スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動2

正直に書くと、先週末はほとんど遊んでましたね。

それで月曜、焦り気味でハロワ行って、1週間以内の新着で、地元、県庁所在地、東京で見ても
なんも大した変わってないっていう。

実際、1週間以内といっても、土日挟んで4日分ぐらいの新着しか無い。
良さそうな求人あっても、女性向けの職場だったりする。
それだけで諦めたわけじゃなく、男は何人受かってるか聞いたりして、難しいなって思いましたね

中旬頃に、PC入力の派遣の求人があったんですよ
100人募集だったのに、掲載3日後でもう締め切られてました
それはハロワじゃなくてタウンワークに出てたやつなんですが、レイアウトが女性向けっぽくて躊躇してた
なんで即決で応募しないんだって言われるだろうが、今書いた2つの理由から、ちょっと考えていただけ
それに、夜勤とのシフト制(8時間)だったため。

今、ハロワの担当者には、俺の経歴を見て、ある会社の営業職を受けろ受けろって凄い言われている
ろくな職歴もないし、選べる立場じゃないのはわかるが、俺に営業がやれるか??って言う話になっている
こういう場で、はっきりどういうところを受けるのかいくら悩んでいても書けないのだが
近い仕事だと車のディーラーみたいなもんですよ
昨日も、1時間以上求人PC見て、その後、面談でその話を1時間以上。
昼過ぎに行ったのに、帰るときには暗くなってました

なんで決めあぐねてるのかというと、やっぱり応募者も少ないんですよ
仕事内容の説明の時点で、かなりきつそうだから。
そこをどうして、担当者が俺をぶつけようとしてるのかというと、
過去のバイト歴で、ない人より知識があるからっていうだけ

もうめんどくさくなってきたからバイトでいいかなってかなり前から思い始めている
それでハロワでバイトの項目も見てたし、今、短期だが日勤で荷物の仕分けバイトの募集が載ってて
12月から、俺、それでいいやんと思いだしている
そこはそこで、年明けからの仕事に困るから、困っているわけだが。

俺、毎回、応募資格なんてないのにIT系の職種も見てます
大半が明らかに場違いな求人ばかりで、笑っちまうぐらい、意味ねぇのに、毎回見ている
PHPも出来ない、C言語も、コーディングも、絵もかけません
たまにデバッガーが引っかかりますけどね。今は殆どゲームではなくて、スマホアプリの動作テストとかパチンコの動作テスト(これも最近は景気が良くないのか見なくなっている)
だから、デバッガーってのは死語で、テスターって書き方をしてる

沢山求人見てるから、面白い求人が目に入ることがありますよ
なんか聞いたことある会社だなと思ってたら、とある(その筋からは有名な)声優プロダクションの内勤マネージャーの仕事とか
給料やっすいなーって思いました。

俺もう無理ですね
なんもやらないで無理って言ってるんじゃなくて、
ハロワ通って、つかれて、段々やる気をなくしていって、遊んで、
これの繰り返しですよ

遊んでる時も、バイトにするにしてもバイトすらないとか
そういうことを考えて、段々と疲れていく

俺の人生はもう長くない
スポンサーサイト

もう無理ですね

twitch配信のほうで喋ったのだが、
配信でPCエンジンの「カトちゃんケンちゃん」をやるつもりだった。

じっさい、配信では発売当時以来のプレイで、20年以上ぶりに触ってみたところ。
1回目 4-4ボスまで
2回目 4-2で力尽きた

翌日、練習のつもりで1回だけプレイしたのだが、その1回でクリアしてしまった・・・

2013_1113_131900_305.jpg
2013_1113_131918_729.jpg


ハイスコアを見てもらえば、ノーコンティニューでクリアしたことがわかると思う。

激ムズゲーとして有名だったから、まさかこんな簡単にクリアするとは思っていなかった。

運良く6ワールドまで進めても、カギの在処が難解だと記憶薄らに聞いていたし、
マリオ2ばりに、ノーヒントでのクリアが大変だと言う噂ぐらいは耳に入っていた。

何より、最近アクションゲームをめっきりやらなくなり、ほとんどRPGばかりやっていて
さすがに自分も、ゲームの腕が鈍ってきてるはずだと思っていたし、ゲームから離れだしていたこともあり、自信がなかった。

だが、その全てを、あっさり突破してしまったのだった。

ただ、クリアしたのはカトちゃんの方でだ。
配信ではケンちゃんの方でプレイしてみたのだが、比較にならない難しさで、こっちではクリアできなかった。

感想としては、周りで騒がれてるほどの難ゲーだとは思わなかったってこと。

アイテムやカギ、ギミックがノーヒントで隠されているが、隠し場所に一定の決まりがあって、
その癖さえ見抜いてしまえば、カギは当然ながら、隠しブロックも見つけることが出来てしまう。

あまりにもカトちゃんケンちゃんが面白すぎて、ゲームからせっかく離れていたのに、クリア後も繰り返しプレイしてしまうほどの面白さだった。

マジで、PCエンジンのアクションゲームでは5本の指に入る傑作だと思う。

最初は良作程度だと思っていたが、
何度もプレイする度にそう思った。

というのも、敵の配置とかとても計算されていて、嫌らしいがどこかちゃんと段階を踏んだ配置になっている。
とにかく面白いのが、敵の配置に釣られて、即死トラップや穴に落ちるように上手く誘導してくるところだ。

カギの隠し方が理不尽に見えるが、扉に入ると実はきちんと相方がヒントを言ってくれる。
6ワールドのカギだけはわかりにくいが、私は一発で見つけたぐらいだし、
あそこまで自力で到達できる人間なら、見つけれるんじゃねえの?って程度の感想だった。

ゲームに関しては、実は数年前ぐらいから、難しいと言われるゲームを、難しいと感じない体質になっている。
これはキツイなって思うゲームは確かにあった。しかし、キツイと感じるハードルがかなり高くなっている。

スーパードンキーコング3部作も、自力で100%まで達成したが、クリアするだけなら超楽。
100%はまあ、ちょっと気づきにくいとこがあっただろうぐらいで、難しいとは思わなかった。
ヨッシーアイランドも、全面100%クリアをしたのだが、発売当時は「こんなの無理だ!」と思っていたが、全然簡単だった。

最初に違和感を覚えたのが2010年のドンキーコングリターンズをやったときだった。
巷ではキツイキツイ言われていて、今年3DS版ではイージーが搭載されたほどだったが、
これも100%クリアした上での感想では、全く難しいと思わなかった。







それで、ここからゲーム話から遠ざかっていって鬱話になるのだが、
長く生きてきて、私は、こんなくだらないゲームの腕ばかり上達して、意味のない人間だなと思っている。

これで、金を稼げるのなら意味はあったかもしれないが、こんな遊びで金が稼げるわけがない。

攻略本の請負でもやれるのかもしれないが、請負なら在宅で機材も全部揃えなきゃならないし、初期投資を考えるといつ黒字になるのかって話だ。

ゲームばかりやってる自業自得だって言われても仕方ないのだが、
私という人間は、ゲームが生活の中心にはなっていないし、ゲームをやっている間も、いわゆる依存症ではなく、きちっと自己管理が出来ていると、自分では思っている。

だからこそ、今、平日昼間はほぼほとんどゲームはやっていない。
というか、信用してもらえないだろうが、収入面、仕事など問題が片付かない限り、それをする気力がわかないのだ。








10年
ずっとゲームレビューに力を入れていたが、これでは食えないし需要もないので、力を入れる方向性を変え始めている。

せっかく、ゲーム業界の知識は素人では圧倒的だろうと思われる、この無駄な特長をなんとか生かしたかったのだが、無理なようだ。

まあ、薄々わかってはいたのだけど。

ゲームをやめて、小説を何とか書き始めている

構想はいくつかあって、今4本あるが、そのうちの1つを絶対に完成まで持っていくつもりで必死に面白くなるように考えている

一度、冒頭を書き始めたものがあったが、全部ボツにして、書きなおした。

これを飯のタネにするつもりじゃなくて、仕事を探しながら、仕事をしながら、やっていくつもりである
なんとか、長続きできるように自分の中で創意工夫している
ブログに駄文を書き流すような乗りで書けるように考えている

ただ、俺はもう、頑張れなくなってきている

人はこれを鬱病精神患者だと言うんだろう

長年生きてきて、全然やってることがうまくいかなくて

人にも認められなくて、嫌な思いばかりしてきて、

そして、他人からそれを責められて

そんな人生ばかり歩んできて

もう疲弊しきっている

そんな状態なら、障害者の作業所いってろよと言うかもしれない

だがあんなところでごまかして働いて、金にならないことしてたって余計病んでいくだけだ

自己責任で、毎日過ごして仕事決めたり決めれなかったりしてるほうがまだマシだ


そしてこのまま、疲弊しきった時、俺は自害するのだろう

昨日の夜ニュースを見ていたら、中3女子がいじめを苦に自殺していた話題が取り上げられていた

俺も中学生時代、陰湿ないじめを受けていた

しかし俺は生きている

なんで生きているのだろう

僅か14,5歳の女子ですら自害できるのに、俺はそれができていない

これでは駄目だと本気で思い始めている

俺の人生はもう長くない

就職活動

もう
今年も雪が降り積もる時期が来ましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか

毎日、ハローワークに通っているが、意味あんのかなぁと思いながら通っている。

思えば、ほんとに必死に仕事探しだしたのが、今年の初夏。まだ6月のことであった。
ブログも閉鎖して、雑念を払い、意識を仕事を決めることだけに集中する。

8月。
焦り過ぎた私は、なし崩し的に障害者の福祉サービスなんぞを利用することになった。
3ヶ月間。
普通ではありえない低賃金で働き、無駄に過ごした。
やめた時にはもう秋も半ばを過ぎ、初雪は終わり、1週間もすればストーブ必須、雪がつもるような状態になっていた。

今の私の心境。
まるで刑務所から出所した人間のようだ。

ハローワークに行ってやっていること。
1時間以上、求人PCの前で求人一覧を見る(私の通ってる場所は空いているから時間制限が事実上存在しないのだ)。
地元、県庁所在地、東京の新着一覧をひと通り見る。

来ても5,6分で帰るような人も多いが、本当に何しに来てるのかと思う。

毎日通っても、無いものは無い。
「はぁっ・・・」と溜息をつきながら、建物を出て【空を見上げる少女の瞳に映る世界】

なんだこりゃ?

【空を見上げる】で変換しようとしたら、こんな候補が出た。
GooGle日本語入力、ちょっと面白かったから、敢えて変換してみた。

話を戻す。

「はぁっ・・・」と溜息をつきながら、建物を出て空を見上げるのが癖になっている。
まるで、これでは、パチンコに負けて金スラれたおっさんではないか。なんてことを思ってしまう。

2,3日に1回の頻度で、相談窓口で担当者と相談する。
印刷した求人票を見せて、こうだああだと、話をして、応募の手続きを取ったりして終わる。

ろくな職歴のない私に対して、相談される側も心底どうしようもないと思っているんだろう。

「あなたはまだ若い」
「あなたはまだ若い」
こう口癖のように励まされるが、内心、今の日本の雇用状況とか、自分の年齢と経歴を考えると、
こんなの社交辞令にしか聞こえない。

いちおう、建築事務を中心に仕事を探している。

これは、去年働いていた職場が建築業で、その時の経験と知識を考えると、これを中心に探すしか無いということだった。

とはいえ、所詮バイトで働いていただけで、こんなものまったく武器にはならない。

薄給で働いてたせいもあり、いよいよ金もなくなってきている。
もうバイトしかねえよなあって思い始めている。

ところが、今のハローワークの担当者に、「金もないし、バイトの方向で考えたい」なんて言いづらい。

まっとうな方向じゃ、無理じゃないだろうか、おれ。
かといって、またあのろくでもない福祉サービスで働いても仕方がない。
これ以上、時間を無駄にしたくない。

中学2年生の秋から新聞配達を始めて、自分の小遣いを自分で稼いで、自分が買いたいものは自分の金だけで買ってきた。
高校、大学でも、マクドナルドの厨房仕事や、深夜の宅急便の仕分け等の肉体労働をしながら金を稼いできた。

数日前、昔の預金通帳を見たら、大卒後、フリーター2年目の冬には40万円も貯蓄していた。
月10万前後の薄給で、年金も支払った上でのことである。

昔の俺のほうがしっかりしてるなあってしみじみ思った。
というか、俺は通帳を見ながら、貧乏性が染み付いている自分に涙が出た。

まだ若かったから、将来に希望が持てたから、頑張れたんだろうと思う。
でも、当時から、こんな生活長くは続けられないと、色々模索していたこともついでに思い出してしまった。

これだけ頑張って生きてきたが、俺にはなんにも残っていない。

何とかしたいと思っても、どうにもならない。

もう無理だ。

終わります。

なンとかならねぇか!?

8月に親父が勝手にルーターを買い換えてきたのだが、地雷ルーターで困っている。

それまで10年使っていた有線ルーターで不都合は一切なかったのに、動画連続再生してれば落ちる、
配信してれば落ちる、挙句の果てには、何もしてなくても勝手に落ちる。

最悪なのは、PC有線2台以上接続すると、有無をいわさずルーターがダウンしてしまうこと。

あと、iPadやPS3等、接続すると、またダウン再起動になったり、特定状況で必ず不具合が発生する。

それで、イロイロな状況でダウンするのだが、今のところ私のほうが妥協して
使えるようにしてやっている。

おやじがいる間は、俺は一切ネットを使わない。

これで今のところは不都合が出ずに使えているのだが、それは俺が合わせてやっているだけであって、根本的な解決になっているわけではない。

とにかく不便をしているのは私だ。
親父がネット使っている間は一切使えないので、深夜まで待ってネットは繋がない
土日祝日は、一日中使えない。

離席している間に、今のようにゲリラ的に立ち上げたりしているのだが、不便で困っている。

口コミを見てみたら、地雷ルーターで何やっても無駄であるという結論が出ていて、値下がりも激しい。
最新ファームに更新したり、設定いじったりしたが、全部だめだった。

ルータ買い換えるか、昔の有線ルーターに戻したい。無線機能がそもそもこれまでいらなかったわけだし。

まぁ、こういう身勝手な家族で、さっさと家を出て行きたい方面でもイロイロ模索しており忙しくなっている。
配信告知も前もってやれないのはこういう事情があるります。

おわります。

ゲームレビューを続けた10年間を振り返る

2004年4月から、大学卒業とともに、ゲームレビューのホームページを始めた。
これを頑張ってなんとかしようとか、あまり深い意味はなかったと思う。

もう、続けることが出来ないので、節目として10年間を年単位で軽く振り返りたい。

▼2004年
まだプレイステーション2が主力機種だった。ニンテンドーDSとPSPはこの年の年末に出た。
4月から、HPを開設して、ゲームレビューを始めた。
最初期は、レビューとも言えない汚い文章を毎日書いて更新していた(その残骸は未だに数多く残っている)
しかし、きちっとしたものにしようとこの年の10月頃から、ちゃんとした内容に書き換えるようにしていった。

これをはじめなければ、私のゲーム離れは加速して、一般的な人と一緒で、学生卒業とともにゲームをやめていたと思う。

元々大学2年生頃から、ゲームから離れだしていた。
だから、未だにプレイステーション2のレビュー項目が市場規模の割にスカスカなのはそれが理由である。

HP始める寸前に買ったのがPS2のドラクエ5と太鼓の達人春祭り。GWにはピクミン1、2を買って遊んでいた。
クラブニンテンドーの景品、ゼルダコレクションが同時期に配達された。
しかし、私の家に配達されたはずの景品は、近所の悪ガキにパクられるという事件に遭い、再発送してもらったのを覚えている。

2004年春といえば、モンハンの1作目が出たりした時期だ。
ネトゲに半端に興味のあった私だが、FF11でネトゲに懲り懲りしていた私は
当時のモンハンに興味はあったが、やりたくない気持ちも大きかった。
今でこそモンハンは人気シリーズになったが、一作目は私のようなディープな奴らからしか注目されてなかった。

ゼノサーガEP2が出たのもこの年の6月
この頃のRPGは、なんか妙に複雑で、意味もなく凝ったシステムがあって、
そしてそれに戦略性があるとか勘違いされていた時代だった。
それにしても、今思ってもゼノサーガEP2を発売日に定価買いしたが、あまりの手抜きさや当時感じたひどさは未だに鮮明に覚えている。
同日、金八先生も出たが、巷で言われてるほど面白くはなかったな。

11月にドラクエ8が出る。
ドラクエ8をクリアしてからだ、私がRPGを低レベルクリアする快感を覚えたのは。
ボス(DQ8ではドルマゲス)を試行錯誤して接戦で倒して、一気にLVが2,3上がった時に脳汁が出た。
戦歴で「低レベルで倒した」と評価されるのも面白かった。

12月はDSの性能、PSPの液晶の綺麗さに度肝を抜かれたものだ。

この年の12月は、絶頂期だったテイルズの新作、テイルズオブリバースに、メタルギアソリッド3も発売され
とても賑やかであった。

▼2005年
1月、ゲームキューブで名作と語り継がれるバイオハザード4が出た。
ところが、私は金がなく、欲しくても泣く泣くスルーすることが多かった。
ちなみに、同月買ったゲームは、ラジアータストーリーズで、未だにクリアしてない。

3月。シャイニングフォースネオが欲しかったが我慢してワイルドアームズ4を買う。が、当時はターンベースの3やアルターコードFのシステムのほうが好みだった。

4月。天外魔境3、ロマサガミンストレルソング、ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡と手間のかかるゲームが3つもでる。

この頃から、発売日に買ったゲームは、絶対にクリアすると決めたのだった(但しロマサガはSFC版未クリアのため未だに未クリア)。
それまでは、せっかく発売日に定価買いしたゲームも、平気で積みゲーにしていたが、これ以降必ずクリアするようになった。

5月。半熟4。RTSだが手際よくステージクリアするのが楽しかった。ゲーム自体はイマイチ。
6月。ドラッグオンドラグーン2。まだACT下手くそだった私は結構手こずった。それに、三國無双系ゲームが当時あまり好きじゃなかったのもあった。
8月。グランディア3。期待はずれだったが、先読みが必要な戦闘システムで、ゲームのスキルアップに貢献したと思う。
後、テイルズオブレジェンディアが月末に出たが、とんでもない長さで、
夏の暑さと闘いながら、余暇時間の全てを注ぎ込み、気合だけでクリアまで行ったのを覚えている。
ゲームとしてはアレだったが、やり終えた後、、まさに真っ白に燃え尽きた。
9月。発売日に買ったものの受験などで思うように遊べなかったアークザラッド2をクリアする。
10月。とんでもないクソゲーだったコード・エイジコマンダーをむかつきながらクリア。
3DACTの経験がなく、プレイ当時は、それほどクソゲーとは思わないでやっていた。
11月。Xbox360購入のため貯蓄。SSのルナ。ルナ2をクリアしてた
12月。Xbox360のリッジ6とテイルズオブジアビスをやっていた。年明けにはフロントミッション5とキングダムハーツ2等。
この頃は、ゲーム絶頂期で、年末は遊びきれないほどゲームが出て買って遊んでいたものだった。

▼2006年
1月。ダージュオブケルベロス。FPS慣れた今ならサクサクやって評価もまた違っていたのだろうが、
当時慣れてなかったため、結構苦労した。今思ってもTPSであのボス戦は無いと思う。
2月。バテン・カイトス2。低レベルクリアのプレイスタイルとの相性がとても良く、かなり楽しんでいた。
幻想水滸伝5もこの時期だが、ちょうどPS2が故障寸前で電源入れっぱなしでプレイしていたのを覚えている
3月。PS2買い替え。HDD付きのミッドナイトブルー。
FF12が出たのもこの月。MMORPGらしいオフゲーが求められてた時代で、
今思うと、バトルバランスは大味にもほどがあるひどさだが、なかなか悪くないゲームだと思う。
5月。Newスーパーマリオを我慢してPSPのいたストを買う。
いたストはほんとに本体を投げそうになるような出来事が平気で起きる
切れながらなんとかエンディングまで辿り着いたのを覚えている。
6月。ヴァルキリープロファイル2。例によって複雑なバトルシステムがよしとされてた時代で
今思うと、理不尽極まりない戦術を編み出したりしてクリアしてた気がするが、当時はそれなりに楽しんでたと思う
7月。あのゼノサーガ完結編。普通のRPGになってて、無難に遊べるがストーリーはイマイチだった。
11月、物売るってレベルじゃねーぞでお馴染みのPS3発売。
私も発売日には買えないだろうと諦めながら、近所の電気店で抽選販売に応募。この時点で店舗では相当混雑していたから絶対無理だと思っていて、近くにあるリサイクルショップで慰めるためにワンコインのレゲーを買ったりしてた。
しかも倍率の高い60G版。
なんと、抽選にあたり、当時から貧乏だった私は、ソフト込みで60000円以上の買い物を現金一括払いで買った。
12月。ブルードラゴン、ワイルドアームズ5、テイルズレディアントマイソロジー、ドラクエモンスターズジョーカー。
RPGだけでこんなに発売され、とてもじゃないが消化するのに1ヶ月はかかる量だった。
(今ほどゲームが上手じゃなかったし手際も良くなかったため)
全部片付けるまで年明けの2月まで、かかった。



ゲームレビュー活動を振り返るというより、ゲームライフを振り返る日誌になってしまっている
が、ゲームレビュー自体でなにかかけるなんてことはないし、
こういうやり方で昔を振り返りたいと思っている

もっと1年の出来事をて身近に賭けるものだと思っていたが思っていたより長くなっているため、次回に続く

PCエンジン愛好会 #4

今回クリアしたゲームはコチラ

2013_1107_124614_268.jpg

聖竜伝説モンビット。

これが…これが…本当にしんどかった…。

2013_1107_124702_346blog.jpg
2013_1107_124718_871.jpg

LVを見てもらえればわかると思うのだが、さすがPCエンジンのプラットフォーマー、ハドソンソフトのゲーム。
実に、実に、ボリュームたっぷりの大型ロールプレイングになっていて、クリアに時間がかかってしまった。

その過程が面白けりゃ、こんなグッタリしてないのよ!!

血反吐が出るようなエンカウントの高さと、敵の数!!
ひどいところだと、5体とか6体出てきやがる。
おとなしいところなら1体2体でかんべんしてくれるのだが。

しかも、最終的に3人パーティになるが、ドラゴン育てがテーマのこのゲーム。

このドラゴンが戦ってくれるまでがアホみたいに長く、1人パーティで苦労しながら
少ない路銀から、ミルク代を出して飲ませてあやしてやったりしなければならない(実はゲーム的に全く意味のない気がしているが一応泣き止ませてた)

エンカウントの高さはもう、ひどすぎて、4歩あるく度に出る。
運が良ければ50歩以上敵に合わないこともあるが、そんなことはまれ。

それで、肝心の戦闘シーンも本当につまらない。

詳しくははしょるが、
もしかしてこのゲームの計算式、攻撃力-防御力=ダメージ でしょこれ?

会心の一撃が単純に2倍。普通は防御力無視で1.5倍とかにするだろうけど、
絶対に会心のダメージ値偶数だし、防御高い敵に会心ヒットしても、全然ダメージでかくならない。

そして敵もしっかり、強くなるごとに攻撃力は当然ながら防御力が上がってくる。

こうなると、どういうゲームになってしまうのか?!

ちょっと強い敵のエリアに入ってしまうと。

主人公の攻撃→4のダメージを与えた!
敵の攻撃→27のダメージを受けた!

レベルが上がりすぎてしまうと

主人公の攻撃→29のダメージを与えた!
敵の攻撃→1のダメージを受けた!

確かRPGのダメージ計算式の黄金で、1/2にする気がしたが、それが入っていない。

だから、こんな極端な戦闘になってしまう。

魔法は回復魔法以外全く使えないし、しいて言えばこのガチガチのゲームシステムに対抗できるようになるのがゲーム終盤。

戦闘中、道具として使うと、特殊効果を出す装備品の数々。

メガロの剣・・・戦闘中使うと単体に炎属性のダメージ(耐性によるが基準値100前後のダメージを必ず与える)
雷鳴の盾・・・戦闘中使うと全体に雷属性のダメージ(耐性によるが基準値50ポイント前後のダメージを必ず与える)
幻想の髪飾り・・・戦闘中使うと単体を必ず眠らせる(同じ魔法があるがMP使う上にミスする場合がある。つまり必中のうえMP消費無いため強力)
回復の杖・・・戦闘中使うと使用者のHPが20回復する
××の鎧(名前を忘れてしまった)・・・戦闘中使うと使用者の攻撃力2倍(なんかそれっぽい名前の鎧だからすぐわかる)

このゲーム、マイナーすぎて攻略サイトが無いのだが、
これらの装備品がゲーム中盤頃に順々に手に入る
戦闘で今の道具を駆使すれば、かなり楽に経験値稼ぎをせずに先へ進める。


ドラゴンの育て方。

説明書も曖昧でわかりにくいのだが、

ゆうき・・・命中率に影響するので3ポイントは欲しい
かん・・・後列の敵にダメージを与えるキックを覚えるがいらない
ガッツ・・・3回連続攻撃等様々な肉弾攻撃を覚える。重要
ちえ・・・3ポイントないと魔法を使ってくれないので必要。
あい・・・威嚇したり回復(30ポイント前後)してくれたり、かばってくれたりする。重要


しんどかったら、特に序盤はもう、レベル上げしか、有効な攻略法が本当に存在しない
そのさい、弱めで楽に倒せる敵を選ぶことがオススメ
というのも、多少強い敵を苦労して倒しても、たいして経験値やお金が入ってこない
無傷で短時間に沢山倒せるザコを乱獲したほうが圧倒的に早い


このゲームもリアルタイムで持っていたが、ほとんどやらないまま、親父がクリアして売却されていったが
なんとなくそれがわかるゲームだった。

鬼の首取ったように批判されているのはなぜなのだろうか…スタミナ課金

唐突だが、私はケータイを持っていない。
ケータイを持っていないから、当然スマホも触ったことがない。

マジだ…。マジである…。60過ぎのジジイならあり得る話だが、自分を自分で化石人間だと思っている。

使わないものに金を払いたくないから、持たないだけ。
田舎で暮らしている以上、極端に不便することもない。

で、その前提を踏まえた上で日頃思っていること(は、たくさんありブログに記していきたいのだが時間がなさすぎる)。

ソーシャルゲームの、特にガチャ課金、スタミナ課金、そしてカード集めやら、ゲーム性の薄いゲーム内容

いずれも叩かれまくっているが、
実は私。今の風潮がそんなに嫌いではない。

なぜか!?

私は、レトロゲームを愛する、古風なヘヴィゲーマーである。
しかし、私は、ゲームの中でまで苦労したり努力したりするのにもううんざりしていた。

もちろん、そういうゲームが嫌いじゃないし、今も、今で言う「切り売り型」ゲームも楽しんで遊んでいる。

ゲームとは、
昔から、ゲームクリアを目標に、ひたすら試行錯誤と努力を繰り返すものであった。

だが、私はそんなゲームばかりにも一方で嫌気が差していた。

以前、ゲーム配信していた頃の、私のぼやきを聞けばわかるが、
マリオギャラクシー2では、しんどいステージでは素直に「しんどい。これいらない」って
コントローラーを置かなくとも、良くそうやって根負け発言をする。

クリアしても「…なんか疲れただけだわ、これ」って言うことも多い。

この発言の真意は、つまりは、そういうことなのである。
(ちなみに任天堂とマリオの名誉のために断っておくと、マリギャラ2は大いに楽しんだゲームだ。3Dランド2だとかNewマリオで手抜きばっかりしてないで、コテコテの3Dアクション…2Dでも構わんが。きっちりしたのを早く作れと言いたい)

ブレイブリーデフォルトというゲームがある。
廉価版が12月に出るのだが、3DSゲームでは珍しく、スタミナ課金を導入したのだが、ツイッターではなぜかやたらと叩かれている。

叩かれる理由は簡単で、コンシューマーゲーマーに支持されてるゲームで、その層が最も嫌うことを実験的にでも導入してしまったからだ。

廉価版でこれだけ叩かれるのは、続編でも同様のシステムを取り入れることが想像できるからなのだが、
それにしたって、私から見て、反対派の意見はどれも、ナンセンスにしか聞こえないから困っている。

“廉価版”に限っては、無印を体験済みの人が主に文句を書いている。
しかし、プレイ済みなら、ゲーム内容をわかってるはずで、スタミナ課金するほどキツイゲームじゃないのもわかるはず。
(それどころかゲーム後半なんかあくびがでて寝てしまうほど退屈なゲームであった)

なにより、中身を知っているのだから、経験者にとっては全く課金する要素などない、
未プレイ者でも、攻略が出揃っているので、どうしても金払いたくなければ、攻略サイトでも見ればいい。

おまけに、スタミナだから、時間でポイントが溜まっていき、課金しなくても時間を犠牲にして使うことができる。

課金制度を入れることで、ゲーム性が壊れる、など仰々しい意見が出ているのを見ていると、思う。
「はぁ・・・その崇高なゲーム性とやらは、何を根拠に言っているのやら・・・」

昔のファミコンソフトなど、理不尽で、クリアできずに断念したゲームは数多い。
それを小銭払って解決できるのなら、それもひとつの手段としてありなのではないか?
私はこう思っている。

→金を払ってクリアする。
→金を払わずあくまで自力でクリアする。

この二択の選択肢が出来ただけであって、それ以上の意味はないのではないだろうか。

コメントでちょっと話したことだ。

1989年。PCエンジンでニュートピアというゲームが出て、そこそこ楽しかったので、終盤までプレイした。
ところがラスボスらしきところ(確かでかい亀みたいなやつだった気がする)がどうしてもクリアできなかった。
当時、ゲーマーの腕としては頂点だった親父。そしてまだ幼くゲーム下手だった私。
2人がかりで交互に挑戦してもどうしてもクリアできず、そのまま売り払われてしまった。

これを金の力で突破できたのなら、おそらく当時の親父は、金を払ってでもクリアしたのではないかと思う。

もう、何時間も挑戦して、満身創痍。悔いはないところまでやっても、クリアできなかった。



あと、私。ゲームレビューとかカッコつけてやってたけど、ゲーム内容にはあんまりこだわりを持ってない。
面白ければそれでいい。手段は問わない。

なんかつまんない、退屈ってのは、何か原因があるからだ。
ステージ構成が悪いとか、なんか単調で、ゲーム内アイテムの価値の優劣が出来てないとか、つまらなくしている理由は、実に身近で些細なところにあることが多い。

それで、ボタンポチポチ押してるだけでも、なんか反応があって、リアクションが返ってくる
そのリアクションが面白く感じられるのなら、それは面白いゲームでいいと思っている。

いわゆるソーシャルゲーム然としたゲームは、ヴィータ版のミリオンアーサーしかやったことがない。
だがあれはダメだ。ヴィータであんなもの遊べたもんじゃない。課金は面倒だし、本体は大きくて気軽に遊べたもんじゃない。
ああいうのは小型のスマホだからこそ楽しめるものだと感じた。


暇つぶしにちょこちょこ遊ぶ。ゲームらしくないゲーム。いいじゃない。
私が中途半端にネトゲに手を出してたのも、色んなゲームに触れたいがため。
ゆるいドラクエ10が長続きしたのも、このへんの思想によるところが大きいのではないだろうか。

クリアするためだけに、努力を強いられるだけがゲームじゃないだろう

そもそも、スポゲーなんて、1年後にはデータが古くなってごみとなる。
(まあ、私みたいに、野茂が日本にいた頃やクロマティが巨人にいた頃の野球がやりたいとか言う奇特な人以外は、まず旧版は触れられることはないだろう。誰だって最新データで遊びたいものだ)

楽天優勝の次の日、たまたま電気店に用事があって立ち寄ったら、ものすげえパワプロが売れていた。
でもあれも、価値があるのは今だけで1年後には新データバージョンが出れば、多くの人からすれば価値がなくなる。
そしてスポゲーなんて、ゴールもないし、気の済むまでプレイしたらポイだ。


ほんとに、携帯ゲーとかソーシャル、リップサービスできらいじゃないよとか言ってるわけじゃなくて、
私の思想的にはこういう考えがあってこそのものだ。


ちなみに、実際ケータイを持ちだして、はやりのソシャゲを遊んでも、
無課金を徹底するなんて意思の強いことはしない。

逆に散財するってこともないが。
ここで、さんざん無課金で頑張ってきたが、もう無理。これは課金しないとってときは課金するだろう。

ガチャ、スタミナ、これらの課金。
いい大人で自制心をコントロールできる人であればあるほど、そんなに毛嫌いされるものだとは思わないのだが。

自称ゲームを愛する人からすれば、金で解決できることが相当腹ただしいのだろうか。

RPGのネトゲでもそうだが、コンプリートや一番取れなきゃ嫌なんだろうか。

旧来のゲームは、ゲームをコンプリートするためには時間を使うしかなかった。
それがお金に置き換わっただけだと私は認識している。

スタミナ課金だって、いくら暇人でも一日中同じゲームずっとはやらないでしょう?
金払ってまで今は遊びたいってときに、軽く課金すればいいんだろうし、ゲーム会社だってほどほどを想定しているんだとは私は思っていますよ。

こういう考えを持ってしまうのは、中途半端にゲーセンへ出入りしていたからだろうか・・・。

そんなに、ワンプレイに金を継ぎ足すことに、抵抗感はない。

眠れない日
勢いに任せて書いてしまったため、論点がずれまくりになってしまったが、いい。
このブログで書かれる文章は、こういうノリだ。

寝る。

やるべきか、やらざるべきか…

10月31日で、ようやく奴隷待遇の仕事が終わって、再び仕事探しという地獄の日々が戻ってきた。
この件については、また別の機会に詳しく書くとして。

ドラクエチームシナリオスタッフ募集

予定がなくなるタイミングでの募集の告知。
これに、運命的なものを感じ…  ないな別に。たまたまでしょう。

やるべきか、やらざるべきか、ちょっと迷っている。

というのも、大手企業の一線級シリーズの大々的な募集
こんなもの、応募資格があったとしても、そして、いかに契約社員と言ってもである。

高学歴あるいは経験者、同人実績のある人、コネのある人で、上位を占めて、
年齢的にも経歴的にもマズい、私のような半端者が入る余地がないのがわかっているからだ。

とはいえ、アテがないならな、ちょっと出すぐらいやってみろよと人は言う。

20代の頃、さんざんやってきたんですよ。企画屋はそもそも応募資格がなかったから出してないが、ゲームライターには結構出してる。
ファミ通、電撃、インプレスウォッチ等。

地方住みってのもハンデとしてかなり大きく、よほど私が欲しいと思わせるものを持ってないと、こういうものは通らないことを、何度も失敗してわかっている。

そしてもう、勝算のない、現実味のないことに気力を使っている余裕もない。

後、本音を言えば、これぐらいの歳になって、仕事でゲーム作りに関わることってこと、
中学の同級生がゲーム屋で、どういうものなのか聞いている。
10代20代のモノ知らない頃みたいな、夢で憧れの仕事と思って迷っているわけではない。

それに、ゲームとは、できれば客として関わってたいなってのが最大の本音。
あと、ドラクエなんて、自分が一番わかっているが、スタッフが優秀だから、自分の身の丈に合ってない。

じゃあなんで迷っているんだっていうと、地元で仕事探してたって、まともな会社は書類だけで終わるし、
面接も何度も落とされている。
20代苦労したフリーター話をしても、悪態つかれてブチ切れ寸前になる面接に何度もかち合ってきた
つーかこれからは、そういう社長面接があったら、キレて帰ることにはっきり心に決めた。

こういうことが裏であったから、どうしようもならなくなって障害者の作業所みたいなところに行きだすことになったわけである。

傍から見ると、実にクレイジーなことをやってるな、アホかお前はって言われるだろうが、
そうせざるをえない状況に追い込まれていたからでしかない。

好きで博打やるわけじゃあないが、一発逆転賭けるしか無いわけですよ、私はもう。
あの10年やってきた、ゴミみたいなゲームレビューに活路を見出すしか、生きる道がない。

あんな日誌みたいなゲームレビューに価値を持ってくれる人がいるわけがないが、
ちゃんと10年独学でやってきたという事実だけはそこにある。

一応、こういう募集を“ニュース系サイトで見たくもないのに見てしまった”ので、課題について少し考えた。

2つあるが、昨日1日ちょっと考えたら、もうアイディアは出た。

課題1はそもそも、私がいつもブログでグダってるノリで書けばいいが、
課題2のしなり作成。これについても、プロットなら出来た。
でも1600文字に収めるのがかなり厳しい規模になっている。

制限1000から1600ってキツイって思う人が居るかもしれないが、小説に限っては
原稿用紙4枚分で起承転結まとめるってのは、そうとうしんどい。

ゲームレビュー買いてた頃、ちょっとした短文だと思って買いても、すぐ2000文字超えちゃうぐらいなので、そのシビアさは実感している。

コネとまでは言わないが、有識者が、勝てない勝負ではないという助言でもアレば、やってみる気にはなりますよ。
ただ、私がこれに応募するっていうのは、客観的に考えて、かなり非現実的だと思っているだけ。

仮に選考を通過したとしても、今度は2次3次面接などで交通費などの負担がかかってくる
慎重にならざるを得ない。

終わります。
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。