スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の仕事キツイっすね

今週から、工場で働いている。
社会復帰を目指す福祉事業っていうところに7月末に相談窓口に行って、
それから現状とか色々聞き取り調査して、今の職場でリハビリという形で働いている

リハビリといっても殆ど普通のバイトと同じで時給が低い

久々の肉体労働はつらい
毎日、汗びっしょりになって働いています。立ち仕事だから、腰と足が痛くなってつらい思いをしている。
朝6時半から家につくのが夜19時前ぐらい。残業もあるらしい。
昔コーチってドラマがあって、そこで玉置浩二が汗水たらしながら工場でサバカレー作ってましたが、今の俺は毎日あんな感じです。

普通に就活もしてたんですけど、まともな会社は俺みたいな職歴だと書類すら通してくれないんですよね
まあ、考えたら当たり前の話だが、経歴の弱さは自分のガッツで補わなければならないが、
それすらも俺のこれまでやってたことを考えると、「お前面白い!欲しい」って価値を持ってくれるところってないに等しい。

それで今日、入りたかった会社に書類で落とされて結構へこんでます



後、これは重要な話なのですが・・・

色々、ここには書いてない現実の話や心情もある

これ以外にも、現状色々な問題があり、体調がしんどくなって仕事始めと同時に
実はまたブログを休止しようと思っていた

それで今後、良くコメント書いてくれる人とか、このブログでやり取りがあった人など向けの
プライベートtwitterとか、ブログ、あるいはmixiみたいなところで
身内向けに色々悩んでいることや話を書いて行きたいと思っている

良ければコメントにメールアドレスを載せてください
別に怪しいサイトへ誘導するわけじゃないですが、鍵付きのツイッターかどっか
限られた人が見られるだけの場所を探して、これからしばらくリアルな話はそっちでやろうと思ってます
スポンサーサイト

どんなゲームプランナーになりたかったか

どうせもう、希望職なんて無理だし、俺の思ってるゲーム作りの思想とか、そういうの幻想で短文だけど書く。


俺、ゲームオタクで沢山ゲームやりまくっていたけど、実は難しいをウリにしたゲームって嫌いなんですよ。
良く難しいけど面白い、マニアはそういうの好む
なぜなら、簡単なゲームはやりごたえがないから、ゲームがうまくなってきて、退屈になってくるからだ。

俺は難しいゲームの面白さもわかるし、俺自身がゲームが下手くそで難しいゲームをクリアできずイージーモードでやってるとかそういうわけじゃない

むずいむずい言われてるドンキーコングリターンズは、難しいゲームだと思わなかった。
スーパードンキーコングシリーズも、巷ではキツイキツイ言われてるが、俺にとっては普通か簡単レベルだった

現に、難解だと言われてるFEトラキアは最近普通モードで攻略一切見ずにクリアした(スクショで証拠も出せる)
ヒント無しで極力仲間揃えたかったが、そこら辺は外伝の条件も含めてわかりにくく、何度もやり直したが全然見れなかった
一番頑張ったのは20章?だったかの捕虜解放ミッションが何十回やっても出来ず、諦めた(確かクリアしたらボスキャラが仲間に入る)。
泣きを見たのはその後の22章だったか、トラキア川の決戦みたいなところで、ここは本当に突破口を見つけるまでクリアのいとぐちをつかむのがきつかった
終章も仲間がいなければならない仲間がいなくて、相当苦労した

去年、ファミコンの理不尽RPGとか沢山やったせいで、元々サガシリーズの理不尽さが嫌いだったが、プレイできるようになっていった

俺、ファンタシースターシリーズも全部やってて、ファンタシースターの1作目は3DダンジョンRPGなんだけど、
オートマッピングなんかなく、ノートにマッピングしてた。最近部屋を整理してたら、それが出てきて感動していた。
後、ファンタシースター2は普通の見下ろしRPGだったが、そういう面ではこれも辛いゲームで、
ダンジョンがフィールドより広くて複雑で、これもマッピングしないときついゲームだった(そしてマッピングしてた)。

一応おれは、ゲームをクリアまでやるときに、それぐらいまでの根気を出してやっている(という社会には何の意味もない部分をここでアピールした。なんか俺のHP見る限りヌルゲーマーだと思われるらしいので)

だから、難しいゲームのどういうところが面白いかわかる
取捨選択とか、工夫の余地があって、そこを工夫していかないとクリアできない
自分で突破口を見つけたり、プレイテクニック(操作習熟)を重ねないと先へ進めない
(例えばカプコンの2DACT系は、社風なのかどれもどっかトゲがあって、習熟しないとならないバランスは好きじゃない)

でも俺は苦労して達成感を得るゲームより(それも面白いのはわかるが)、
何も考えずにやっててもそれなりの満足感を得て、小学生でもクリアできる簡単なゲームのほうが好きである。

そこから、かっこいいプレイとか突き詰めていくのがマニアの仕事であると考えていて、いたずらに敷居を上げるゲームはそういう観点から見てもダメだと思っている

俺は、極端にヌルいゲームにも厳しいが、マニアが好む難し目のシステムにも厳しかったのはそういう好みの問題があった

こういう例えはしたくなかったが、PCエンジン時代のハドソンのゲームとか、SFC時代のコナミの2DACTやSTG
前者は小学生の俺でも、それなりの満足を得られるゲームが多かったし、後者もそういう傾向があった(それでいてプログラムが凝っててゲームが派手)
ナムコのゲームもどちらかというと簡単な方なのだろうが、遊ぶ機会が少なかった
カプコンのACTはどれも、そこそこゲーム慣れしてないといけないチューニングだったと思う
そこが疲れるから単純な好みで言えば、嫌だった。

あとは異様に気にしてるのが操作性とインターフェイス
操作性は、プログラマーにならないと勝手がわからないだろうが、俺が少なからず関わったらもったりさせたくないのと、インターフェイスはこだわれるだけ徹底的に拘りたいと思った

それと、テキスト
これも異様に気にしている。
ここの句読点は変だとか、助詞の使い方まで俺は見てる。
このシリーズでこの単語や言い回しはどうなのかとか、

俺がこういうふうな思想を持っているのは、完成まで作ったことはないが
結構長い間、RPGツクールでゲームを作ったことがあるからだ

RPGツクールでゲームを作っていると、戦闘パラメーターを作るときに
難しいゲームを作っちゃいけないんだなとか
エンカウントはやるすぎなぐらい低くした方がいいとか、
自分の作ったゲームを何回もテストプレイするから、そういうことに気づいてくる

この洞窟に回復アイテム10個は置いたほうがいいとか、町の装備屋の品揃えと値段とかも
ここまで大体プレイヤーはxxxxG持ってるはずだから、これぐらいの値段にしようとか
俺の場合は、わざと最高装備を揃えられるようにして、装備を揃えたらお金がほぼ無くなるようなものにしてた
あと、それだと面白く無いから、町の中にそれより強い装備の入った宝箱をおいて
街を見る前に装備揃えた奴が泣きをみるようにしてやったりとかいじわるな設計にしたり

テキストも、改行一つみても、読みやすくしろってRPGツクールの昔本屋に売ってた教本に
ひと通り、今書いた気をつけることってのが全部載ってた

そういうこともあって、俺の思想的なものは前半書いたようなものに至っている
この考えを持ってたのは、RPGツクール触りだした中学2年3年ぐらいのころ
SOFCOMでアマチュアRPG触りまくってたし自分でもツクールいじりまくってた。




今、シナリオ書きのことを考えているが、ドラマやゲームのストーリー
これまでは舞台の観客席側からぼんやり見てた感じだが、視点を変えて舞台袖から見るような感じで見ていると
色々勉強になっている

このとき、学生時代、テレビドラマやアニメ、ゲームたくさんみていたことがとても役立っている

アドバイス求む

せっかくゲームから離れることが出来たわけだし、今後あがいて生きていく決意をした場合、何か勉強をしようと思っている。


俺は来週から障害者の作業所に通わされる。
障害者の作業所といっても、でかいクリーニングの工場で、中はとてつもなく暑く
本当に障害者の作業所か?っていうほど仕事の種類は多いし忙しい。
最低時給以下(490円)で働かされるとは思えない過酷な労働環境だ。

作業所というか、もうただのアルバイトと言っても過言ではない。
そして送迎バスで通勤するが、通勤時間は片道2時間で、週一回深夜22時まで残業もある(残業代が出るのかどうかは怪しい所だ。なにせ、この作業所は「労働基準法」が適用されないから)。

それで金銭的にも、お金が貯まらないから、勉強するためにお金は使えないし、拘束時間も前の臨時職員より4時間以上長いから、中々時間は取れない。



で、俺はこれから何の勉強をしようかと悩んでいる。


いの一番に思ったのが、独学でプログラムを勉強すること
この場合、何を勉強すればいいのか候補から絞ることが出来ない

実用性を重視してゲームから遠すぎる言語を勉強しても、興味の観点から続かないし
かといってほとんどゲームにしか使えない言語ってのも、今の俺にはまずい

後、断っておくと、できれば今後の就活に活かしたいと思っているが、年齢が年齢なので
いまさら独学でやっても、仕事に結びつく可能性はかなり低いと思っている
だから、趣味とは言いたくないが、それなりに興味のある言語を選ばないとダメだと感じている

そして、プログラムを勉強する場合、教科書の他にプログラムを書くソフトウエアも必要になり、準備金額がかなり高額になりハードルが高い
※ここでは単純にプログラムを走らせる言語の話しか書いてないが、遥かに硬度だろうがサーバエンジニアみたいなのも考えてる(今はサーバエンジニアを使うゲームも多いから興味はある)


単純に、ゲーム業界(もちろんそれ以外の仕事も)を考えるなら、技術は捨てて、プランナー路線で行く次の提案のほうが、俺にとってははるかに現実的だ。

何度もこのブログでもやろうとしたが、シナリオを書く。

もうゲームは十分すぎるほど研究したから(素人レベルではあるが、面白さやつまらない原因など)、
じゃあゲームの企画書を書く・・・のではなく、敢えてシナリオ書きをすることを考えたのは、
ゲーム以外の仕事に実績として使えるからだ。

これなら、プログラムみたいにアプリを買う必要がなく、ちょっと高めのシナリオを書く本みたいなのを何冊か読んだりするぐらいで良い



最後はまったくかけはなれたものだが、宅建をめざす

本当は建築士をやりたいが、実務経験を積ませてくれる会社があれば、わざわざ独学で勉強する必要がない
ところが、設計施工会社は既に資格持ちの募集ばかりで、一応実務にならない実務経験がある俺は入れるところがない

なぜ宅建まで広がるかというと、実務経験が不問だからだ

不問だが、求められる知識は恐ろしく幅広いために、難関資格になっている

俺はこの中で、建築設計のジャンルに関してはわかるが、それ以外の建物売買取引のジャンルはまったくわからない

なぜこれを勉強候補に入れたかというと、去年一年業界で働いて、興味を持てたからである




最後に


本当なら、今すぐにでも仕事の問題を解決させて、障害者の作業所なんて行くのを辞めるようにしたい

だからみっともなくてもネット上でも俺は仕事乞食をする有様だ


色々考えた

ゲームのレビュー書きのライターだけじゃなくて、攻略系も俺はできますよ
極端にゲームがうまいわけではないだろうが、普通の人よりはやれる自信がある
これはただの希望だが、在宅じゃなくて、オフィス勤務しながら(在宅が嫌だってわけではないが、わまりから低く見られるからという意味)
攻略本の請負とか、そういうの

まあ、こんなところでグダってたって自分から動かないと紹介なんてあるわけないですが

とりあえず勉強である

識者求む!!

突然やる気が無くなった

ここで俺何回も、ゲームレビューのホームページを頑張ってるって書いていた

一年前、そのページをこのブログから見た人が、
「大したことねえよ」「こんなもの誰でもできる」
って凄い評判が悪かった。

俺はその時反発したんだが、
この段階で、周りが俺の目を覚まさせようとしてくれてたが、最近やっとそれに気づいてきた

もう、一介の素人がこんなこと続けててもしょうがねえな
ってことに。

長く続けてても支持者も付かないし、需要もない
アクセス数を見てみたら、それなりにはある
でもページビューで考えたら、トップページですらいつまでも100行かないし、
1200本以上のゲームを掲載しているゲームレビューのページだって、ページビューですら1日100行かない
ゲームレビューのページなんて、良く見てったら、1日1回見られてるか見られてないか
多い時で4回5回しか1日開かれてない

こんなに需要のないことを、守り続けて頑張っても意味が無いことに俺はやっと気づいた

有名ゲームの台詞を引用すると

おれはしょうきにもどった
ってやつだ

結局
俺がやってたことって、みんながツイッターや動画サイト、掲示板で言ってることを
素人のライティング能力で下手くそにまとめて、読みづらく、それでいてかっこつけて書いてるだけで、何の意味もない

それなら、直接大手サイトやまとめサイトみればいいじゃんって言う

自分を成長させるためにやってるとかってただの詭弁(きべん)だし、
ただゲームやって、感想書いてるだけ

これは前から気づいてたが、こんなの素人一人でやってたって成長性なんて何にもない
普通は、上司がいて、添削してくれたり助言をもらって掲載という運びになる
でも俺は、そういうアドバイザーなんていなくて、個人のホームページだから検閲もないし、
俺が書いて、自分で満足したものを載せているだけだ

別にこれをそのまま仕事に活かそうとかそんなことを思っているわけではない
最初はほんとにやりたくて始めただけで、それ以上の意味は無い

HP制作の勉強したとか、そういうのは仕事の面接の時に、「HTML勉強したりPhotoshop使ってやってました」
みたいにはいうけど、ゲームレビュー自体をウリにすることはない

人気がない現実を、実用性がないことを自覚してやってるって言い訳してるだけだった

夜だけゲームやって現実逃避してるって書いたが、
レビューやるためにゲームをやることはもう最近やってない

前からレビュー辞める辞める言ってたけど、前はまだ
それを口で言ってても、まだ生きがいとして続いていた

でも最近ほんとに、俺くだらねえことやってるなって気づいてしまった

別にネットから削除する必要はないが、未練がましく残したりしたら、長年の習性で惰性的に続けてしまいそうだし
サクッとネットからもWebからも消そうと思っている


あと、急に生きる気力がなくなった

昨日はまだ、午前は面接、午後から次の会社に送る履歴書などの書類を暑い中一生懸命作っていた
1社出すだけで、志望動機考えるのに30分から1時間弱かけて完成させて
履歴書の下書き、清書で合計2時間

その後、宛名書きに、履歴書以外の書類作り、
これらを適当には出来ないから、何度も確認して間違いがないように応募書類を作る

手際よくても2時間以上はかかる

それだけで昨日は午後全部潰れた

夕方になって、なるはやで送りたいから、駅前の中央郵便局まで持って行って、
きちんと重量も測ってもらって切手不足も回避して、ちゃんと郵便局で送る

で、今日も朝からハロワ行って、仕事探しするつもりだった


ところがなんか昨日の夜、唐突にやる気が無くなった

もう疲れた

詰んだ人生をどう挽回させようか考えることにいきなり疲れた



誰でもこれぐらいの浮き沈みあると思います
それでも、予定が入っていて、動いてるうちに回復したり、ちょっと遊んで一服したら治るぐらいのものだ


でも、俺は根本的に疲れた


なぜやる気を無くすかっていうと、母親が障害者の作業所にどうしても通わせたがっていて
何度も俺は嫌だって言っても、来週から否が応でもそこで働かせようとする

ただでさえ、金や仕事のことで頭を痛めたり、ハロワでの仕事探しや書類作り、面接対策、
普通の詰んだ人間が就活するときの悩み

それプラス

勝手に障害者認定されて、
来週から、ろくに金ももらえない障害者の作業所に強制的に送られる

俺が今必死に履歴書書いて、次の会社の面接予定とか探してる時に

母親のほうが

「無駄なことするのやめろ」


っていってくる

これが昨日の夜9時過ぎだった

そういうこと言われて、どんどん俺の気力を萎えさせられていく


もう俺
生きるのやめるしかねぇなって思い始めている

これ、なにかきっかけがあってそっちの考えに引きづられたわけじゃなく

昨日の夜、いきなり完全にやる気をなくした


もうあがくのやめて楽になろうって言う気持ちになっていった


なんも就活したりしないで、こういう考えを言い出すのは俺も客観的に考えて甘えだと思うよ

でも、前日まで必死に仕事のこと考えて書類書いたりしてたのに、
突然やる気が無くなった

終わります
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。