもそれを2個
つまり2回も運ぶ

2回目は、途中でおろしてしまうぐらい我慢できなかった

あの日から、、左足の痺れが始まって、治らなくなった

病院へ行って仕事を1日休んだりした
しかし、そこにいる以上基本的に肉体労働をしなければならないので、治療出来るとは思えなかった

それから、仕事を辞めるつもりでいるが、辞めるタイミングを逃して辞めづらくなってしまって
困っている

これが知り合いの会社ではなく完全に他人の会社ならとっくにやめているところだ

俺が小説やる、動画やる、ゲーム作るとか口では言っていながら
それが進まないのは、具合が悪く体調不良が続いているのと、仕事を辞めることがなかなか出来ずに困っているからだ
(辞める気持ちは変わってないが、知り合いの会社だから辞めづらく困っている)







先日の配信で、俺はこれからのゲーム配信についての話をした

それは、今年1月にやったように、録画形式のものを毎日2時間のペースでアップロードするのがいいのか
昔のように生配信がいいのか

そういうところからも意見を募ってみた

といっても、多数決取れるほど人が来たわけではないので、昔と違って忙しいから生放送よりも録画形式の方がいいとか、そういうコメントがポツポツ書かれる程度だったが

まあ俺もこの辺はもう、生に拘る必要はなく、時間の制約がない録画形式のがいいと思ってる







それと、最初に書いて置かなければならないことがある

配信で話したのだが、なぜ動画配信が最優先にされているのかということについて

あさましい理由と思われるかもしれないが、

動画配信を頑張って、俺を知ってくれる人が増えてから
ゲーム作りをやるほうが、そのほうが最初から注目された状態で始められるから

という風に思っている

ただ、ゲーム配信一本でやるということは今の環境では無理なので
それ以外の時間で、ゲーム作りや小説など、やり始めようとしたことはやりたいと思っている






ゲーム実況についての話題

俺が作ったRPGツクール3のゲーム


意外だったのは、ゲーム自体の評価が良かった点だった

最新版のツクールでフルリメイクを希望する声もあった

そういう声は、Youtube等でもこれまで一つもなかっただけに喜ばしかった

ただやっぱり、実況動画的にはダルいシーンが非常に多いということだった

これは自分自身も、ゲーム実況的には、このシリーズはあまりおもしろく仕上がってると思っていなかった

やっぱり、自分で作ったゲームを自分でプレイして紹介するというのが、どうやればいいのかわからなかったためだ

やたら自虐的になっているのが良くない的な話もあった

これも、自分のゲームをどうやって紹介すればいいのか立ち位置がわからなかったためだ

それで、どうやっても自作ゲームをドヤ顔で紹介なんて出来ないので、照れながらやるしか出来なかった




それ以外の二つのツクール製のフリーゲームRPGの動画シリーズの感想も欲しかったが、この2つについては感想はなかった


俺は、RPGツクール3の紹介動画よりも、実況的には面白くなっているとは思っているのだが、なかなか見てもらえていない




9th Existence 2の最初の方はやっぱりまだ、独り言実況動画に慣れておらず、喋れ慣れてないところというか、まだ照れている感じが若干残っているのが心残りだ

まだRPG特有の間延びしたところ(ダンジョンや町の探索シーン)での雑談コーナーの話の振り方が下手で、つまらない話を延々としてつなげようとしたりという部分が残っている

一方で、イベントシーンやボス戦はテンションも上がっていて面白くなっていると思っている

イベントシーンでは、登場キャラクタの性格、声を妄想したり、くだらなく一方的な突っ込みをしたりしている

ボス戦は、適度に難しいので、いい感じにテンパっていて、なかなかいい見せ場に取れている思う
テレビ的に言えば、取れ高の高い感じになっていると思う



あすななの方は、9th Existence 2とRPGツクール3の動画シリーズを挟んだことで、
芸風としてはだいぶ完成されてきたと、俺は勝手に思っている

失礼な作者いじりと、FFXIのネタが多すぎるところは気になるけども、
とにかく膨大なイベントシーンを、黙って見てるという最悪の状態にだけは陥っていない

戦闘は低難易度で、ゲーム的に緊張がなくて実況的にはつらいんだけども
俺の間抜けなプレイスタイルが、作者の意図と(実況動画的には)うまいこと噛み合わずに、
理不尽な文句を垂れたりするハプニングが多発していて、俺は面白くなってると思ってる

イベントを見ながら、俺が突っ込んだり話を振ったりしてるんだけども
前のエントリでも書いたように、俺は予習してないのでつまりは台本もない

何をいいたいのかというと、話の広げ方はすべてその場のアドリブでやっているということだ

このやり方だと、撮影前に「今日は上手くやれるか……」と、かなり緊張してしまう

アリアを 声優が田村ゆかりで勝手に花嫁修業に出ている最中で、スマホで2chに煽りレスを書きまくっているという妄想設定を勝手に作り上げた

エリンを、いつもエリンギと言い、声優を川澄綾子にして、白魔道士だから腹黒いと決めつける

セスを見た瞬間にティーダ扱い(FF10の)にする

そして自分でもびっくりしているのが、戦闘シーンのBGMを聞いた瞬間に
なぜか「とんねるずのみなさんのおかげです」のコントキャラ、ダーイシを思い出して、勝手にダーイシのテーマにしてしまう
それも最初はそのネタを多用していたが、飽きてきたからPart5ぐらいから使うのをやめてしまったが





実況動画的には、面白くなってると俺は思ってる
凄く面白いとまで自画自賛はしないが、やはりフリーゲームだと中々見てもらえないという厳しい現実をつきつけられたと感じた


後はもう、俺は俺の個性が芸風が、ある種完成してきてるので、それを活かした、
かつ、今需要のあるゲームを探してこなければならない


それが10年前のなんでも実況Vではメタルギアソリッドシリーズだった

自分の個性とゲームが噛み合ってるかどうかというのは残念ながら自分ではわからない

俺から見てみたらメタルギアは若干騒ぎすぎて空回りしてると思うんだけどなあ

と、思っていた(当時から)

だけども、それが一番面白がられていた


これは配信でも話したことだが

今の俺は、何もないところで、木をこすって火をおこしている段階だと思っている

今が一番試行錯誤して苦労するべき時期だということだ

そこを乗り越えればなんとか、前に進み始めると必ず思っている

終わります

ゲーム実況アップロード対策会議室

先週末から、椎間板ヘルニアになり、今日は朝から病院に行っていた
そこできつい鎮痛剤を渡され、寝ているだけで一日が終わってしまった。

さて本題に入る。






昨日も今日もずっとゲーム実況のことを考えていた

下半身(ふともも、膝、足裏)が痛くて痛くて、座っているのもつらい
そこで、布団に入って横になっていたりするのだが、退屈で退屈でしょうがない

ここ何日間かは、ずっと自分の実況動画を作業用BGM(この場合作業になるのか?という感じだが気にしないことにする)代わりに
PCで再生したまま横になっていた

さすがに、ストック分の実況動画も何回も見すぎて飽きてきたので、自分の動画ではあるが新作が欲しくなってきた

ゲームレビューのHPにアフィ貼り付ける時も、自分の動画を作業用BGM代わりに再生してたので、10時間以上、自分の動画を何周も再生してたので、さすがに飽きた

じゃあさっさと動画更新しろよ!!って話だが。

見てた動画

9th Existence Ⅱ


あすなな -アストリア王国騎士団第七小隊- (未完)




実は、フリーゲームで、RPGツクール製の実況動画なんて、始める前は

「俺にやれるのか?」

正直、めちゃくちゃ不安だった。

生放送の経験なら、過去にたくさんあったものの、録画形式のものは全然やったことがない

アクションゲームならまだ、自信はあったものの、
いわゆるストーリー重視型の王道ロールプレイングの実況なんて、

間が持たなくてまず無理じゃないか?

と思っていた。

実際、これの前にやっていた「魔神の傷跡」というゲームでは、まだ全然喋れていない





ここで初めて暴露するのだが……

実は、2015年1月に、Youtubeで録画型の実況動画をやろうとしたことがあった。

それで実際、撮影までしたものがある。

その時に選んだゲームが、

9th Existenceだ!!

たまたまよさ気なフリーゲームを見つけて、実況動画をやろうと思った時期と重なっただけで、深い意味は無い

Youtubeにまでアップロードしてるんだけど、あまりにひどいので非公開にさせてもらっている
(動画の長さは48分)

どうしても見せてくれという人がいたら、見せますが、つまらないのでオススメはしません
全然喋れてない、リアクションとるところでタイミングを逃す(無言スルー)
上から目線でゲームに対してガチダメ出し、今より喋り方がなんとなくうつ病っぽい(病んでるっぽい感じ)





しかし、
こういう紆余曲折を経て、RPGツクール製のフリーゲームの実況動画でも
自己評価ではあるものの、見れる程度のものが撮れるようになったと思ってる
少なくとも、自分が周回するほど面白い動画になっているという手応えはある

これらの動画、俺は何よりも初見プレイであることを大切にしている。
なので、下見いわゆるロケハンは一切やってないし、なので台本といったたぐいの下準備は全くやっていない。

都合の悪いところの編集カットもなしの、ぶっつけ本番一発撮りだ

これは、実況者側の、プレッシャーがはっきり言って半端ない。

なにせ失敗を許されない。
撮影時の設定をミスって、特に音量の設定を間違えたりするともう致命的。

俺の場合は、初見プレイのリアクションを大切にしているので、撮り直しという選択肢は事実上存在しない。

編集して、後から声をかぶせて、いかにもそれっぽくごまかしたりということもしない

見る側はここまで頑固にポリシーを貫き通したものを求めておらず、そんなものより面白いものを単純に求めているのだろう

だが、俺はここにこだわりたい

初プレイだから何が待ってるかわからない(当然攻略サイト等見て予習などもしない)
たかがゲーム実況のプレイ動画ではあるが、何が起こってそれによってどんなハプニングが起こるかも全くわからない

動画を見てらっしゃる皆さんと同じ目線で、俺も実況していると考えてください

そりゃあ多少、撮影前に、今日は動画の中で何を喋るかぐらいは考えるが、それぐらいは許して欲しい
(これぐらいの仕込み?があっても、ゲーム実況中に思い通りに活かせるかというと、正直かなり厳しいです。経験上)

ただ、俺は録画と言ってもライブ感を重視しているので、一度やり始めたら毎日更新したり、といったことを大事にしたい

学校から帰ってきて放課後、友達の家に行って、友達が遊んでいるゲームを談笑しながら見てるような空気感をどうしても今の時代にも出したかった

俺の場合は、小中学生の時、幸いな事にそういう友達がいた
毎日のように遊びに行って、はやりの買ってもらったゲームを遊びながらくっちゃべったりしていた
俺はその時の至福の時間を、Youtubeを使って再現したい
自分が生きてきた時間の中で、一番幸福で楽しんでいた時期だ
週末はいつもその友達の家に泊まりに行き、当時中学生だというのに深夜3時過ぎまで夜更かししてゲームで盛り上がっていた
夕方にはご飯を食べさせてもらいながらアニメを見たり、
遊ぶゲームが無くなったら、本屋やゲームショップにでかけたり、という
ゲーム少年時代の感覚をなんとか今に再現したいと思っている

俺が、無編集の動画にこだわってるのは、そういう意味合いもあります
ただ、俺にアドバイスくださる方で、編集必須とまでおっしゃってくださるのも確かだと思ってます
自分自身も、何度も動画を周回して、シークバー多用したりするので、そういう意味では見てもらうためにそういうことをするのはもちろん必要と思ってます

しかし編集に一番力を入れるのではなく、編集する元動画に一番力を入れるべきと思ってます
キレイゴトかもしれませんが。






もちろん、すんなりの録画形式の実況動画を撮影出来たわけではなかった。

しかも苦手意識のある、どちらかと言うと実況動画的には不向きなツクール製のフリーゲームでストーリー重視の王道RPG。

多くの人は、テンポの良いアクションゲームやFPS、ゲーム実況的にやりやすいホラーゲームに行くんだろう

だが俺は、基本的にはどのジャンルのゲームも苦手意識なくやれるようになっていたい


9th Existence Ⅱの時
イベントシーンで場が持たない時はどうすればいいのかと考えていた

いや、
この時は考えるほどの時間的余裕も何もなかった気がする

そうしたら俺の場合、登場人物に声優の声が入ってないことをいいことに
イメージを膨らませて、「このキャラはこういう声だ!!」という話題を鉄板にした

確か、動画第一回目の序盤から既に、声優がどうたらってことを言い出しているので
熟考した末のテクニックとかではなく、アドリブでやったことだと思う

それと、このゲームは、比較的難易度が高めだ

俺は、自分で自分がゲームを上手だとは思ってない

が、
ゲームをやりまくっていたので、難しいとかしんどいと感じるハードルが
普通の人より高めになっているということがわかってきていた

これは、実況プレイをする上ではすごく重要だと思っている

まあ、俺よりゲームが上手い人は山のようにいる
正直、ゲームを沢山やっているからこそ、自分がゲームの腕前としては凡庸だということを痛感している

だから、ゲームのうまさで、俺は他の人気ゲーム実況者には叶わない

じゃあ、俺の強みをどう活かせるのかということだ

ちょっとやそっとで動揺したり、しんどいと感じないというのは、
ゲーム的に厳しい局面があったとしても、平常心で乗りきれるということだ

ゲーム実況で何より大切なのは、ゲームを楽しんでいる姿だ
真剣にゲームに集中するよりも、だ。

このゲームのように第一章後半に訪れる
厳しいボス戦でも、平常心でどこか余裕を残したまま乗り切っていく


第一章後半のボス戦は、難易度が高めだが、それほど動揺することなくすべて初見で乗り切っている

俺は底抜けにゲームが下手なわけでもないし、その逆に他人から拍手されるほどゲームが上手なわけではない

だけどこの状態は、多くの人に親近感を持ってもらえるんじゃないかと考えている

俺は一目置かれるほど、効率よくゲームを攻略できるわけではない
だが、結構間の抜けたことをやっているものの、最後にはどんな障害も乗り越えてゲームをクリアしていく

この姿は、キャラクターとして認知してもらうには大変かもしれないが、表面的なものよりも強みがあると思う


あすなな -アストリア王国騎士団第七小隊-の時
こっちは、ゲームとしての難易度は低めなのだが、
プレイ時間の大半がイベントシーンであることが、ゲーム実況としてはかなり大変だった

ぶっちゃけ、このゲームは、ゲーム実況向きじゃないと断言してもいい

普通に遊ぶ分には、イベントが豊富で楽しいんだけども、それを実況動画として撮影するとなると話は別

黙って怒涛の勢いで巻き起こるイベントシーンだけを垂れ流すわけにもいかない

そこで俺は声優ネタもそうだし、作者が明らかにFFXIを愛好していることをわかっていたし、隠してる様子もなかったので、

なにか困ったらFFXIネタ、それと鉄板の声優ネタを使いまくった

もう、自分で見返してみて、苦し紛れだなあと思う部分がたくさんある

が、いくつも実況動画を撮りだしてきて、同時に自分の腕が上がっている実感を得られているのもあった


結果的に俺はこの動画を途中で放り出してしまった


最新回だが、ゲーム実況としては完結していない


その理由としては、フリーゲームは作者との距離が近いので、
実況動画をやるだけで、作者が喜んでもらえると思ってた
だから再生数とかはどうでもよくて、周りで身内で楽しめればそれだけで良いと言う考えだった

だけども、もしかしたら作者は見てないふりをして見ているのかもしれないけども
俺は相手にもされなかったので、投げ出してしまった

しかし、
投げ出してから半年近くたって、俺の中での考え方もだいぶ変わってきた

なにより自分自身が、この「あすなな」実況プレイの続きを見たくなってきている

だからもしかしたら、近いうちにまた続きを撮影して投稿するかもしれない

見ている人からすれば(統計的に全然いないかもしれないが)、ヘラヘラ喋りながらゲームやってる姿延々何時間も続いている姿なんてつまらないと思われているでしょう

正直「あすなな」動画は、散々書いているが、難産だった

だから失敗も結構やっている

まず第2回目の時に音量調節をミスってしまったこと
聞けないほどひどいわけではないのだが、個人的にはかなりの痛手だった

第5回目は、どうしても眠くて、見るに堪えない動画となってしまったこと

何回目か忘れたが、クエストのミニゲームで、プレイ中にガチダメ出しをやってしまったこと
これは本当に失敗したと思っている







どちらの動画シリーズも、再生数としては壊滅的に見えるでしょう

だけども、俺はそんなに悲観的になっていない

寧ろ、無名の人間の
フリーゲームの実況プレイ動画としては、まだ見てもらえてる方だと思ってる
逆を言えば、名の知られていない人間の、しかも無編集垂れ流し動画としてはこんなものだと思う
高望みしてはいけない

RPGツクール3で気合入れて一本作ったRPGの動画効果かもしれないが
動画の更新をやめても、僅かではあるがアクセスがあり、チャンネル登録をしてくれたりしている

本当はこのまま、やりたいゲームをやりたいようにやっていきたい
フリーゲームを紹介したいので、見てもらえるのならこのままフリーゲームの実況プレイをやっていくのが一番だ

しかし、やはりみてもらうための努力が必要なのだろう
有名なゲームをやったり、市販のゲームをやったりということをしなければならないと思っている

そうやって、名を知られてからフリーゲームの実況をやることで、
はじめて作者から喜ばれるんだと思う
だから今は遠回りをするしか無い







最後になるが、少し昔の話をしたい
いつも俺は、ゲーム実況の話になると、「なんでも実況Vの頃は」という話ばかりする。

もう9年も前の話になるが、Web上で見られる当時の状態をちょっと探してきた。

ゲーム下手、口下手なUGがゲーム実況 避難所 4

もう10年近く前に「なんでも実況V」で配信していた時の、コメントのやり取りのログだ。
本当なら、一番盛り上がったFFXI配信のログを見せたいのだが、Web上には残っていない
自分の2chブラウザにはログが残っているのだが、これをどうやればWebで展開できるのかがわからないので諦めた。

昔の俺は実はこれぐらい盛り上がっていたのだ
しかし、2010年夏にすべてを捨て去ってしまった。

(当時の動画は、僅かではあるが俺の動画チャンネルに残っているので、そちらをご覧ください)



おれが初めてなんでも実況Vで動画配信を始めたのが2007年4月のことだった

実は俺は、コメント欄のタイトルに有るように、口下手だしゲームも下手だと思っていた

このタイトルは、ゲーム配信しても全然見てくれる人がつかず、最後に捨て身でスレッドを立てて配信してみようと思って、衝動的に名付けたタイトルだ

その後、そのタイトルがずっと使われ続けていた

口下手と書いているのは、本当にそのように思っていたからだ

俺は昔ながらのゲムオタクで、人と会話をあまりしてこなかったしコミュ症の自覚があった
だから、人前に出てゲーム実況なんて向いてないと思っていた

だけど、当時は凄く面白そうな分野だったから、そんなことを気にせずその世界に飛び込んだ

確かに一番最初からうまくはいかなかった

なんでも実況Vにある、総合スレという所で初心者は配信するようにと言うローカルルールがあった

だから俺もそのルールに沿って配信していた

しかし、その総合スレにも既に常連の配信者がいて、俺は全然見てもらえなかった

その状態にヤキモキしていた俺は、最後にスレッドを立てて配信をした

すると、沢山の人が見に来て、あれよあれよという間に盛り上がっていった

そこで言われたのは、

「こんなに良く喋るのに口下手とか嘘だろ?」

というコメントだった

だが、俺は本当に、こういうことに一番向いてないと当時は思っていたのだ

人前でしゃべるどころか、口数が少なくゲームばかりやっていて、一人が好きで
部屋にこもっているようなやつだった

それが、いつも静かに閉じこもっていた部屋の中でゲーム配信をやってみたら、面白い面白いと喜ばれる

これが自分にとってどれだけ重大な出来事だったか

ちなみに、ゲーム実況初期の有名実況者に、俗にいうゆとり組のしんすけという人がいる
ゆとりがFF4をプレイとかいう動画で有名な人だ
この人も、最初はなんでも実況Vで配信して、それからニコニコ動画に投稿し始めている



俺が今、なぜ実況動画なんだと言われると、
俺の中では9年前のあの時からのことが、ずっと続いているからなんだ

もう将来性のないゲームレビューだけやってたってどうしようもない

心底気づいた

今頑張るべきものの一つとして俺の中で大きな存在になっている

ここまでの過去はなしを読んでいただいて、俺に興味を持ってくれるとそれだけで本望です

終わります

Youtubeの大物ゲーム配信者たちを偵察してみる

この前からゲーム実況を始めると決めてからというもの、
すっかり俺のやる気スイッチが入ってしまったようだ

もう今はそれしか考えられなくなっている

この感じ

RPGツクール3でゲームを作ると決めた時と同じ感じだ

いつもは暇さえあればゲームをやっていたが、
先週日曜、プチ家出して帰ってきてからは、全くやっていない

サイト収益化の作業に三日間。
月曜、火曜、水曜の三日間、みっちりとかかりきりだった

木曜、金曜は、ゲーム実況を再び始めるか、これから何をするのか多少悩んでいた

口ではゲーム実況再開すると言っていても、まだ体全体が乗り気ではなかった

土曜日に一日中かけて調べてみて、思った以上に金と知識が必要だということがわかったのもある

この辺は俺が甘いのかもしれないが、動画サイトを開けばすっかりゲーム実況が定着していたから
昔と比べれば、簡単にゲーム配信が出来ると思っていた
が、現実は違った。

それで、俺は、今、
同居している親を説得して、ゲーム配信を撮影していいか聞いてみたが、

やはりダメだった

「また家族が寝静まった夜中しかやれないのか……」

俺は大きく落胆した

そもそも、何をやろうか考えた時、親を説得する必要のあるゲーム実況が
今の状態だとやりやすいと思ったから、それを選んだわけで、地の利が生かせないことがわかった途端
一気にやるのがキツイものになってしまった

だが、今回はやりたい

6年前の夏
一度は嫌になって引退表明してしまったゲーム実況を俺はやりたくなっている

この煮えたぎる感情は、9年前、なんでも実況Vに降り立った時と同じような感情だ

もうこれ以外は手が付かない感じになっている

俺は身体の内にふつふつと燃えたぎるものを感じていた

まあ、
再生数やらがボロボロだったとしても俺は構わない

やりたいなあと思ったものをやっていくだけだ

俺は実力がないから、やれることといったら、とにかく他の人よりも沢山撮影して投稿するぐらいしか出来ない

普通の人が1回バットを振ってる間に、俺は10回バットを振る

俺がホームランを打つには、それしかやり方がないからだ

だからもう、そんな寝静まる深夜を待つのすら今の俺には惜しい

だってもう気持ちは今すぐにでもやりたいのだ

だけどそれが出来ない

これがどんなに歯がゆいことか

今の俺がやれることと言ったら、このブログで
その心境をごちるぐらいしか出来ない

なんてことだ!!

しょうがないのでYoutubeで成功しているゲーム実況者たちを検索して偵察してみたのだった





まずは知ってる人は知っている、超有名な人
これは真似できないレベルの人だ
ニコ動だと幕末志士クラスの水準を持ってる

まず、声が大塚明夫という声優さんにそっくり

この時点で卑怯ナリ!!

そして、ゲームもうまい

更に高画質。レトロゲームも1080p60fpsという抜かりなさ

画質の良さは置いとくとしても、声が似てる、だけでなく、ゲームが上手いというのが、レベルが高い

アクション、特にFPSが得意というのは、もう俺には勝てない素質を持っていて、どう頑張っても俺はこの人にひれ伏すしか出来ない

ただただそう思わせるハイクオリティなゲーム実況者だった

揚げ足取りの大得意な俺が揚げ足取れるところがないのだからすさまじいと言わざるをえない(鼻息)




この人の動画は、最近の新作ゲームで適当に検索したら出てきたので知ったもの

だいだらという人らしいのだが、ニコ生で4年精力的に活動して今や立派な大物に成長
色々な公式イベントなどに出たりしているらしい

動画は高画質だが、生放送出身なので、動画編集は一切なし

こういう人が人気になるんだなあというのが勉強になった



サムネイルがなぜか削除された画像になっているが、クリックすると再生されます


この人は、Youtube始める前から知っている

もともとブログでゲームレビューをやっていた人で、1000本以上のゲームレビューをやっている


動画を始めたのがPS4の発売した頃。
当初はPS4のシェア機能を使って、twitchで配信していた

が、その時点ではマイクもなく視聴者も全然いなかった

その頃のブログも、特別アクセスが多かったわけでもなかった

しかし、その後Youtubeに進出後、いきなり有名になり始める(2014年5月頃)

もう俺の手の届かないところまで行ってしまった

初期は編集された動画ばかりだったのが、いつの間にか生放送がメインになって
今は編集無しの動画ばかりになってしまっている






さて俺はどうすべきか

少し、闇雲にやる前に、考えなければならない

というよりも、闇雲にやりたいと思っていてもやれないので、
空いた時間を使って、しょうがないので少し考えることにする

俺はゲームと言っても、その中で何が得意か

格闘ゲームが得意とか、アクションゲームが得意とか、そういう上っ面の話ではない

もうちょっとゲーム実況的なもののことだ

とりあえずは、ドラクエ10、FFXIVといったMMORPGをやろうと思っている

これはもともと、なんでも実況Vでゲーム配信をしていた頃
最高に盛り上がったのが、メタルギアソリッドとFFXIだったのだ

メタルギアはなんでも実況Vでは人気タイトルだったから誰がやっても盛り上がるのだからそれを除外すると
FFXIが盛り上がったことを考える

始める前は、誰もが、

「やめとけ」

の連呼だった

ところがやり始めてみると、俺がなんでも実況Vで配信してた2年間の中で
一番盛り上がったと言っても過言ではない盛り上がりを叩きだした

最高に盛り上がったのはメタルギアソリッド3のラスボス戦あたりも、
スレッドの勢いは頂点を極めていたが、おそらくアレを超えていたんじゃないかと思う

FFXIとドラクエ10はまた違うゲームだし、生配信と録画ではまた事情が変わってくる
あれから10年近くたって、周りの環境だって大きく違ってしまっている。参考にはならないかもしれない

だが、
過去の成功事例を考えると、このあたりに成功のヒントが隠れているように思う

昔の若いころの感性がなくなって、俺のアンテナも錆びついてしまっているから、他にやりようが思いつかないという苦し紛れ感もある

ただ
俺が最近やったフリーゲームのRPG2本、自作RPGの動画をみるかぎり

俺はRPG配信のほうが向いているのではないかと感じている

多くの人は、テンポの良いアクションゲームや、人気のホラーゲームへ行きがちだ

まあ俺の喋っている内容が面白いか詰まらないかは置いといて
とにかく俺はよく喋っていると言う風に感じている

そこをどうやったら活かしていけるのかということを考えてみることが重要なのかもしれない

俺のトークが、どのジャンルに適しているのかということを考えなければならない

しかし基本はいろんなゲームをやっていくしか無い

終わります

ゲーム実況の鍵 キャプチャーボードについて調べてみた!(2016年6月版)

ゲーム実況動画を撮るために必要なものがキャプチャーボードだ
ゲーム機の映像をパソコンに映すために必要な機器である

詳しくはこちらに載っている

ちなみにこのwikiは、俺の故郷でもあるなんでも実況V発祥の10年以上の歴史を持つ、凄いwikiだ。
(もしかしたらここの管理人は俺の配信を見てくれていたかもしれない)
俺も9年前、ゲーム配信を始めるとき、ここの記事を読みながらやり方を勉強したものだ。





早速本題に入る。

本当は、最初に紹介したリンク先を読んでもらえればそれで済むのだけども、
ゲーム配信、ゲーム実況の文化や歴史が育ってきたことで、情報量が膨大になっている。

俺が参考に読んでいた頃は、このwikiもシンプルなもので、そこを隅々まで読んで言うとおりにするだけで
とりあえずゲーム配信を始めることが出来た

だが、現在はあらゆるゲーム配信の方法を指南しているために、同じようにやろうとすると挫折する可能性がある。

かといってここで、0から10まで教えるわけにもいかない。

そこでとりあえず、一番難しいところである、キャプチャーボードについての最低限のことについて書く
ただし、キャプチャーボードは年月が経つと新製品が発売されるので、この情報は2016年6月の段階のものだと言うことを前提に書かせてもらう。






キャプチャーボードは電気店には売ってない


パソコンの周辺機器なら、電気店に行けば売っているだろうと思われるが、
そこらの店に置いてあるようなものではない
一昔前なら、置いてあったりもしたのだが、基本的にニッチな商品だ。



9年前、2007年4月頃は、電気店に僅かながら置いてあった。
俺は電気店でキャプチャーボードを買った。
また、当時はVAIOを使っていたのだが、それにも性能の悪いキャプチャーボードが備え付けられていた
(どうやっても、キャプチャーソフトの画面を録画できなかったので、しょうがなく新しく買った)



2016年現在では、amazonなどのネットショップ、あるいは、パソコンパーツ専門店に行かなければ買うことが出来ない




次の段落からは、目的別に何のキャプチャーボードを買えばいいのかを、最低限の文章量で書く。
参考にしていただきたい。

ゲーム実況に興味が無い人も、どうやって撮影しているのかがわかるようになっているので、そこらへんの事情を知りたい人は一読してみて欲しい。






GV-USB2(※該当wikiへ飛びます)

3500円程度、USB接続、コンポジット接続
最低限の機能だけを持った万能キャプチャーボード

どのゲームを撮影したいのかにもよりますが、コンポジット接続できるゲーム機ならすべてこれで撮影できる

ただし、HDMI接続のみのPS4は無理。

それから、高画質で撮影したい場合も、このキャプチャーボードではダメ。
こだわりたい場合は、性能の良いキャプチャーボードを買いましょう


普通にゲームを遊ぶようにテレビ画面でプレイしたい場合


撮影する場合、PCに映像ケーブルを接続するので、
つまり、PC上にゲーム画面が表示されます。

が、キャプチャーソフトでゲームを遊ぶ場合、プレビュー画面が小さかったり
映像が遅れて表示されます(遅延現象)

普通にゲームを遊びたい場合どうすればよいのか

分配器を用意します

リンクのwikiにも載ってますが、コンポジットピン延長アダプタと分配AVケーブルが必要です

分配器があれば、分配AVケーブルはいらないです(が、2016年現在では中々売ってないでしょう)

こうすることで、TVとPCモニタの両方に同じゲームの映像が表示されます。
TV画面はゲームプレイ用、PCモニタは撮影用として使い分けることが出来ます。
違和感なくゲームプレイを撮影できます

また、昔の古いテレビ(ブラウン管など)には、テレビに出力端子というものが備え付けられています
それがあれば、ここまで書いてきた分配器は不要です。

普通にそのテレビにゲーム機を接続して、テレビの出力端子からキャプチャーボードにケーブルを接続するだけです

ちなみにうちの環境はこれです。古い1994年製のブラウン管テレビをゲーム用に使っており、
そのテレビの出力端子からキャプチャーボードをつなげて、PC上に表示させて撮影させてる
HDマシン以外はこれで問題なし

PS3以降のHDゲームも、頑張ればこれで撮影できますが、非推奨です
PS3以前のゲーム機用と割りきったほうが良いです(Wiiもこれで行ける)






HD以降のゲーム機なら迷わずこれ!!

MonsterX3A

どうやらHD画質の映像を綺麗にキャプチャーする場合、コストが跳ね上がるようです
相場としては1万円以上と高額になっている

そのなかで、抜群のコストパフォーマンスの高さを誇っているのが、このキャプチャーボード
(価格は7000円程度)

ただし、PCI接続なので、デスクトップPCにしか使えない。
また、使っているPCのPCIスロットが空いているかどうかも確認。

720pを60fpsで録画可能

現段階では最高画質の1080pを60fpsは不可能(1080pの場合は最高24fps)

ニコニコ動画で動画投稿したいと思っている人は、これで十分。

ただ、撮影時の注意として
60fpsで撮影したい場合、解像度を720pに落とさなければならない

PS4やXboxOneを買うようなゲーマーからしてみたら、これがどれだけのデメリットかはわかるだろう

動画の画質を気にしなければ1080pで撮影も可
その場合、撮影時の映像は24fpsに下がる
(PS3のゲームなら、ほとんどが24~30fpsだから、無理に60fpsに拘る必要はないです)

ソフトウェアエンコード(意味を知らなくてもここでは構わない)なので、
上記、GV-USB2の環境をほぼそのまま使えるのも良い

テレビ画面でプレイしてPCで撮影したいのなら、HDMI分配器(スプリッタ)を用意します
PS3のゲームを撮影する場合、どの分配器でも良いわけではなくPS3のHDCPというコピーガードを通過できる分配器が必要になります


この分配器を使ってください




1080p 60fpsの神画質キャプチャーに対応!!

MonsterXX2

18000円程度で、PCIスロットなので、デスクトップPC以外には使えない敷居の高さ

だが、ソフトウェアエンコードなので、キャプチャーソフトの融通がきくところが利点。

注意すべき点として、PCIスロットならなんでも良いのではなく、
PCIの2.0じゃないとダメです
(amazonの商品紹介を読んでください)

推奨スペックもそれなりに必要で

Core i5 2.4GHz
メモリ 4GB

1080pを60fpsで録画するためにはPCのスペックも要求されるので気をつけたほうが良いです






人気商品のため品切れ状態

俺がキャプチャーボードのことを調べだして、最初に欲しいと思った商品だ。

18000円と値が張るが、それだけの価値があると俺は判断した。

USB接続なので、ノートPC等にも使える

これまで紹介してきたキャプチャーボードは、PCモニタ、テレビの2画面に
映して撮影したい場合、
必ず別途、分配器が必要だった

しかしこれは、分配器が不要で、これ1つで2画面にゲーム画面を表示できる

ハードウェアエンコードなので、付属のキャプチャーソフトを使わなければならないものの
そのキャプチャーソフトが比較的使えるっぽい

ライブ配信にも使える(Youtube Twitch。ニコニコ生放送には非対応だが、対策すれば可能)

1080pの60fpsキャプチャーに対応しており、融通が効かないものの将来性があるスペック

要求スペックが高く、キャプチャーソフトも動作が重たくなる処理が多いようだが、設定で解除すればだいぶ軽くすることが出来るらしい

PS3のゲームを録画したい場合は、別途HDMI分配器が必要なのだけが欠点だが、それ以外は値段相応のパフォーマンスがあるように感じる

1080p60fps非対応だが、これの下位のGame Capture HDも悪くはない
なぜならD端子がついていて、PS2やGCなどのゲームも60fpsで綺麗に録画できる

だけども、値段的には15000円で、差がない。

個人的には、1080pの60fpsであることに価値があると思う
下位機種も悪くはないのだが、実況動画として考えると、PS2やGC時代のゲームは
いくら高画質にしても、それほど意味が無いと思う

このキャプチャーボードの、別モデルがいくつか発売されているが、
値段が高かったりして、事実上HDとHD60の二択状態






今回、キャプチャーボードのことを調べてみて


久しぶりに実況動画をやろうと思って、色々調べてみたのだが、やはり難しいと感じた

60フレームで高画質に撮影することは、9年前からの夢だっただけに
それが9年の時を経て、実現しているのは素晴らしいが、まだまだ要求スペックも高くて敷居の高い世界だということを思い知った

別に大勢の客が付いているわけではない自分が、どこまで金をかけられるか

そこに、結局は行き着いてしまうのだ

PS4等、高性能ゲーム機を高画質で録画しようとすると、それなりに勉強が必要だしお金も必要ということに驚いた

特にYoutubeだと、1080pの60fpsまでの画質に対応している

すなわち、下の方に書いたキャプチャーボードの性能をふんだんに発揮できるようになっている
(ニコニコ動画では不可能)

だが、俺はそこまでする必要があるのか?

それを何度も自問自答することとなってしまった。

安いHDキャプボでいいかなと思っているのだが、せっかく買おうと思っているのだし
少し背伸びをして将来性を見込んでみるのも良いのかと思うのだが、なかなかそこの踏ん切りがつかない


9年前の俺なら

9年前の俺だったら、ゲーム配信ゲーム実況は未知の世界だった
だからすぐにそこに飛び込んだ

しかし今は、既に先人がたくさんいる世界

過去の自分は実況動画の世界に飛び込んで成功したが
今の自分が同じようにやった所で、目に見えた結果が待っている

そこで、お金をかけることに躊躇してしまうのだ

やはりそこは、今俺の動画を見てくれてる人たちにも意見を聞いてみたいと思っている

ちなみに俺がほしいと思ってるキャプチャーボードのYoutube上での画質はこんな感じになる


(右下の歯車のアイコンをクリックして1080p60をクリックすると最高画質で再生されます)

終わります

プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。