まずい傾向だ

ここ数日とくに、体を無気力に支配されている。

特に仕事の問題が進展しないことが大きい

それでも平日の昼間は、外に放り出されるので、夜になるまで家に帰れない。

引く人が出ると思ったから書かなかったが、俺のリアルの現状を書いてやろう


ホントに予定がなんにもない時
俺はどうしていると思う?


デパートの休憩所みたいなところで椅子に座って、時間が過ぎるのを待つ
ゲーセンとかゲームコーナーとかの、筐体の椅子に座って、ゲームをやっているふりをして時間が過ぎるのを待つ

こんな状態が何日も続くと、だんだんとやる気がなくなってくるのだ


はぁと溜息を付く


でも、誰も助けてくれないし、悩みを話す相手もいない

ハロワに通っているからってすぐ仕事の問題が解決するかと思ったら大間違いだ

ハロワに行かざるをえない人間だから、困っているわけであって。
引く手あまたの人材だったら、こんなことしてませんよ


ホームレスではないにせよ、ホームレスみたいなことしてるなあと肌で感じている



そういえばドラクエ10
課金が切れて完全にやらなくなってもう1ヶ月かと思う

もう、USBメモリやキーボードつけっぱなしでも、別にやりたいとも思わなくなった

ブログのプレビュー的には続けてたほうがアクセスが増えるんだろうが
仕事の問題が解決しないと、ゲーム内のフレンドの付き合いとかそんな余裕すらない

ネトゲはやらなくなってからの興味が失せる速度は異常とも言える速さだなあと思う


ドラクエ10といえば、あづみって人

ドラクエ10で一気に有名になったゲーム配信者だ

いま、彼はユーチューブやにこにこにゲーム配信動画を上げ始め、かなりのペースで再生数や登録者数が増えている
ユーチューブの方はもう登録者数が110人を超え、アップロードされた動画の再生数は2,3日で軽く400を超える

俺のチャンネルなんか、たった13人の登録数で、動画にいたっては誰にも見られていない

もう消そうかと思っている
アクセスが0なら、存在価値がないのである

そう
俺が去年10月やめたげーむれびゅーのホームページみたいに、これもやめてしまうのだ

あづみって人は、アフィサイトもやってて、月4万の利益を上げている

この人、半年もしたら有名になって、俺が毛嫌いしてた金もらいながらゲームを紹介する実況者とかになるんだろうなあと思っている。
もう一部の動画は1万以上の再生数を出しているほどペースが早い


彼も今理由があって無職(短時間のバイトとかはしてるっぽいが)らしく相当カネに困ってるようだが

俺に比べれば、色々やっていて発展性がある


俺はゲーム配信も結果が出なかったのと親の問題もあってやめてしまった

今の俺は何もしていないから、何も発展性がない


でも、何かをやりたいと言う気力がもう何も出てこない

目の前の解決しなければならない問題すらろくにうまくいってないのに、そんな遊び事なんてやってられないのだ



こんなこともあって、俺は毎日疲れて行っている


俺にはなんにもない


疲れて愚痴愚痴言うだけでも、死体蹴りしにくる輩が出てきて、文句を言わせてくれる隙間すらくれない



たびたび、首吊り自殺が頭をよぎり始めている

外は雪が溶け始め、気温も上がってきて動きやすい季節が来ようとしている



もう一つ


仮に俺がゲームレビューを続けてたとしたら、

ま、この話は明日か今度でいいや

長くなってきたし、俺にはもうちょうぶんを書ける気力もないんや



俺の人生はもう長くない
スポンサーサイト

もう全てに疲れました

世の中ってのは残酷なんですよ

本当は更新したくなかったのだが。

というのも仕事が決まるまでホントにブログからはさよならバイバイしたかったからだ

はっきりいって書きたいことは毎日山ほどある

毎日変わらない生活をしていても、ブログのネタになりそうな出来事はかならずある


このブログ
中途半端に小説を書きたいとかプロット云々という話を書いているせいか

稀に、真剣に小説を書いている人とかが訪問者リストに引っかかったりする

そういう人等には、非常にくだらないブログで申し訳ないのだが、
一つ、俺が自信を持って書きたい話をする。



唐突だが、
俺は、ハウツー(マニュアル)本が大っ嫌いだ。

なぜなら、理由は、シンプルに。

オリジナリティが失われるからだ。

こうすべき。
こういうテクニックがある。
初心者が陥りやすいミス。


いきなり、何の話かと思われるかもしれないが。



俺はね、俺自身も、小説を書こうと思って、書き方指南みたいなページを覗いたことがある。

後、アマチュア小説を読んで、レベルを知りたかった。


なんで俺が小説を書きたくなったかっていうと
長年ゲームレビューを書いてきたが、飯が食えるどころか、アクセス数も知名度もサッパリで結果が出なかったからだ。

文章は沢山書いてきた。その資産を活かせるのは何か??

小説しかなかった。

ちょうど、生きがいも仕事も無くし、やることもなくなって虚空を見つめる日々

そんな時、頭に浮かぶのはくだらねえ馬鹿妄想ばかり


俺が金持ちだったらイケメンだったらなにしてんだろう?

アホみたいな空想に逃げ続け、時にはくだらなすぎてニヤついたりもしてただろ



それで俺はいくつかアマチュア小説とか評判のいいアマチュア作品を見てみたりした。


どれも共通しているのは、文章力は俺よりはるかに上で、状況説明や構成力は素晴らしいのだろうが、


ぶっちゃけ、端々まで読む気が起きないのである。


文体はお上品で、精細な世界観や風景の説明
登場人物の服装、顔かたち、微妙な表情の解説


どのアマチュア小説も、しっかり読んでいけば、ろくな勉強も努力もしてない俺なんかひれ伏すクオリティなのだろう


だが、根本的な部分で、「読む気が起きない」。


これが、活字離れを起こしたゆとり生物の成れの果てかと言われても仕方のない話だ。


だが、実際、そう思って読む気が起きないのだからしょうがないだろう


むしろ、この感覚を大事にすべきではないのか??

俺はそう思った。


俺が詳しいゲームでもそうだ。

ゲームオタクが絶賛するような持ち上げるゲームよりも、世の中に受け入れられるゲームというのは
そのオタクが毛嫌いするほどの、びっくりするほどシンプルで、受け入れがたいほどの発想を組み込んだものだ。


そりゃ、小説を沢山読んで文法も研究して、しっかり勉強している人たちだけが理解できる小説
これこそが認められるべきだし、受け入れられるべきだと俺は思う


だけど、現実はそうじゃない


題名にも書いたが、ああ、書いてなかったわ


世の中ってのは残酷なんですよ


売れたモン勝ちなんですよ


いくら稚拙でくだらなくて、なんだこれ?って言うものが、売れている。


例えばマガジンで連載されてるフェアリーテイルって漫画がある

俺は確か20巻ぐらいまでは初版で買って読んでた

もうネットでマンガに飢えた人達からすれば、どうしようもないぐらいくだらなくて評判も悪く
ワンピースのパクリ!!尾田さん(ワンピースの作者)何副業してはるんですか?
とか言われまくって、グーグルの検索結果にも、「フェアリーテイル パクリ」って出るぐらいのものだった

しかし、アニメ化されてからは、トントン拍子で人気が出てゲーム化もされて、それなりに儲かっている(ワンピースと比べ物にならないレベルというのはこの際おいておく)

でも、コネでもなんでもよく売れて注目されたものが勝つ


ラノベでも、「なんでこれが?」って言う作品が売れてたり、世の中ってのはわからないものになっている。


じゃあどうすればいいと思う?


とりあえず俺が思ったのは、ハウツー本なんて捨てて、自分の個性だけで勝負する。


活字離れしてる人間が、長文のゲームレビュー書いてたって話がそもそも笑い話だ。
しかも今度は小説を書こうとアホみたいなプロットと登場人物を本気でブログに晒し出した!!


だが、事実としてある。



俺はね

このブログでも最近わざと文体を崩して口語体で書いたりしだしてるのも


読んでもらうためにやっているんですよ


小説を書く
そのための技法や技巧やテクニック
そんなもので本来の面白さや技量をごまかしたって、意味は無い


小説を読んでもらうためには、一番努力しなければならないことってなんだと思う?


俺は、何よりも、小手先のプロット構成力とかよりも、読んでもらうための努力だと思う


文章を書く
その文章を読んでもらう

読むってことは興味を持ったってことだ。

興味をもたせる文章ってどうやって書けばいいんだろう?


俺の場合は、
感情剥きだして、粗暴で荒々しく、泥臭い文章だ。


そういう荒ぶった文体で、書きたいことを手短に書く


俺はゲームレビューを書いていた頃、何よりも読んでもらうために意識していたのが文章の密度だった


くどくどどうでもいい書きたくない文章を、小説の技法にならって、ごちゃごちゃに装飾するよりも

書きたいことを簡潔にまとめて、はっきりと書く


もちろんそれだけじゃだめだ

継続して読んでもらうためには面白くなくちゃならない


面白い文章ってのは、お上品じゃ駄目だ
ノリと勢いとテンポが重要だ

主語や述語が前後してたっていい、いい加減でも書きたいことが面白ければ、
とにかく読者を引き付けるために、どの段落からでも興味を持ってもらえるように書く


掲示板で、長文でもこの人のレスはなぜか読めるって言うそういう文章を書けなきゃ駄目だ

今書いたように、作家本人が魅力ある人間じゃないと、
残酷なようだが面白い小説は書けない

創作ってのは何より求められるのは、生まれ育った上で身につけたセンスやカリスマ性で決まるといっても過言じゃないと思ってる

努力も必要だが、努力では絶対に埋められない溝がそこには存在している。



訪問者リストから、一生懸命小説書きを頑張ってる人のブログを見て、
俺は今まで心に秘めてた思いがガバっと吹き出した。

そのブログは俺なんかよりずっとアクセスも書き込みもあるし、俺なんか頭が上がらない水準である

俺だって

俺のブログなんか、いくらやっても、アクセスは増えないし、死体蹴りするようなのが冷やかしで
ニヤニヤみにきてるような、もう終わったブログだ


頭でそう思ってるなら、サクサク小説書いてみろよ

そう言われるだろうが、それが出来たら俺はこんなとこで毎日ウジウジしてない



俺の人生はもう長くない

しばらく消えようと思っている

怒涛のペースで更新しているが、実は保険金詐欺師のエントリで
しばらくブログから離れるつもりだった


気分的には、また無気力傾向にあり、気分が沈み込んでいるのだ


そしてブログやネットに依存すればするほど、今度はネットで叩かれる材料にされる


わかるか?

俺には仕事以外にも、今いろいろな悩みを抱えてるってことが???



これは、ビデオレターの動画で喋ってて本当は公開するつもりだったが



俺は、うつ病なんだ


そんなわけないってずっと否定し続けていた


でも、最近やっと俺はうつ病だって認めだしたんだ


ただ、気分が落ち込んでるのは、仕事が決まらなくて金もなくて
友達もダレもなく、生きがいもないから落ち込んでるだけだ


俺はずっとそうやってうつ病じゃないって思い込んでいた



一時期、

抗鬱剤みたいな薬飲んでましたよ


もう何の薬か5,6年以上前だから忘れてしまったが


抗鬱剤飲んだら、副作用で具合が悪くなるんだよ


ホントに。


薬が悪かったのかもしれないが、かなりきつかった



いま俺は長年うつ病をわずらってきて、


普通に仕事できるし、そう思い込みたくないってだけだった


でも、間違いなく

躁うつ病とうつ業を繰り返している



だが、

俺はそれを人生がうまく行ってないから気分がすぐれないこととすり替えて考えていた


それに俺を叩いてる君等


俺が自分でうつ病だって言い出したら、怠けてるとか言い訳してるって言い出すだろ?


俺はそうやって周りに思われるのが嫌だったのもあるわけだ




決しておれは、自分はうつ病だから
気分がすぐれないときに休んでいいとかそんな甘いことこれっぽっちも思っていない


現状、本当に俺はしんどいんだ


それをこうやってブログで管巻いて吐露しても、

言い訳する元気だけはあるんだなとか言って揚げ足取って馬鹿にする



君等ネット上の人間を信用出来ないんだよ俺は


何度も書いてるが、俺は何時も笑っているよ

自分は俺よりマシな人間だって思うことで自尊心を保っている。
そうやって他人を根拠もなく見下してる自分を見て気づけよ
その時点で俺と同列かそれ以下の人間だってことにな

ネットにはいくらだって、自分より下の人間がいる
そういう奴らを探しだして、勝手に叩いて優越感に浸っている



しばらくまたやる気が出なくなるが、その間俺はどうなるかわからない

気分が沈み込んでいるときは本当に
俺はいらない人間なんだって思い、死にたくなってくる

最近は若い子が見に来てたりしてたから、敢えて弱音を書かないようにしていたが、今日は我慢せずに書く


もうドラクエ10もやらなくなって、その話を書かなくなって人離れを起こしてると思うが




俺の人生はもう長くない



おわります

保険金詐欺師に親戚が殺された可能性を疑っている

物々しい題名で申し訳ないが、実は今悩み事の一つに、深刻なものがある。


今年初めに親戚がガンで死んでしまった。


その親戚の妻が、かなり怪しい人間で、葬儀など終わってもなお、落ち着かなかったのはこいつのせいだ。


まず、この妻の人物像について書く


・同棲はしていたが、籍は入れておらず、内縁の妻であった
・過去にも一度、とても若くして夫をガンで亡くしており、その時にかなりの死亡保険金を受け取っている
・今回死んだ夫(親戚)に、なぜか3つも保険に入れさせていて、まるで自分より先に死ぬのがわかっているかのようだった



ガンで死んでしまう直前、つまり正月の1月2日とか3日だ。

やたらと、親戚中に「もう夫が死ぬかもしれないから、見舞いに来て」という電話がうるさいほどかかってきていた。

その時はまだ容態は急変しておらず、
年末年始は、外出届も許可されるぐらい元気で、自宅で何事も無く過ごしていた。

そして4日、病院にお見舞いに行くと、
なぜかモルヒネを点滴されていて、昏睡状態に陥っていた。

その妻の話も要領を得ないし、看護師を呼びつけて話を聞いても、「やたらと手際がよく」
もう末期がんで明日明後日には死ぬような説明をされた。

説明通り、次の日には、死んでしまった(1月5日)。


ガンの進行具合や症状は人によって異なるし、経過状態をずっとみていたわけじゃないから
このへんだけで、疑わしいと判断したわけではないが、

延命治療を望んでなかったとはいえ、今、ガンで人は簡単に死なないのである。
(※延命治療を断ったのは言うまでもなく、妻の意向である)

なんというか、あまりにも、まるでドラマの世界を体験しているかのような
予定調和な展開に、異常な違和感を感じたのだった。



私は何度も年上の親戚が同じようにガンでなくなっている死に目を見ているが、

「明日死ぬかもしれません」

と言われて、本当に予定通りに死んでしまうケースなんて全くない。


そして、死ぬ直前に入院先の病院の不自然な変更。

医大など大きな病院にずっと通っていたのだが、突然個人病院のガンとは全然関係ない肛門科の病院に転院する。

医学のことはわからないから、これを理由におかしいというつもりはない。

しかし、どうにも、なんでこの病院(しかも自宅から特別近いわけでもない)に変えたのか

妻も理由を絶対に言おうとしないし、必然性に乏しいのである。

地元でも特別有名な医師がいるとか、評判が良いとかそういうものもなにもなく、
病院名を言われて、まず場所がどこなのか探してしまったほどだ。



葬儀もろもろが終わった後、

1ヶ月もたたない(1週間も立たない後から)頃から

死亡保険金や入院保険を受け取る手続きの話で、うちに用事があって電話をうるさくかけてくるようになった。



実はこのうち、入院保険は、入院者の身内の銀行口座に振り込まれる(内縁の妻は戸籍上、他人なので受け取ることが出来ない)ため

身内である私の親に、手続きをしてもらわなければ、お金が受け取れない。

そのために、手続きを代行して欲しい旨の、丁重な態度での電話が何度もかかってきていた。

ちょうどその頃、身内を亡くした心労もあったのか、親はインフルにかかり、すぐさま家族全員に感染し、一週間は身動きが取れなくなっていた。



入院保険になぜそこまで固執するのか?そこがわからなかった。
入院期間自体は、はっきりいって短かった。

入院しなくちゃならないほど重病じゃなかったから。

それで、2月に入って落ち着いてきてから、入院保険の手続きをしにいったのだが、

なぜか1年以上入院したように書類に書かされていた。

明らかに、入院していたのは、半月もないはずなのに

最後に入院した個人病院(肛門科)で1年間入院したように嘘の既得事実が着々と築かれていた


つまり、莫大なお金が入ってくる手はずになっているからこそ、下手に出て手続きをやって欲しいと
あれだけしつこく電話をしてきていたわけだ。


また、この手続きをする金融機関はどこでも良いはずなのだが、

「なぜか」自宅から遠いしかも「ある郵便局」で手続きをするといってきかなかった。

その郵便局の所長と知り合いだからだというのだ。



ここまでが、事実の話だ。

明らかに、入院期間を詐称しているため、このまま行くと詐欺の片棒を担がされたことになる。

今ならまだ、完全に手続きが終わってないので、後戻りができる


ところが、書類を書かされていたのは私ではなく親だ。


外様の私が警察だの探偵だのに話をして、この一連の出来事を詳しく調べてもらうわけにも行かない。
というか、警察はこれぐらいじゃ動かない。


素人考えだが、私は病院もグルだと思っている。
個人病院で、院長と知り合いだったとしたら、書類の改ざんや、人殺しだって簡単にできる。
そして、入院費の架空請求をすれば、病院側も不当な利益を享受できる。いわゆるWin-Winってやつだ。


入院から、保険金など、すべての手続きを、知り合いを介して行なっているという点が非常に不審なのだ。

そして、前夫のあまりにも不自然な早すぎる死。

狙ってガンを誘発して殺すなんてこと出来ないのはわかっている。


こんな過疎場のブログで、私の悩みを書き連ねたってどうにかなるわけではない。

しかし、この問題を何とか出来る頼れる人は周りにはいない。

このまま黙っていれば、人の命を引き換えにした莫大なお金が詐欺師の方に狙い通り転がり込んでいくだけだ。


ふだん、愛想の悪い妻が、ありえないほどうちにたいしてご機嫌取りをしてくる辺りが非常にくさい。

特に、モルヒネ投与の話なんか、何も話してないのに、会うたびに執拗に
モルヒネという薬の効用や、投与したタイミングと量の話を繰り返ししてくる。


ちょっと私も不審に思った点を何度かネットで調べてみたのだが
期待通りの情報は探せなかった。



俺の人生はもう長くない

FE聖戦の系譜をやった

2013_0221_110940_886.jpg
2013_0221_111121_034.jpg
2013_0221_111141_711.jpg
2013_0221_111150_655.jpg
2013_0221_111205_065.jpg

また、ゲームばかりやってるって言われるかもしれないが。

1月初めからやり始めて、2ヶ月弱かけてクリアした
クリア評価を見てびっくりしたのだが、


俺はそんなにヘタか!?


89時間ていうのはつけっぱなしで別のことしてたり、夜やりながら寝てしまったりしてたから、
やってない時間がかなりの割合を占めている


面白い面白いって言われているのだが、俺には合わなかった。


がっかりした点を箇条書きで書く


・話が駆け足すぎて、序盤から固有名詞連発。わけがわからない。わかってくるのが2章半ばとかそれぐらい
・仲間が何の前触れもなく離脱する。いい武器買ってやったり、頑張って育てた矢先にいなくなってゲッソリ
・マップがでかすぎて動かすのが面倒なのと、敵の数が多すぎて、増援が来るたびに疲れて飽きてしまう
・システムが最後までよくわからなかった。
・本城を守るように言われて1人配置してたが、困ることがほとんどなくてがっかりした


ちなみに、闘技場は1回も使ってない。いわゆる稼ぎは一度もやってない


Wiiの暁の女神でも初プレイハードでやってひどい目にあったのだが。


俺は、S.RPGは、弱いキャラもまんべんなく育てようとする

だからどうやって弱い奴に敵を倒させようか考えながらやる

それで使えない奴をいかに使えるようにしようか頑張るんだけど
馬に乗ってないやつは、このゲームはどう頑張っても使えるようにするのが難しく

強いやつをただ前に出してサクサクやればいいんだろうが

敢えてちまちまおびき出してなんとか、二軍のやつにも経験値をあげようというやり方でやっていた


そうすると、敵の増援がくるたんびにうんざりしてしまうのである


40体片付けたのに、また30体来た・・・

この合間に、ストーリーがあるんだが、話が進むまでが間があきすぎて、印象に残らなかった


それで、簡単だって言われてたからすぐ終わるだろうとか気楽にできるだろうとか思ってやったが
俺にとってはこのゲームは結構難しかった。

わざと弱い武器で敵を残して、弱い奴にも経験値をあげようとしたせいだったのかもしれない

1つのマップで大体50ターン以上かかって、合計ターン数は780くらい

最後の方とかどうしようもないときだけ、強い武器持たせて強いやつを前に出してた

稼ぎやらなかったら金とか武器の修理代で割と苦労するし、

何より、仲間になるやつとなりそうにないやつとかわかりづらかった



話は割りと良かったと思う
ちゃんと登場人物の性格とか葛藤があの短いメッセージの中にきちんと描かれていたし

ただ俺のやり方が悪かったのか、時間がかかりすぎて話に入り込めなかっただけ
後、台詞から次の展開と仲間になるかどうか推理ばかりしてて、没頭できなかった


俺があわなかったのは、たぶん、ゲームとしては退屈だったからだと思う

雰囲気はすごい出ていて、ゲームデザイン論としては勉強になるゲームだと思った
少なくともS.RPG作る人とか(そんなのがこんなブログみてないだろうが)
イベントの台詞から次の展開を匂わせるものを入れてたり、総合的な展開性とかはかなり出来が良い。
俺もリアルタイムでやってたらもっと楽しめてたと思う


でも

敵のエントリとか構成が、くどすぎるんだよな~

ドラゴンナイト10体とか、同じ職業の同じパラメータの敵19体とか、そんな物量的なものばかり

それを強いお気に入りのキャラでバッタバッタと倒していくって感じ

だから、なんかやってて、見てるだけで考えるところがあまりなかった

俺で言えば、どうやって弱いのに経験値入れるかばかり考えてて攻略性がなかった気がする


それにこれ、中古で買ったスーファミのカセット

クリア回数のところ1回になってる

これはセーブの電池が切れたとかじゃなくて、未だに電池は生きてる

前の持ち主が飽きて途中で売ったということだ


やった人は面白いって絶賛意見が多いが、やっぱり人を選ぶゲームなんだと思う


それでやっと7年前にSFメモリに書き換えたトラキア776のカセット


さすがにもうフラッシュメモリといってもゲームソフトのデータ寿命来てるだろうなと思って
久々につけてみたら

まだゲームデータ残ってた・・・


そんなわけで、次はトラキア776です
もうデータ消えてると思って、諦めててPSのティアリングサーガをやるつもりだった

また2ヶ月ぐらいかかるんだろうな


書き換えた直後は、敵を寸止めして、捕獲して武器を取るシステムがどうしても嫌いだったけど

今は弱い奴に経験値を上げるために似たようなことやってるから逆に燃えている

索敵マップとかも好きじゃなかったが、今は楽しみな自分がいる


聖戦

確かにストーリーとかは良かったかもしれないが、戦闘は

う~んって感じだった

1996のゲームだししょうがないのかもしれないが

俺つええーゲームもひと通り体験してしまった後だったし

疲れていてあまり思い通りのことがかけなかったイマイチなエントリになった


俺の人生はもう長くない

毎日夜眠れず困っている

ドラクエ10は、課金が切れたので、「元気玉レベル上げ」の手段は使えない。
というか、1回やったきりで、それ以降、ほとんど1回もログインしていない。

思えば、1月に課金したぶんは、ほとんど遊ばなかったから無駄だったなと思う。

それで睡眠薬は俺が大学2年生の頃から夜眠れず、使っているのだが、
大学生や25,6の頃までは、問題なくそれで眠れていた。

ところがここ数年は本当にひどく、眠剤を2錠3錠に増やさないと眠れなくなって困っている。


それで、今日は、俺の人生の後悔と、理解して欲しい話の2つを書くので、ぜひ読んで欲しい。


新聞販売店の仕事をやめた話

2009年、仕事に困っていた俺が、バイトしていた新聞販売店で契約社員に登用され、忙しく働いていた。
希望する仕事ではないが給料は悪くなかった。

ところが、家の問題もあって、やめざるを得なくなった。

新聞販売店というだけに、早番が午前2時半の世界。
俺の出勤時間は、朝の電話番と新聞配達なので朝5時。

詳しくは省くが、昼からチラシ折込の仕事をやって、終わるのが18時になる

朝早いので、会社からも酒を呑むなってことと、早く寝ろ(21時頃には寝ること)と言われていた。

しかし、家には身体障害者の寝たきりの妹がおり、
こいつを寝床まで持っていくのが、大変で、若かった俺にやらせようとするのだ。
妹が寝るのは、身支度に時間がかかるので、いつも23時過ぎから0時過ぎになっている

本来、俺の就いている仕事では、寝て無くてはならない時間帯だ。

だがうちの親はおかまいなしに、俺の部屋へ電話の内線を鳴らし、寝ていたら叩き起こされる。

たった、妹を寝床に寝かしつけるためだけに。

そして、一度起こされると、またすぐ寝るというわけにもいかず、夜更かしすることになる。

こういう生活が続き、耐え切れなくなって半年でやめた。

とにかく毎日の仕事、生活がきつすぎた。
常に眠くて、睡眠不足で、ケアレスミスや車の事故も多かったし。


そして、こういう事情でやめたが、
今は何故か、仕事辞めたことは全部俺が悪いみたいになっているのが気に入らないのだ。

今仕事がなく辛い思いをして、親に不満を爆発させたりすることが増えている。
そういやって過去の過ちについて、言い合いをして喧嘩をするのだが、

いくら俺の言い分を言っても、なぜか全部オレが悪いって言いくるめられて終わってしまう。

しかしどうしてもこれには納得がいかないのだ。

辞める前に、何度も家族会議みたいなことをしてもらって、協力してくれないとつらいとか
そういうことを散々行った末にやめたのだから。
俺が好き勝手にやめてきたってわけじゃあないのだ

こうやってなんでもかんでも全部俺が悪い
そういうことにしてもらってもいいよ

身近な人間のこういう責任の押し付けもあって、俺はいないほうがいい人間なんだと思わされている


なぜゲーム動画配信をやめてしまったのか


前書いたような気もするのだが、見当たらない・・・・

俺を見に来る常連のリスナーが、俺より5,6歳以上年下で、話が合わなかった。

趣味も合わなかった。

タダで見てるくせに、あれをやれこれをやれっていうわがままばかり。

リクエスト通りのゲームやっても盛り上がらず。

何かあったらすぐ「小島監督」「メタルギア」ばかり。

メタルギアにいたっては、あの出来の悪いオンライン対戦を強要されて、
でもオレはつまんなかったんで、1,2回やってやめた。

自分の知ってるゲームや好きなジャンルのゲームを配信しないと、見たくないからやめてと言われる

なんでタダで配信してるのに、粗暴で横暴なことを書かれたり、つまんない煽りツッコミを受けながらゲームをやらなければならないんだろう

だんだんそう思うようになっていった。

挙句、ゲームセンターCXみたいなノリで見に来てるんだろうな
キレるな、芸人らしい気の利いたリアクションをしろ、グダグダするななど

なんでこんなことまでいわれなきゃならないんだ


それで、末期は配信が苦痛にまでなった。


オレは、新しい常連客を集めるために、別の場所で配信したり色々試したが全然ダメだった


年下ばかりのリスナーだから、話が合わなかったり、我の強いつまんない書き込みばかりで

オレははっきりいってうんざりしていた。

メタルギアの押し付けは既に飽きていて、オレは冷めていたし

それでも、オレは自分の気持ちを抑えこんで我慢していた。
しかしだんだんと限界が来て、引退することにした。
引退するときぐらい、このオレの気持ちをはっきり言えば、納得しても得たんだろうと思う。

そしてもう一つ。
就職の問題が解決しないので、どんどん気持ちが暗くなっていて配信のテンションを出せなくなった等。


他のおっさん系配信者はもっと、リスナーの質は高かったことに驚いた。

オレはすごく気を使って配信していたので、気が疲れてもうやる気に慣れなくなっていた。

まあもう、ゲーム配信は、人生がうまくいかないかぎりやることは絶対にない


終わります

最近レビュー投稿サイトにはまっていて困っている

題目のとおりだ。

ちょっと空いた時間に1つ2つ書いて、つい夜更かしをしてしまっている。

これまではゲームだけの感想を書いていたが、ドラマやお菓子やキャラクターなど

馬鹿正直に全部参加しようとすると、とても時間が足りない。

自前でやっていた頃は、内容の説明もやっていたので、長文になり書くのに恐ろしく時間がかかっていたが、

今は投稿型で感想だけを書けばいいので、気楽に書けるというのもある。

1箇所のサイトだけでなく、数種類のサイトを使っている。

これまでは、叩かれてばかりだったが

自分の評価自体が評価されたり、コメントが返ってきたりすると、やり甲斐が出て嬉しいのだ。

ところが、あまりにもこればかりに空いた時間を使いすぎるのも良くない。

なんとか時間を決めてやっている。

終わります。

歳を重ねると感受性は本当に鈍ってしまうのか?

歳を取ってくると
感受性が鈍ってきて、物事が楽しめなくなると
昔から言われているが、

どうにもこうにも、納得出来ない自分がいる。


いろいろな出来事を体験したり、知識を蓄積してきたから、冷めた物の見方をしてしまうから。

これは、ある意味で正しいし、ある意味では間違ってるように感じる。


個人差はあると思うが、どちらかと言うとこの話は逆じゃないかと思っている。

若い時のほうが、興味の幅が狭くて、食わず嫌いが多かった気がする。

例えば男だったら、10代の頃なんて、誰と付き合ってるとか恋愛話には、興味が全然無いから
恋愛物がメインのドラマなんて好きな人が少なく、男同士だとそういう話は盛り上がらなかったものだった。

断っておくと、異性関係の話が全く盛り上がらないってわけじゃなくて
男子高校生の間では、恋愛関係よりも誰とやったかとか、初体験がどうとかそういう方向での話し方のほうが多かった。
勿論、今の若い子がこの辺の盛り上がるポイントが変わってるかどうなのかは知らないが。

フィクションの作り物の話にしたって、歳を取ってきて、色々なことを理解してからのほうが
実は共感できるポイントが多くて、楽しめているのではないだろうか?

冷めた見方をしているというのは確かで、
良い物を知っているから、つまらないものにはつまらないと感じて飽きるのも早い。

私は明石家さんまのトークが大好きだが、
昔は、恋のから騒ぎが全く楽しさがわからず、「何をやってるんだ。女といちゃついた話ばかりして」

こんなイライラしかでてこなかった

しかし、25も超えると、だんだんと恋愛話を楽しめるようになっていった。

例えば、ねるとんみたいな合コン番組も私は全く好きじゃなかったが、
今は食い入るように見てしまう。

バブル時代のほうがこういう番組は、変わった人や出来事があって面白かったらしいというから驚きだ。

子供の頃ねるとんの録画を人の家で見ても、全く楽しくなかった。
とんねるずはやっぱり、仮面ノリダーやコントをやってくれなきゃ面白くない
大人の金銭感覚や、美的センス、価値観が理解できなかったから楽しくなかったのは当然だ。


それから最近マジカル頭脳パワーの動画を見るのが趣味だったが、

テレビ放送をしていた頃は幼く、一緒に答えを考えるということが出来なかった。

今は、そういう楽しみ方が出来るようになり、子供の頃とは全く異なった楽しみ方をしている。

特にマジカルミステリー劇場の、犯人やトリックを導き出すなんてのは大の大人でも難しいのに
子供が、あんな短い映像だけで推理をするなんてのはどだい無理な話で、当時はわけがわからないだけだった。

そして今困っているのが、さすがにYouTubeにあげられたマジカル頭脳パワーの動画も見尽くしてしまい、見るものがなくなってしまった。

それで少し話が変わるのだが、

やはり、私がこの番組をかなり最初の頃から見ていたのが間違いないということがわかった。

まだ、マジカルミステリー劇場をやっていた頃から見ていたのは間違いない。
それに、アシスタントの女性アナウンサーが木村裕子から、永井美奈子に変わったのだが、
この2代目アシスタントが、すごいチャラチャラしてて、子供の頃から、なんか好きになれなかったのをはっきり覚えている。

それにしても、最初の頃は、1時間でたった5問しかなかったことに驚いている。
よく考えれば1問作るのに、ドラマ仕立てにして撮影するから、これだけでもかなり大変だという事がわかる。


そしていま、この番組が「マジカルはてな」という題名で復活しているので何度か見たのだが、
本当に当時のスタッフが関わってるのかというのが疑問になるほどつまらない番組で見るのをやめてしまった。

どのクイズ問題もひねりすぎて解けても嬉しくないし、わかんなくて悔しいって言うより
答えを聞かされても「馬鹿馬鹿しい」と言いたくなるものばかり。

推理クイズは、バラエティ番組の再現VTRのような安いノリで、脚本も陳腐でトリックも稚拙で本格的でない。
そもそも最初から期待してなかったが。

クイズ映像は、とにかく短すぎて、考える時間が少なすぎる。
頭脳指数が20点刻みで減るのも早すぎて、答えを教えるのも早い。

じゃあ余った時間で何をしているのかというと、スタジオのくだらない出演者のボケツッコミである。

スタジオでは盛り上がったからテロップ付きで放送しているのだろうが、見ている方は全くつまらない。

テレビに出ている芸能人って、もっと面白かった気がするのだが
いつからどうしてこんなに、つまらなくなったのだろうと思う。

昔の思い出が美化してるのだろうと言われるかもしれないが、
現に、今、YouTubeで、昔のテレビ番組を見た上での感想である。

編集が悪いのか、番組企画が悪いのか、自分が冷めてしまったのか、
今のテレビを見て、簡単に笑えてしまう人を羨ましく思う。


終わります。

今更らき☆すたの柊かがみが大好きになってしまった!

実は今日は深みのある話を書こうとしたのだが、とても疲れたので、

なんと馬鹿馬鹿しい、おまえはいい歳をして何を言っているんだ!?

という話を酔いどれの状態を利用して、勢いで書いてしまうことにした。
(というかこういう話は歳食ってこないと逆にこっ恥ずかしくて書けない)


しょうもない話だが、去年の春頃からPCの壁紙を


らき☆すたというアニメの人気キャラ「柊かがみ」のウェディング姿にした。


この壁紙に設定する前は、らき☆すたなんてくだらねえアニメだと思ってて、
面白がってるやつはニコ厨乙とかそんな考えを持っていた。

私は、今時めずらしい(珍しくもないか)生粋のゲームオタクなので、萌えキャラだのなんだのは
あんまり興味が無かったのだ。



ところが!!!!



毎日毎日、かがみん(柊かがみの愛称)のウェディング姿を見ていたら、だんだんと愛着が湧いてきたのだ。


そして眠れないある日(その時はまだバイトとはいえ働いていた)


つい出来心で、YouTubeでらき☆すたの動画を探して、勢いで見てしまったのだ。


おお!!!!
なんと可愛い「かがみん」のすがた!!


つり目でツッコミ役で、ゲームやアニメに興味のない冷めた常識人のくせに
何故か、髪型は手間のかかるツインテール。

ツッコミ役の宿命なのか、押されると弱く、なぜかすぐ狼狽してしまうか弱さ


(正直、自分の素直な心境をここまでストレートに文章に表現して、自分でも鳥肌モノとかドン引きしている)


人気作品だけに、YouTubeでぶつ切りに大量アップロードされた本編アニメで、全話見れそうなのだが、

出来れば、
出来れば、きちんとDVDでレンタルして1話からしっかり見たい。



嗚呼、
私に金と時間という余裕があれば・・・・


聞けば、最近、ゲームと異なり、アニメは一本一本の存在感や魅力は弱まっているが、
数撃ちゃ当たる方式で、放映アニメ本数は昔より倍増しているのだという。

大半は萌えアニメらしいが、中には面白い必見のアニメもあるようなのだ。

ニコ動でもどこでも良いが、アニメは相変わらず勢いがある。

それに比べてゲームは日に日にかつての魅力を失い、注目度は下がるばかりだ。

そこで、少しはそんな最近のアニメにも興味を持ち目を向けてみたいと思っている。

特に既に古いかもしれないが、魔法少女まどか☆マギカなんかは勉強がてら視聴するぐらいしておくべきだと感じている。


実はもう一つ、勢いで、すっごくくだらなくて、ドン引きするキモい話を
まあいい歳をした人間だからこそ許されるというか、暴露したかったのだが、
また今度にする。

終わります。
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR