俺の人生はもう最終回

もう、このブログも終わった感があるなあ・・・・

実はもう、あまりネットをやらないようにしている
動画サイトは殆ど見ないし、自分のブログを頻繁にチェックするだけ
でも、もう脈のないものに必死になるのも馬鹿らしくなっていた

もちろん、これとは別のホームページの方も放置することに決めた
あっちもアクセス履歴をよく見ていたけど、なんにも変わらないものを頻繁に見てたって全く意味がない

消すのも面倒くさい

おれは全てに冷め切っていた

まあ、もうこんなぐた話、どうでもいい、放ったらかしたら自然と消えるだけだ


さっきまでテレビを見ていた


ロンドンハーツという番組だ


芸能人の家にお泊りをするというコーナーをやっていた



仕事終わって家に帰って、ご飯食べながらビールを飲む


おれも本当ならこういうことやってる年齢なんだよなあ


これから働きに行くところの収入じゃビール飲んでつまみ食ってなんて贅沢なことできない


ぶっちゃけ、ゲームとか感想文とか、出世のための材料にしかここ最近見てなかったし


ネットでもテレビでも、都内の物件が紹介されてると家賃とか間取りを良く見る

家を出て
自立して
東京で暮らしていくつもりだったからだ


ちょっと売れてる芸能人ですら、狭くてボロいアパートぐらしなんだよなあ

というか家賃の高さにびっくりする

おれなら

多少不便でも、少し離れたところで暮らそうと考える
でも、事情があって、ああいうところに住んでいるのだろうからなんとも言えない所だ

芸人でも、ホントに売れてて芸歴5年とか言う人じゃないと、ちゃんとしたところに住めないんだなあ
パソコンすら持ってない家ばかりで驚いていた

芸人っつっても、華やかなイメージがあるけど、事務所に入ってるサラリーマンだからなあ
何年も下積みをやって、出世していくところも一緒

ネットのアニメラジオなんて聴いてたら、女性声優2人の番組とか
ちょっと賑やかなOL2人の会話って感じだし

芸能人って、特殊なイメージがあるけど、いたって普通の常識人がなるものだからなあ
10代の高校生とかの頃、クラスでお笑い好きな人気者とかが
私生活でまで賑やかしでうるさかったりして、ちょっと勘違いしてるのがたまにいるけど
そういう奴らはかえって芸能人とかお笑いに向いていないんだよなあ

おれはそういうシビアな世界だってわかっってて込みで、これしかねぇと思ってた

まあ、もう無理なんだけど



家に帰って、だらしない格好でテレビ見ながらビール飲んだり
夜遅くまで仕事が片付かなくて、飲み屋で仕事の話したり

おれは、そういう生活が理想だったんだよなあ

中学のクラス会で、結婚して子供までいる人が出てきても普通の年齢になってるおれ

東京で暮らしてる奴には、家賃とか暮らしぶりを詳しく聞いたり
当たり前だけど、自立して仕事してる人に、家に帰って何してるかとかいろいろ聞いていた

おれも、本当は同じ事やってないと駄目なんだよなあ



30超えても、ゲームとかアニメに打ち込めるやつってすげえと思うよ
売り上げだの、シェアウェアだの、何が楽しいんだろうと思う

ゲームの本当の面白さとは!
ゲームのあるべき姿とは!

そんなもんねぇよ

売れたもんがちや

面白いものに正解なんてないし、なにが面白いかなんて決まりもない



おれも、そうやって一日中考えてて金もらえるなら、まだ続けてったよ
あのホームページもな




周りで、民間にちゃんと就職したって人ってそんなに多くない
うち一人、リストラ食らってたし
前にも書いたけど、最初からふらふらしてたおれと違って、
まっとうに生きようとしてたその人は、突如おれと同じ土俵に落とされて、本当に不遇だと思う

おれの場合は、自業自得だからだ


で、多いのが、自衛隊に入ったとか、公務員になったとかいう話だ
公務員じゃなくても、その完全下請け会社とか、そういうのが私の地元にはほんとうに多い

そして、そういう人達が、周りの民間づとめのひとより裕福な暮らしをしている

うちの近所に住んでいる、おれより2,3歳上の人も自衛隊に入り、結婚して
でかくて綺麗な立派な家を立てて暮らしている

自衛隊に入って一生暮らしていくためには、厳しい試験を突破しなければならないのはわかってる
それを承知のうえでおれの意見を述べる


冷たい言い方になるけど、自衛隊とか公務員って自分でお金稼いでいるわけじゃないんだよなあ

ちゃんと働いてはいるけど、お役所仕事ってよく言われるけど、じっさいそのとおりだし

だからおれも役所に入ることは考えなかった



ここで一旦、30分かけて書いた分を読み返す

おれは何が言いたかったんだろう・・・



こんなブログ
一体何人が目を通しているのかわからんけど




まあ、もう終わろう

ブログも
ホームページも
人生も


おれが死んで、ネット上の活動も全て消え去ったりして喜ぶ奴がいるのならいいことだ

おわります


さようなら
スポンサーサイト

FF3始めた

たった2日で、ノーチラス号とるところまでやってしまった
決して1日じゅうゲームばかりやってたわけでもないのだが

2012_0228_233813_448.jpg

FF3は、発売日にやったから、22年ぶりにやるのだが、
FFのなかで1,2を争う面白さだ

シアトリズムが出た影響で始めたわけではない
随分前からファミコンのFF1から順番にやり始めていた
ただ新作ゲームのリリースがあったせいで間が空いただけなのだ

そして子供の時と、戦闘の戦略がだいぶ変わっていることに気づいた
盾を装備しないで、防御を犠牲にして二刀流にしたり、あまり魔法を使わなかったり
ガキの時は、もっと色々ジョブチェンジして試してたはずなのだが、
大人になると保守的になって使えそうなジョブしか選ばないとか

昔みんなが詰まって、苦労したのがサロニアのガルーダである

なんのことはなく、全員竜騎士にしてジャンプしてれば簡単に倒せるし
城に入る前に、全員分の竜騎士装備一式がもらえるんだけど
あの頃、私より年上の人達もみんな、どうやって倒したらいいかわからず苦労していた

で、ある日全員竜騎士でジャンプしたら、あの全体攻撃をかわせるんじゃねえ?
という提案が出て、学校が終わって、やってみたら驚くほどあっさり倒せて、その場にいたみんなが驚いていた

やっぱりフィールドに出た時の音楽が思い出補正抜きで凄く良い
ファミコンの1と2を少し前にやったのだが、このようなわきたつ感情は出て来なかった

浮遊大陸を出た瞬間の感動
その広い世界に出た時、海ばかりで大地震で水没した世界が広がっていたスケール

なにげに、最初顔を出してる数少ない陸地は、ちゃんと高台になっていることが大人になってから気づいた

やっぱFF3は別格だなと思った

これを初めて自分でクリアしたRPGなのだから、すごい時代に生きていたなと感じる

何年か前にDSのやつをやっているのだが、ほとんどというか全部忘れてしまっている
で、改めてファミコン版をやり直してみて、DS版は偽物というか別物だと思った

同じように作ってあるんだけど、DS版はこれほど浮遊大陸を出る瞬間や
水没した大陸に衝撃を受けなかったし、ボスも不自然に強くて、あまり気持ちいい印象がなかった

かといってファミコン版がそういうシーンで特別なことをやっているわけではない
浮遊大陸を出るときだって、ただ画面が切り替わるだけだし、逆にそういう何もないのが想像力をかきたてて
気持ちを盛り上げてたのかもしれない

このペースだと週末には終わってしまいそうである
ファミコンのRPGって、今思うと短時間でクリアできるゲームなんだなと思った

そのうち
PCエンジンの邪聖剣ネクロマンサーというRPGもやってみたいと思っているがなかなか時間を取ることができないだろう

ファミコンのRPGでは他にラグランジュポイントとじゅうべえくえすとをやってみたい
友達がやっていて、その頃からずっと自分で遊びたいと思っていたのだ

グーグルの予測検索から「俺の人生はもう長くない」が消えた

なぜか早い段階から、このブログの題名

「俺の人生はもう長くない」

が、入っていて、ちょっと驚いていた

しかし、最近それが消えてなくなった

あのグーグルの予測検索の単語に入る条件はわからないのだが、
おそらく、ブログ名を検索する人がいなくなったから、消えたのだろう

またひとつ、過疎になったというか、一歩後退した感じで萎えている

別に
このブログは、エゴ満載でやっていくつもりだったから、盛り上がらせるつもりはない

でも、
「ああ、見る人がいなくなったんだな」
と言う事実を突きつけられてやる気をなくしている


リアルの暗い話を封印するって言ったからなのかな?
中身のない愚痴を延々と書いてもしょうがないし、極力書くのを辞めようと思ったんだけど


今の本音を書くと、

死ぬ

じゃなくて

死にたい


毎日こう思っている
暗い話をわざと書かなくしただけで


おれの人生は本当に2009年で終わったんだなあって思う


2009年夏
選挙設営のバイトは最高に面白かった
これまで生きてきて、腹がよじれるぐらい楽しかった最後の出来事だった

そう、あれは楽しい仕事だった
バイトのメンバーはやる気に満ちた良い人で変で面白い人ばっかりだったし
仕事も、イベント会場の設営に向けて、毎日いろんなことを準備してきた
残業も多かったが、全く苦痛にならなかったぐらい楽しかった


あれから3年

いろいろ頑張ってきたはずだが、まったく結果が出ず、事態は悪くなるばかりだ


おまけに、こういった楽しい出来事も何一つ無い


2010年夏頃までは、まだ動画配信をやって、馬鹿やってる余裕があった
あのときの録画を見直すと、まだ余裕があって元気にしている自分が確認できる

でももう本当になんにも余裕が無い


今週の3/1からまた新しい職場での仕事が始まる

仕事といっても、バイトである

しかも、履歴書の特技の欄に「ホームページ制作」って書いたから採用されたようだ

じっさいHP更新とかもあるようだ

だが仕事でホームページを作ったことは無いので、この特技でアピールしたのはやり過ぎだったと思って後悔している

実際にHP作っていて、最低限の知識は持っているのだが、
どういうレベルのことをさせられるのかわからないが、普段スタイルシートとかいじらないし
個人のHPだから、PHPとかジャバとかもやれるわけがない

一応、そういう話は面接でさせてもらったから大丈夫だとは思うが


この仕事だって、ずっとやっていけるわけじゃない
これが終わる頃、ちょうど親父が定年で働かなくなる

すると、おれに雷が落ちる毎日が始まる

「そんな歳にもなってまだ定職についてないのか!!」

今からその日常が想像できる



こうなるまえに、さっさと家から出ていって、独立したいというわけだ

20代の10年間
おれは、飯を食べていく程度の芸は身につけたつもりである

一生懸命文章を書いて、ライターとか評論家らしいことは出来るぐらいまで自分を鍛え上げたつもりだし
人と喋りだすと勝手に口が回り、弁が立つ人間だと思っている
しかもそれが、自分のホームの話題(ゲームとかオタク系の話)だと、鬼に金棒といってもいいぐらい引き出しが広いと思っている

前にも書いたが、ニコ生とかで公式番組を持てるぐらい自分ではやれるやつだと思っている

ところが、現実はそうではなかった

おれはレイブルですらかなったんだ・・・・

もうホントに死ぬしかないんだなあという現実に押し潰される毎日を過ごしている




もう、最後の手段でみっともなくてやるつもりがなかった

2チャンのVIP板に自分から晒すのをやろうかな・・・・

このまま自力で頑張っても、誰も来ないんだもの

ゲームレビューのページを11年続けてきて

まず、沢山のゲームを買って攻略した
総所持本数は1500本を超えているし、その中で攻略してレビューにあげたのが1000本を超えている

1年で100本というペースでやっていた計算になる

そして、それだけゲームをやっていると、自然と腕も上達するということに気がついた
ゴエモン3のリアルタイムアタック動画を載せていて、それを見た人は

「大したことねえな」

って思うかもしれないし、あの動画は失敗が多くて自分でも大したことがないと思っている

だが実際、かなりのゲームを攻略なしで自力で全部クリアしてきた
そのさい、初見の印象がだいぶ他の人と変わってきた

普通の人が難しいな・・・と思ったゲームも、私にとってはさほど難しいと思わない
たとえば、洞窟が複雑で迷うって言う感想がある
でも私の場合、数こなしてるから、これぐらい普通だと思ってしまうのだ

ちょっと古い例で申し訳ないが、Wiiのドンキーコングリターンズは
私にとって全く難しいゲームとは思わなかった
そりゃ、初プレイで何度かゲームオーバーにまではなるぐらいだったと思うが、
鬼畜、ムズすぎとかは全く思わなかった

ちなみにスーパーファミコのドンキーコングも、やってみたら一度もゲームオーバーにならずにクリアしたし
自力でパーセンテージも100%にした
ヨッシーアイランドの100点コンプリートも、まったくキツイと感じず、たった3日で全部極めた



実は元々PS2時代に入ってからゲーム離れを起こしていた
だから2000年前半のゲームには詳しくない
PS2のゲーム機の限界性能とかも最近知ったぐらいだし
ゲームレビューのページをはじめなかったら、私はそのままゲームからフェードアウトしてたのは間違いない

今思うとそっちのほうがまともな人生を送れたと後悔している




そして、私が必ず心がけていること
ゲームをクリアしたら必ず感想を書くということ

もう、最低1時間かかって、凄く頭を使って疲れるし、娯楽じゃないので楽しくないというか、やっててツラく感じることさえある
(作業自体は楽しんでいるのだが、遊びとは違うというか、産みの苦しみのようなものがある)

でも
絶対にこれを欠かさないようにしていた

感想をまとめるのはすごく疲れる

殴り書きで適当に書くのなら、こんなに苦労しないのである
そうじゃなくて、しっかり筋道立てて考えて、中身のある感想を書くとなると、ものすごく時間がかかる

最近だと、丸一日かかったものもあるし、3時間4時間以上が当たり前になりつつある
というか、もう、1,2年前みたいにはかどらないから、そういう意味でも私はそろそろ引退どきではないかと思っている


こんだけ頑張って書いても、アクセス数は新作ゲームでもたったの10とか20だけ
古いゲームなんて更新して4日経ってやっと1つとか、1年経っても10にすら届かないのが山ほどある

逆に
もうネットのどこ探しても扱ってないようなマニアックなゲームのほうが
運良くグーグル検索の上位にかかって、アクセスが1000とかいくというおかしな構造になっている

これを長年やり続けてきて、私は「何をやっていたのだろう?」と疑問に思うことが増えてきた

それでも若いころ、20代の頃は、自分を鍛えるという意味で一心不乱に頑張ってきた
これを頑張れば将来の夢に繋がるとか勝手に思ってやってきた

この前このブログで教えていただいた、ゲーモクさんというゲームライターがいたそうだ

一昔前は、ゲーム批評とか言うメーカー非公認の雑誌が存在する余地があって、
そういうところで、筋金入りのゲームバカが、それだけで食えるわけじゃあないだろうが
一応それなりの原稿料が入って活躍できる場があった

だがもう、縮小の一途をたどるゲーム業界にそんな余裕はない

というか私は、このアングラ雑誌のライターにすら潜り込むことが出来なかった
才能がなかったのだろう





私はやりたい仕事につけなかったから、こうやって金にならないことを余暇時間を使って勝手にやってきた

しかしそれももう限界に来ている

ちゃんと現実できちんとした地位を持っていれば、これも続けられるのだが、
色々と人生で失敗があり、趣味でこういうことを続けられなくなってきた

残念だ

残念でならない


なんとか、続けられるよう頑張ってきたつもりなのだが、
趣味で、素人の遊びでライターの真似事を続けることができなくなった

もう、中古ゲームショップあさりも半年以上やっていない
金がないからだ

本格的に中古ショップめぐりをしなくなってもう1年以上経っている


実はもう、手元に持っているゲームソフト1500本とゲームハード
これをオークションに出して、現金化しなければ生きていけないほど今余裕がなくなってきている


それだけのところまで、来てしまったのだ
金を稼げないものを、続けることがいかに大変か、わかってほしい


※これは11年ノンアフィで続けてきた私からの要望だ
 いたずらにアフィを張っているさいとを、嫌わないで欲しいということだ
 アフィは貼りつけただけじゃ儲からないし、まずアフィありきでやっていて中身のないブログの印象が強いからだと思う
 だけど、大なり小なり頑張っているサイトには、それだけ時間をかけた人間が画面の向こう側にいるのである
 やっぱり、そういう人に感謝の気持ちを持って欲しいとおれはおもう
 コピーロボットみたいなのが、自動でネットに情報を載せているわけではないのだ





続きを読む

久しぶりにワイワイワールド2をやった

RTAのリクエストをもらったので。
記憶以上に、強制スクロール面が多すぎる!!

強制じゃないのって、2面のゴエモン、3面のウパ前半だけ、5面のコントラ、9面のドラキュラだけで
あと全部強制スクロールってどういうことよ!?

しかも最初の1面が異常に長くて、5分以上はあるんじゃないだろうか

あとはシステムの穴を探して細かいショートカット
6面のパズルとレースは、おそらく覚えてパズルのほうが早いんだろうな

スクショとって、見ながら合わせるってのはアリ
攻略サイトとか動画見て真似するのがNGで、やり方自体を自力で探していくのが自己流だから

ぶっちゃけ、ピアキャストのゼルダSFCRTAなんて
みんな、手順を暗記しきれないから、ゲーム画面の横に、自分なりのメモ帳置いて、見ながらやってる(w
おれのゴエ3も、覚えづらいところは、そうやってやればよかったんだけど

SFCゼルダRTAのピアキャストRTA大会で、全chを一画面におさめた横流し配信は、リアルタイムならではの楽しさなんだけど
あれは動画サイトには出回ってないだろうな

で、ワイワイ2

1回通すのに1時間は結構ツライ

しかもほとんど強制スクロール(w
ウパ面の上にあがっていくところなんてすることなさすぎて、眠くなるぐらいひどい

まあテクとしては、ボス前で風魔にチェンジしてごり押しぐらいしかないという(w

先にきらきら道中かなあ

ワイワイ2のが、5,6回でいいのが撮れると思うけど、繰り返すのがツライアレなんだよなあ
車道横断とかなにげにパターン作らないといけないし

ワイワイ1ほどじゃあないけど、なんでこんなゲームが微妙に高値ついてるのかわからん!!(w
おれはちなみに950円で買った
FCにしてはたけえクラス

2012_0227_012636_831.jpg

YouTubeに上げた動画が恐ろしく見られていない

魔が刺して、つい先日上げたゴエモン3のRTA動画を開いてしまった
3日でたったの4とか5というリアル過ぎる再生数
ブログで宣伝してもこのザマ

ぶっちゃけ、レビューサイトのアクセスのほうがまだ微妙に上じゃあないか

でも、撮影するまでの苦労は動画のほうが10倍はあるといっても言い過ぎではない

これ
これですよ

というか、このブログ
FC2のブログランキングって別に2000位とか凄いことじゃないことがわかった
1日、2,3人来てるか来てないか

ここはしょうがないけど、おれはどこでなにやっても、これぐらいのアクセスが限界だということがわかった

今はネットがあるから、芸のある人はデビューしやすいっていうけど

もうどこも飽和状態で、結局昔と変わらなくなったと思う
なにをどうがんばっても、ステマされるがわに回らないと、プロにならないと注目すらされない

ま、動画のほうはまだ第一回だから、こんなもんだと思っていたけど、

もう、みんなが知ってるレトロゲームのRTAなんて、間に合ってますよって感じか

かといって、ろくにプレイ動画すら上がってない「ゴエモンのGBカラーのアクション」のRTAなんてやったって
再生数はかわらないだろう

だって、そんなマニアックなゲーム、知らない人ばかりだし

最近、ネットで成り上がろうという考えが、古臭くてガキ臭い事に気づいた

もう、ネット上にこうやって動画とか文章とか努力して載せるのが本気で馬鹿らしくなってきてる

もう、辞めようかと思ってる

はっきりいって、友達1人もいないmixiのほうが、確実に見てくれる人が1人いるだけマシだと思うぐらい
いまのおれの現状はひどい

くそみたいな実況動画のほうが伸びるってどういうことだ
そういう時代なんだと言われればそれまで

終わります

がんばれゴエモンきらきら道中のリアルタイムアタック修行

ゴエモン3と違って、ごり押しが効かない上、突進してくる雑魚敵がかなり多く
避けるというより、いかに手早く敵を排除するかっていう感じ

加えて、ライフが5しかない。
通常はハートの器で10まであげれるけど、時間短縮のために一切取らない

アクションの歯ごたえも凄いあって、まだ何度かゲームオーバーになるから
タイムアタックとは程遠く、修行している感じ

それでも、この2日で、だいぶ上達した

ボスのミニゲームは、ぱずるだま以外は、何とかなる感じ
ただシビアな目押しゲーなので、やっぱりRTAとしては向いてない感じ

難しいっていうスノーウォールは、練習すれば行けそうな感じ
おれとしては、その次の矯正縦スクロール面をどうやってノーダメージで行くかっていうほうが問題だ

他にもヤエの水中ステージで、水流が出てる地点がすっげーきつい
普通ライフアップしてる状態だから、強引に抜けるんだけど、ライフ5でいこうとすると途中で力尽きる
かといって、正攻法でやろうと思うんだけど、そのやり方がわからない
できれば強引にダッシュ抜けするより、ノーダメージでいきたいのだが、方法がわからないとどうにもならない

あとは、ボス戦はほぼないんだけど、ゴエモンの城ステージの中ボスが
相変わらずパターン化できなくて大変
ここを安定させないと、リアルタイムアタック動画に挑戦するところにまですらたどり着かない


ここをみてる数少ない読者の皆さん
次はどのゲームを取り上げて欲しいですか???
仕事やり始まった以上、RPGとか長いゲームのRTAは難しいですけど・・・

1,2時間程度のアクションなら、まあ、頑張ればヤレそうな感じです

ゴエモン1、2はすでにRTA研究済みなので、すぐに撮影できます

個人的にはゴエモンの中でいば、64に挑戦してみたいのだけど
ネオ桃山は長いし、でろでろは、手形集めで、ちょっと先進めるだけのとは違うテクが要求されるわで
RTA的にはやりづらいんですけど。
マリオとかロックマンはすでに有名所がやりつくしたので、
もう、自己流が今更入り込む余地がない感じですね

明日から仕事が始まろうとしている

実は、昨日の月曜から仕事だと思って1日勘違いしていた
火曜日(21日)の今日から、久しぶりに仕事が始まる

仕事といってもフルタイムの派遣みたいなものだ
というか、雇用形態はほとんど派遣そのものである
ワープア一直線といってもいい

周りの同年代の人には、バイトしながら仕事探せよって何度も言われていた
ところが、フルタイムで働いて、疲れて帰ってきて仕事探しなんて、現実問題かなりきつい
それを実践できる人っていうのは相当意思の強いしっかりした人だと思う
おれは、それが理由で気がのらなかったのだが、もう本当にリアルが追い詰められていてどうしようもない
そういうわけで、明日から働きに行くことになった

だから昨日は、ゴエモン3のリアルタイムアタックの動画を分割してYouTubeにアップロードしていた

どうせアクセス数もコメントもないだろうから、上げて以降一回も動画のページは開いていないし開くつもりもない

このブログ経由で、動画を見て、がっかりした人もいるかもしれない

リアルタイムアタックにこれからチャレンジしていく人間がこんなこと言うのもアレなんだが

私は、こういうゲームの遊び方はあまり好きじゃない

動画を見て、「なんだよゲーム慣れしてるとか言う割に下手くそだな」と思った人もいると思う

リアルタイムアタックっていうのは、普通にゲームをやるのと別次元のスキルを求められる

敵の出現位置と、ゲーム全体の進め方を完璧に暗記して、それをより無駄なくミスなくこなさなければならない

例えば、ACTゲームなら、普通は邪魔な敵は倒しながら進めるが、
倒す一瞬の硬直時間ももったいないから、ジャンプして避けたりする
敵を倒さざるを得ないときは、攻撃の硬直時間を作らないために、ジャンプ中の滞空時間を使って排除していく

こういうのは、普通にゲームをやっている時とは、全く違うやり方である

でも、動画サイトで動画を見てもらうには、こういう芸を披露しなくちゃ見てもらえない
私は、私の場合は、普通にアクションゲームをプレイしている動画のほうがいいものになると思う
だけどそういうのはもう沢山他の人がやりつくしているので、今更やってもなんにもならない
強いて言えば、タイムアタックよりノーダメージ路線でやるほうがいいのかもしれない

ちなみに、ゴエモン3の練習が一段落した所で、実はゴエモンきらきら道中をプレイしている
ゴエモン1や2も、子供時代、かなりやりまくったので、すぐRTA動画は撮れるのだが、
急にきらきら道中がやりたくなったので、こっちをやっている

きらきら道中が出た頃、すでに中学生で、バイトもしてゲームを買いまくっていたから
それまでのゴエモンのときと違って、あまりやりこんでいなかった

だからRTA動画やるにしても、結構練習しなければならない

今日何年ぶりかぐらいに久々に軽くエンディングまでやったのだが・・・・・

ゴエ3より、遥かに面白い

まず、アクションゲームとして歯ごたえのある難しさになってるし、アクションの面も、こってて面白い
ゴエ3は、ほんと、アドベンチャー要素が強くて、ほんとダラダラしてるところが多くて
繰り返しやるには辛いゲームだった

ロックマンみたいに遊ぶステージ(エリア)を選べるようになってるのもいい
というか、壁の張り付きとか、色々とロックマンXの影響うけてんだなーって
この歳になって、両方のゲームを遊んでいる立場になって、ようやく気がついた
(昔は1本のゲーム価格が高くて、ロックマンXとゴエモン両方買えた人なんていなかったと思う)

だから、腕を磨いてRTAに挑戦しがいのあるゲームなんだけど、これから忙しくなるし、挑戦するか迷っている
やるとなったら、かなり練習したり、仕様を熟知しなければならないからだ

ゴエモン1と2は、その点、やれといわれたらすぐやれる状態ではあるのだが

ただ、きらきら道中の場合、これだけアクションとして面白いのにRTA向きでないとされてるのは
連打ミニゲームのせいだと思う、特に対戦ぱずるだま
ぷよぷよがうまくないとダメっていうのは敷居が高くしている原因である

連打ミニゲームの目押しは練習さえすれば上達するが、ぱずるだまにかんしては、毛色がガラっと違うためキツイ

それでもしばらくこのきら道をしばらくやり込もうと思っている
当時、いろんなゲームを買っていて、あまりやり込まなかったからだ

それに、動画目的うんぬんじゃなくて、単純に楽しい

おれが、ゲームとしては遥かに優れてた同時期のドンキーコングや、ロックマンXじゃなくて
アクションゲームとしては、散漫でイマイチだったゴエモンが好きで遊んでたのは、
子供向けの、ひょうきんな雰囲気に徹していたからだと思う

もちろん、アクションとしても平均水準以上は軽くクリアしてる面白さなんだけど、
エビス丸の使いづらさ、サスケの花火爆弾の使いづらさとか、キャラ切り替えがめんどいとか色々欠点がある

ストーリーがドリフみたいで、きちんとオチがついてて、ここ数日やり直してみて
やっぱり最後笑ってしまうぐらい良く出来ている

きら道なんて、最後も面白いけど、すき焼きの材料を買いに行かされるイベントとか新聞配達のイベントとか
女の子をナンパするイベントとか、大人になってからの目線で見ても、ものすごく夢あふれるアイディアが詰まっている


そうか、
子供の頃にこういうものに触れてきたから、おれはゲーム屋に行きたいと思ったんだと改めて思い返した

周りの、ドラクエとかファイファンやって、壮大な感動的なドラマを作りたいとかじゃなくて
おれは、思いっきり馬鹿をやる肩の力が抜けたアクションに夢ときめいていたんだ

でも、そういうゲームはいつの間にかすっかり世の中から姿を消してしまった

古い人間と言われるかもしれないが、
なんでこういう、年末年始恒例みたくなっていた、子供向けのおもしろアクションゲームという
文化が消えてなくなってしまったのだろうと思う

そう思うと、おれがガキの頃はゲームが輝いていたし、今の子達が不憫でならない

結局ゲームの話ばかりになってしまった

実は今回派遣で雇われたのは、ホームページをやっていると登録用紙に書いたからだって面接の時に言われて
びっくりしている

直接ホームページを見せたりはしていないが、
今度の派遣の仕事では、HPの更新もやってもらうと言われてちょっとたじろいでいる

なんか、同じ派遣のところで働いてて、身分や給料は変わらないのに、仕事だけどんどんプレッシャーが大きい
ポジションになっていって、なんだか割が合わないと思っている

がんばれゴエモン3のリアルタイムアタック動画

前々から書いていた、ゴエモン3のリアルタイムアタック動画が出来上がったので、
YouTubeにアップロードしています

全部で9つになりました(8個に収まりきらなかった)

一応ゲーム内タイムカウントでは1時間39分
2012_0220_021405_094.jpg

長いゲームなので、どうしてもケアレスミスが出てきてしまう
からくりタワーを越えた辺りから、実質的に消化試合なんですが、
油断してたら、終盤のボス戦で手間取ってしまった

60fps、4000kbpsでアップロードしてるのに、上がった動画を見ると、カクカクしてて凄く悲しい
元の動画は凄い滑らかなのに
やっぱYouTubeでもサーバー再エンコしてるようだ
30fps、1000kbpsに落としたのほうがいいのかなあ

動画の埋め込みは追記をクリックして下さい
9つも動画リンクを埋め込んだら、古いパソコンで見た時重くてうざかったのでうつしました

感想をいただけると、今後のやる気に繋がります
お願いします

続きを読む

ゴミクズみたいなブログとホームページ

さっき、ホームページのグーグルページランクを検索したら0というか無評価に下がっていた

ずっと2を維持していたのに、突然落ちた

ちなみにこのブログははじめてからずっと0である

こんなエゴ満載の愚痴ブログのランクが0なのは当たり前なのでしょうがない

問題なのはあのホームページのランクが突然0に下がったことだ

ゲームレビューで検索したら、以前は10ページ目ぐらいにかかってきたのに、
今では全く引っかからなくなってしまった

まさかこのブログで、身元を明かしたから、嫌がらせをした輩でもいるんじゃないかと実は疑っている

悪いが、このブログに関しては、自分でエゴ満載のページで読んで不愉快になるのはわかっててやってるので
見てむかついた人とかには、嫌なら見るな理論を押し通させてもらっている
ゲームレビューのホームページの方は、外側の意見で文句言われたら参考にしているけど

このブログ、意外とみられているような気がしている
だって、FC2ブログランキングが3000位前後だから
これは、自分がアクセスしている分もカウントしているせいなのかと思っていたのだが、
そうでもないような気がしてきた

だって、1日ゲームにかまけてほとんどアクセスしない更新もしない日でも、同じぐらいの順位をキープしてたりするから




というか、いぜん動画配信してた頃にも言われたのだが....


検索対策とか、宣伝とか、ぜんぜんやってないから、誰も来ないだけなんじゃないかって話だった


おれも実は、その線が濃厚だと思い始めていた

モノは悪くないと自分で言うのも変な話だが、
はっきり言って、こんだけ頑張ってるのに、アクセスが全然無いという事自体がおかしいのである


数字的にはゴミクズのようなページだと評価されても、けっこう頑張ってきたつもりなんだ

金にならない、遊びでやってる分野だとしても、そうとう真剣にやっているのに、そこがどうにも見てもらえていない

でもどうやって宣伝すればいいかまったくわからない

昔は、ゲーマーズターミナルとか言う検索エンジンサイトとかあって、そういうところに登録して
ネット上にHP持ってる知り合いがいて、相互リンクしてもらったり、そういう繋がりがあった

そのえにしで、今では閉鎖してしまったが、「これは本格的なレビューサイトだ」って管理人の目に止まり
さらに有名なゲームブログのニュースに取り上げてもらったり、そういう広がりがあった

しかし、2007年頃からだんだんとそういうものがなくなっていき、
しまいには2chにさらされるときぐらいしか、アクセスアップの機会がなくなった
だけど、そういうところからやってくる人らは、素行の悪いのばかりだから、掲示板は荒され、
交流する場所は全て遮断するしかなくなった

そしていまは、それすらも無い

前にコメントで「ホームページの更新楽しんでますか」と問われたことがある
数日前にも脂の乗ったレビューを更新して、まだ更新自体は楽しんでいることに気づいた

だが、リアルで収入がない、身分が安定してないから、このままの状態を維持することが困難だ

そして、なぜ何年も気合いを入れてホームページをやり続けていたのかというと、こういうことをやって
飯を食いたいと思ったからだ

ネットで沢山アクセスがあって、チヤホヤされたいとか、
おれの理想はそんな安っぽいものじゃないんだ

そういうことじゃないんだ

やっぱり、プロとして評価されて、一定の知名度がある
そのための努力は、これまで決して怠って来なかったつもりだ

さっき、おれに嫌がらせをしてるんじゃないかって言う話を書いた
過疎ってるブログやホームページでそんなことわざわざする馬鹿なんているわけないと思われるだろう

しかし、じっさいおれは、あのホームページをグーグルの検索にかからないように妨害を受けたことがある
たかがゲームで意見が合わなかっただけで、そんなことをするやつが世の中にいるんだ

ネット上には、ひたむきに頑張ってる奴や才能に嫉妬して、リアルがうまくいってない鬱憤晴らしをしようと
目立たないように嫌がらせをする輩が本当に存在する

まだ2chとかで陰口みたいなこと叩いてるものは、見えている悪意だから大したことはない
今は、一切痕跡を残さず、忍者のように活動して嫌がらせをしてくる奴がいる
そういう見えない悪意がもっともタチが悪い

でも、このブログを見て嫌がらせをしてるアンチがいるのかいないのかわからないが
おれをこれ以上痛めつけたら、本当に死ぬよ?
ネットを介してるから、わからないだけで、おれ はっきりいって相当弱ってるし
口だけじゃなくて、実際に自殺衝動に駆られたら、行動してもおかしくないよ?
実際あっているわけじゃないんだから、おれの人となりとか性格なんてわからないでしょう?
それだけは忠告しておく

ピアキャストって言う動画配信知ってるだろうか
かなり前にここで説明したのだが

ここは、ニコ生とかと比べると、リスナーの質が凄く悪くて
悪いって言うより、高校の男クラとか、そういうノリに近いんだろうけど
コメントなんて、煽りが基本で、やってる方もそういうノリを楽しんでる
おれ自身も、ニコ生のなまやさしい慣れ合いよりも、コッチのほうが楽しいと思って身を置いていた

そこは、性質上、リアルがうまくいってない底辺が集まってくるのか、そういうどうしようもない奴が多かった
毎日、オーバードースしてる姿を配信してたり、それを面白がって見るリスナーたち
しかしある日、そいつに直接スカイプで暴言を吐いた奴がいる
そのあと、いつものように死ぬ死ぬ詐欺でオーバードースをしたら、次の日本当に死んでしまった

こういう悲しい現実が、本当に存在する




・・・脱線したから話を戻そうか

いまのおれのこの状況をわかりやすく例えてみる

建築の仕事をやりたいと、自分で会社を起こして、腕のいい職人を50人雇った
ところが、そこにはすでに力の強い同業者がたくさんいて入り込む余地がなかった
人柄はいいから、町内会の祭りのやぐらを作ったりのしごとは来たりするが
そんなんじゃさっぱり利益にならない
だから廃業せざるを得ない

こういう感じである

おれだって、ちゃんと仕事面が安定してれば、こうやって愚痴愚痴言うこともない
いつか、いつか芽が出る時が来たらいいなって信じてひたすら何年も続けるだけだ

だけど、もう、猶予がない
親父は来年定年で働く気がないし、家族仲の悪いこんな家庭を養っていきたいとも思わない
だから、さっさと家から離れて独立したい

でも、ろくな職歴がないから無難に再就職すらできない
じゃあ、裏で頑張ってきたこういうことをなんとか活かせないかって言うばくちに半分かけている状態なのだ

もう、
リアルの暗い話は封印すると言ったが、
今日のは、いつものウジウジ引きこもって、愚痴を言っているエントリではない
おれは、何人読んでるかわからないこのブログで、
今のおれの状況を、全て ストレートに伝えたくて、必死に書いている

こうやって文章だから、テンションの違いが伝わらないが、今日のエントリのおれは熱くやる気に満ちた燃えたぎっている状態なのだ
ウジウジとしたノリで書いているのではない





ここまで読んで頂いて、お分かりいただけただろうか

このままただゲームレビューのホームページを頑張っていたってなんにもならないということに

だから、色々と違うことをしようとしてる

これだけ文章を書いてきたから、おれは他人のゲームレビューを読んで、良し悪しがわかるようになってきた
自分の文章の良し悪しがわからないのに、人の文章の良し悪しがわかるというのも皮肉な話だ

面白い文章を書いてくる奴は、今はもうほとんど見なくなってしまったが、読んでると感心してしまう
おれは、そういうものをみて、嫉妬するのではなく「いやー勝てねえ」って感動するタイプなのだ

いま、おれよりも遥かにメジャーでアクセスを稼いでいるレビューサイトがまだいくつかある
投稿型じゃなくて、個人で更新しているブログ、サイトである

全部とは言わないが、なかには確かに人は集まっているが、レビュー記事はまったく面白くない
前に書いたが、分析が甘くて中学生の読書感想文レベルのものがある

どことは書かないし、過去ログを読まれてもわからないようになっている

しかし、文章力はなかったとしても、ある一定の一般層を惹きつける能力はあるとはいえる
そういう口当たりの良い、媚びていくテクはおれはやりたくないから、ひたすらストイックにやってきた
だが、そういうものは求められていないという現実を魅せつけられて、かなりまいっている

面白い人の文章っていうのは、読むだけで、その人の熱く燃えたぎる意思が、伝わってくる
どんなに長文で読みにくくても、面白いから、最後まで読んでしまう魅力を放っている
最近、そういうサイトやブログがめっきり無くなってしまったように思う




メジャーになるっていうことは、要するにパターンを作るってことなのだ
定番とか、芸人の持ちネタみたいなものがあって、そういうなかの1つが有名になれば、あとは腕はあまり関係ない

例えば、ひぐらしを作った人、
最初はフリーゲームだったが、2ch中心にだんだん有名になっていって、今ではそれで飯を食っている

そうやってやり続けることで一つのパターンさえ周りで評判になれば、一気に成功していくはずなのだ
だから、ブログやネットで稼ぐ方法って本で、必ず書かれているのが「やり続けること」っていうことなのだ

だが、おれのこのホームページの惨状は、同じ事を繰り返していても、駄目だということがわかってきている




さっきも書いたが、

だからこそおれは、だんだんと違う方向でやっていこうと考えだしている

このブルグで書いている妄言
めちゃくた時間をかけて書いている しかもいったい何人が読んでるのかもわからないことに時間をかけている
こういう戯言をうまくまとめて小説にできないかとか、思ってちょっと書き出している

次のエントリで、さらして意見を貰いたいと思っている
だが、なにかの賞に応募する際、作りかけの小説を公の場に載せるのはNGなのか、
そういう規定があるかもしれないので、駄目だった場合、載せられなくなる

もっとも、いまできている部分は、いくらでも差し替え可能な、まだ具体的なストーリーにすら入ってない部分なので
さらすことに抵抗はない
というか、載せたときのエントリにも書くが、自分でもかなりの改善の余地がある、
難しいところから出だしを設定してしまったと、書き始めてから後悔したぐらいだ




他には、ゲームのプレイ動画だ

しかもただやっているだけの動画じゃあ駄目だ

いま頑張ってゴエモン3のリアルタイムアタックに挑戦しているが、まだ練習が足りなにのか
なかなかうまいプレイにならない
また今日撮影するつもりだが、できしだい必ず載せようと思っている
しかし明日から仕事(フルタイムのバイト)が始まるので、こういう動画を作るのは難しくなってくる




いつもながら
超長くなったが   そして、こんな糞長い文章をきちんと読んでくれる人がいたのかわからないが


おれは ホームページがうまくいかねえとか、愚痴っているのは、
そういうちっぽけな理由で愚痴ってるわけじゃねえんだ

なんとか磨きまくった自分を、内側というかプロの人間となり、頑張っていけないかっていう
ホームページなんてのは、そのための踏み台に過ぎない

おれは話術もあると思っている
自分で言うと説得力も何もないが

去年のエントリにも書いた

おれはやれるやつや

未だにおれは自分で、根拠も何もない自信を持っている

実績の一つさえ出来れば、この自信が確信に変わって、どんどんうまくいくはずなんだ


実のところ、ホームページのゲームレビュー更新なんて、それ自体で成功したいなんて言う
馬鹿みたいに小さい話を語っているわけじゃあないんだ

素人のネトラジとかままごとは今の時代いくらでもできる
っていうか、中学小学の頃からラジカセの録音機能でそんなことはすでにやっていた

違うんだ

おれはきちんとした舞台にたって、いくら罵られようがやっていきたいんだ

別のラジオのパーソナリティじゃない、ライターとかそういうのだ
アマチュアで、遊びでならいくらだって出来る
でもおれはそこで終わりたくなかったんだ

さっきも書いたが、そのための努力はしっかりしたつもりなのだ



文章だけじゃっ伝わりにくいし厨二病おつとかいわれてもしようがないが

おれの情熱は伝わっただろうか

途中にも書いたが、今日はネガティブな話ではなかっただろう??

一つ印象的な話を書こう

黒柳徹子が、引っ込み思案で口下手を治したいっていう質問をされて、それに答えていたテレビ番組があった

その時の回答に、私は強く共感したものだった

それは、伝えたい事があるから、自然と口が動いていく
だから口下手とかいう概念は私の中にはないの

これは、本当にそのとおりだと思った

人に伝えたい気持ちがあるから、口や頭が動いて
おれはなんにもならないのに、2時間もかけて、こんなくだらない長文を書いている
頭の中にある強い意志に突き動かされながら貴重な時間を消費してこんなことをやってる

つまりそういうことなんだ

終わります
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR