スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の今の人生観と、日本の将来について きしもとさんへ

前回書いたきしもとさん向けのブログ記事が読まれたそうなので、個人あてにメッセージを書いていました。
ところが、なかなか長文になってしまったため、ブログで公開記事にすることにした。
公開用に、多少変更している箇所があります。



きしもとさんへ

多感な考えに賛同できないっていうのは、どうしてこんなことで悩んでいるのだろうと思うからです。

私がぐちゃぐちゃ言ったってしょうがないので、私が「皆さんに伝えたいこと」のカテゴリーで紹介してる
堀江貴文の動画を見てください。
2つ紹介してますが、きしもとさん向きなのは、近畿大学卒業式でのスピーチの方です。


一回二回見ただけでは、なんでこんなこと言ってるのか理解出来ないかと思いますので、納得行くまで何度か見てください(聞いてください)。
もしくは、時間の無駄だと思ったらそこで切ってください。それは、自由です。

後は、それで、この人に興味を持ったなら、堀江貴文が喋ってることの違法動画がたくさんあるのでそれでも見てください。
本当なら、著書でも数冊読んでもらったほうが効率がいいかもしれませんので、どっちを取るかはお任せします。
(本なら、堀江貴文「ゼロ」というのが評判がいいみたいなので、そっちがいいかもしれません。本屋にはたぶん無いです)
そうすれば、言っていることがなんとなく理解できると思います。

今の時代、就職して生きていくというのは、もしかしたら起業するか、それと同じぐらい、ある意味大変な時代になっていると私は感じています。
(入るのが大変というだけじゃなくて、入ってからも業務効率化とかで大変な会社が多いという意味です)

大変になってきたのは、もっと早くて就職氷河期と呼ばれた2000年に入った頃からだろうとおそらく思います。

だけども、私が20代かそこらの若いころっていうのは、就職するしか道がないからそれをやるしかないんだという価値観でした。
今は、2015年の今になってくると、その風向きが、僅かずつでも変わってきていると、感じています。

堀江さんは、動画では就職否定派みたいな言い方をしてますが(卒業生に違う価値観を与えるために敢えてそうしてるんでしょうが)、
就職することがまず大変な時代に、きしもとさんは就職できる力を持っているのだから、まず、頑張ることだと思います。
頑張るのが嫌なのに、嫌々そうしてるとかって言うところまでは他人の私には面倒見切れませんので、その先は自分で決めてください。
(入社時はバイトで、正社員となるかはわからないとおっしゃってますが、文章を読む限りではそのまま正社員か準社員か、行くと思います。様子見をして試してるだけだと思われます)

私が今、ブログに戻ってきて更新したり、動画投稿したり、色々やっているのは、この堀江貴文の卒業式動画で言ってることを実践しているだけです。

自分で情報を色々見て、仕入れて、思ったことをすぐブログに書いて、やりたいことを毎日発信し続けて、Youtubeに動画を上げて。
どうやったらもっと自分に興味を持ってもらえるかとか、まあそんなことを考えて生活してます。

私はそれをやるしかないから、やっているだけです。疲れます。辛いです。思ったようにいかないし、先が見えないので。

だからまたいつ、ふらっと家を出て放浪生活をして、のたれてくたばるかもしれません。が、それはわかりません。

もう今、自分がやりたいこと、楽しそうなことを、探して見つけて必死にそれだけをやり続けるしか無いからです。
私は器用じゃないので、そんないいところに面接受けに行って受かったことはありません。入れても、誰もが嫌がるようなキツイ仕事ばかりです。

長くなりましたが、あと一つ二つだけ。

これは生の声を聞いたわけじゃないので、間違ってるかもしれませんが、もしかしたら今の若い子たちってのは、ある意味強敵かもしれません。

数年前ぐらいか最近までは(今もかな?)、ゆとり世代とか言って、その考え方を馬鹿にしていましたが、その生き方は侮れないと私は思ってます。

今の若い子(20歳以下)は、生まれた時からネットがあって動画があって、という世代になりつつあります。
30過ぎても、フリーターでプラプラしてるおっさんとか昼間からダラダラしてるやつとかを彼らは当たり前に見てる。

この人達は、苦労して生きようっていう選択肢が無いです。おそらく。
就職して親を安心させて、安定した生活を送って、手堅く生きていくという考え方自体が、たぶん無いです。

じゃあ、将来どうするのかって言うと、なんか楽しそうな仕事を探してきて、楽しそうな仕事をやろうとすると思います。

私が子供の頃に、漫画家になりたいとかタレントになりたいとか、声優、ゲーム開発者になりたいとかいうと、何寝言いってるんだって言われるような仕事

キツイけど楽しそうな仕事を選んで、そこに向かって頑張っていくと思います。
職業とはいえないもの、動画投稿者とかそういうもので生きていくかもしれません。

彼らに共通するのは、殆どの人はつまらない仕事を選ぼうとしないと思います。

いま、若い子は、アーティストの作った歌を聞きません(全員ではありませんが)。CDなんて買ったことがないでしょう。
私が若い時には考えられませんでしたが、レンタルDVDのアニメコーナーに若い女の子や若いカップルが普通に出入りして物色してたりしている。

今の若い子は、ボーカロイドが歌う曲を聞き、ネットで活動している歌い手の歌を聞く。
そういう人たちが、社会を担う時期がもう、すぐ近くまで来ています。

私がメールで教えるまでもなく、そんなこと知っているかもしれませんが、恐るべき時代に突入してきていると、いうことをお伝えしたかっただけです。

最後になりますが、私は結婚とかモテたいとか、可愛い女の子と付き合いたいとか、それ系の悩みを一切持ったことが無いです。
自分が好きなことをやることで手一杯だったからです。
一度も全く考えたことがないかと言われると嘘になりますが、まあ俺には縁がないなと思って、いわゆる普通の10代20代の生き方は捨てて生きてきました。

きしもとさんも、それぐらいの踏ん切りが付いて欲しいです。

それに気づいて欲しくて、こんな失礼な長文メールを送っています。

趣味の話は一切書いてないので、わかりませんが、何か死ぬまでにやりたいこととか、そういうことがあるのだろうと、絶対あるのだろうと思うんですよね。

私は、これまで好き放題生きてきたので、どうしてもやっておきたいことというのは8割以上達成しました。

そのやりたかったことっていうのは、他人から見たらなんと馬鹿馬鹿しいということです。

学生時代に読んでたゲーム雑誌で、どうしても遊んでおきたかったゲームを買い集めて、気が済むまで遊ぶ
たったこれだけです(といっても何百本というレベルになりますけども)。

今やりたいことをやってるとか、好きなことをやってるってのは、全てこれの延長上にあるものだけです。

だから私は明日くたばってもいいなあとか、思っているぐらいです。
残り2割に心残りは勿論ありますが、そこを追求して生きながらえてるようなものです。

それぐらい私は気楽に生きて欲しいと思っています。
なんとくだらないやつと関わってしまっただろうと、かなり後悔してしまったのではないでしょうか?

それではこの先、大変なこともあるかと思いますが、頑張ってください。




追記

最近テレビやネットを見ていると、本当に思うのが、この数年はおそらく、日本は、アニメの日本、ゲームの日本と言われることは確実だと思っている。

ドラマを見ていても、まるでアニメのような描写が増え、アニメのようなファッションをしている人がテレビに出て、声優が普通に違和感なく他のタレントと同じように出演していたりする(これは個人的にはもっと早く来ると思っていた)

ゲームの日本というのは、ちょっと世界からすると注目されてないと思う。注目されていたのはむしろ昔のことだ。

アニメの日本という世界になっていったのは、グローバル社会を迎えて、日本の強みが、強いコンテンツがまさにアニメだということだ。
この流れは、さらに加速すると思うし、少なくとも数年間は、日本のアニメという存在感が圧倒的なものになると思っている。
もしかすると、数年後には、テレビドラマという枠が減少し、そこには普通に深夜アニメ枠でやっていたアニメが放送されているかもしれない。

それだけ、世の中の流れが、変化していっている。

ミュージックステーションに初音ミクが出たり歌い手が出たり、ボカロPが当たり前のように出演する日もそう遠くないと思っている。

俺達は、それについていかなきゃならないんだ
そして、楽しく生きていくためのヒントは、そこら中に転がっている。
既存の価値観や常識をまず捨てることから始めるしかないんだ。


初音ミク「千本桜」
2012年2月の公開から3年で715万再生を突破。
高評価は19000位上獲得。書かれたコメント数は2200件を超える。

数ある人気アーティストを軽くぶちぬく世界最強の歌姫
今の少年少女はこのような歌に感動し、そして大人になる。

新しい価値観から目を背けずに、まずこの事実を受け止めることから始めるしか無いということだ。

終わります
スポンサーサイト

それでもたまにくたばりたいと思う時がある

前回の更新から1ヶ月以上が過ぎ去り、気がつけば夏が終わり寒々とした時期がやってきた。

この夏、いや、夏も終わりの時期から、俺は暫くの間は、とにかく久しぶりのバイトに勤しんでいた。
それに、夢中になっていたら、気がつけば秋も深まっていたという方が正しいのかもしれない。

最初は、半袖でちょうどよかった服装も、本当に気がつけば、何か羽織るものが欲しくなるような気温になった。
忌々しい暑さがおさまって、過ごしやすい季節に突入していた。

さてブログである。

実はこのブログは、自分でもどう扱っていいのかわからなくなってきていた。

何か、ブログって見てるんだか見てないんだかわかんない状態だし、自殺宣告する前はグノシーでバズった効果もあってか
人も来てたようだが、今は頑張って更新しても大した反応もなく、モチベーションも落ちきっていた。

そして、最近もう一歩踏み込んで考えたのが、「このブログに何を期待して見に来ているのだろう」ということだった。

そういうことは、これまで一度も考えたことがなかった。

好きな様に更新して好きなように書き続けて5年。
その間に、なんかわかんないけど、色んな人が来て、いろんなことを書かれて、言われて、
今のこのブログの状態は、まるで台風が過ぎ去った後かのようだった。

こうやってブログだけを残していて、ふらっと戻ってきて突然気が向いた時だけ更新という状態でも
まれに反応が来たりするので、動画の宣伝とか、そういうのがてら、やっているような感じになっている。

さて、ブログである。
やはり5年もやってくると、読者が何を期待しているというかが、今の状態だと凄く気になってくる。

なぜかというと、自分の思ったように更新するスタイルがそもそも行き詰まってきた。
つまり、読者の求めるものというのをテーマにすることで、ブログを更新するきっかけになる。

自分の中だけで何を書いていくか決める場合、ほんとうに困ってしまう。

ゲームの話がいいのか、人生の話がいいのか、ドラクエ10とかFF14のネットゲームのプレイ日記みたいなのがいいのか

お母さんが「今日の晩ご飯何がいい?」って聞いて「何でもいい」って言われた時の心境そのものなのだ。

そこら辺がわかってきたらブログの方向性も決まってきて、定期更新ができるようになると思うが、まあ今の状態だとちょっとどうなるのかわからない。

個人ブログのような勢いに戻ってきたので、今日のところは好きなように書いてもいいのだろう。いや、書く。




良くブログの訪問リストに載ってるから、良く見に来ているのだろうが

The world is shit

きしもとさんまずは就職おめでとう

まあ俺のブログはなんか関わりづらいのかわからんが、直接アプローチしてくる人が本当にいない。
そしてこのきしもとさんもその一人だ。

直接絡んでくれたのは、今はもうブログの更新もしなくなったしきいしさんぐらいだ。

まあ、きしもとさんの話に戻る。

俺も貴方のブログをたまに見ていたが、残念ながら貴方の多感な考え方に全く賛同できない
そして、その逆に、俺のみっともない生き方に、イライラする一人なのだろう。

時期的に、俺がバイト行きだしたのを影響されて面接試験を受けたのかはわからないが、そうだと俺は勝手に受け取った

今度の仕事は辞めそうにないみたいだし、貴方は貴方の幸せを掴んだんじゃないだろうか

俺には、他人の人生の価値観や生き方に口出しできるほど、元気もないし余裕もないからこの一言しか言うことが出来ない。
……頑張ってくれ

(3年4年前だったら、元気も余裕もあっただろうし、そもそも直接関わってこなかったらどうこう言うこともなかったろう)




前のエントリ記事で書いたことだが、今年の春先に、俺はホリエモンが「楽に生きる方法」ということを喋っている動画を見て、
気持ちが楽になって、生きながらえているというようなことを長々と書いた。

その詳細記事は、そっちで読んでもらうとして、今の俺の心境を書きたい。

俺はホリエモンじゃないし、ホリエモンの完全なイエスマンでもないから、ホリエモン教祖の信者というわけじゃない。

だから、気が楽になったと言ったって、今でもたまにくたばりたいなと思う時がある。

そもそも俺が、このブログを始めたのが2010年9月。
もう丸5年も前の事になる。

本格的に更新し始めたのは2011年以降だから、実際は開設しただけだ。

ただ、ブログ開設の動機は、動画配信を引退して寂しくなったからだ。

今も、昔、楽しそうに動画配信をしていたときの動画を、全てではないが手元に保管してある。
本当は全て記録していたのだが、外付けHDDがクラッシュして、そこに保存していた分は消えてしまったのだ。

最近、急にまたその頃の動画を見たくなって、DVDに保存したぶんを取り出して、少し見ていた。

2007年夏 27時間配信に挑戦した時のこと
2009年春 仕事辞めたその日の夜中にゼルダの伝説 時のオカリナをクリアするまで寝ないとか言って
勢いだけで配信をはじめて、19時間ぶっ通しでプレイして、夕方6時に力尽きた時の動画

他にもいっぱいあるが、とりあえず、ピックアップできる偉業ともいうべき行為はこれぐらいだ。

19時間もほとんど休まずゲームをやったのは、2009年のこれが人生で最初で最後だ。

まあ、当時は当時で悩みをいっぱい抱えていたのは、今でも覚えている。

例えば仕事がキツくてやめたとか、動画をYoutubeに上げたけど中々見てもらえないとか
動画配信してても視聴者が思ったように増えてかない
金が欲しいとか、まあ色々だ

ところが、この頃、25,26歳ぐらいの俺

今の俺よりも、圧倒的に楽しそうで充実してるように見える。

やっぱり大きいのは、動画配信をして、100人かそれぐらいの固定客を獲得していたからじゃないかと思う

リアルで嫌なことがあって失敗しても、ネットの世界にこもれば、俺にはこれだけの実績がある
みたいなものがあったんだと思う

そこで俺はこの動画を紹介したい。



これはビートたけしが、生きる意味についてラジオで語っている。
Hideが自殺した時のものだ。

実はホリエモンの動画に出会う前に、この動画と出会っている。

俺は、この動画を見た時に、強い共感を覚えて、やり残したことやるだけやって死ぬかって、本気で思った

だからブログだって放置したままだし、引きこもって遊び呆けてたわけだ。

この動画の最後の方までぜひ飛ばさず聞いて欲しいが、どうしても面倒くさいなら
俺が伝えたい部分だけを言う。

生きる意味って何だ?

金稼ぐことか?
楽しいことをして生きることか?

生きなきゃいけない理由ってなんだ?

そんなことをビートたけしが言う。

最初のほうでビートたけしが言っているが、バブル時代いい思いしたおっさんたちが
バブルはじけて苦しい思いしてまた這い上がらなきゃならなくなったとき、やっぱ死にたくならないか?ってとこだ。

今の俺はまさにそんな感じだ。

昔、なんだかわからんが、楽しい思いをしていたが、今は何か楽しくなくて苦労しなくちゃいけないことしか目の前にはない。

そもそも俺が、ブログを始めたのが後ろ向きの理由だ

動画配信がうまくいかなくて引退配信をした

そしたら、荒らしやらアンチやらがバンバン配信を荒らしまくって、最悪の終わり方をした

そこに俺は、人間の悪意というものを見た

それで、その時の俺は二度と動画配信とか動画なんてやるか!!って心に固く決めたものだった。

だが皮肉なことに、俺という人間は動画配信をやっていた頃のほうがいい思いをして楽しく生きていた。


こういう話だ。

それでも楽しく生きていこうというのが、その後に出会ったホリエモンが動画で語っていたことだ。
見方さえ変えれば楽しく生きれるようになる

その一つに、金なんかなくたって、生活費なんていくらでも切り詰められるとかそういう話を聞いた時のことだ


だが、俺は残念ながらホリエモンじゃないので、そこまでその考えを全共感できるわけじゃあない。
ホリエモンだって、一度刑務所に収監されて転落した人生を送ったりしているが、ひとまず他人のことは置いておこう

ここでは俺の話だ。

昔、楽しい思いをしていた時のことを、たまたま過去を振り返ってしまうと
それを現在の自分と比べてしまって、「あの時楽しかったのになあ…」となって

今でも俺はくたばりたくなるときがある。

今がんばって、昔と同じほどの楽しい思いするまで這い上がるにはどれだけの努力をしなければならないのか
どれだけの時間をかけなけりゃならないのかっていうのを、このブログが一番見られていた時のことも含めて

そういうのを頭のなかで見積もりを立てようとすると、全てのことが嫌になってしまうのだ。

この気持ち、理解できる人は果たしているだろうか?

終わります。
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。