スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームレビューとは????

岩崎啓眞氏がゲームレビューについて記事を書いている

ゲームレビューについて

リアルタイムでイースI・IIや天外魔境IIを楽しませてもらったから(凄ノ王伝説も今やるとイマイチだけど当時は好きだった)
好きなクリエイターの一人だったのだが、この記事にあんまり共感は出来なかった

まだ全文書いてないから結論が出ていないけど、私の考えていることとは違う方向に話がずれていくと思う



いま、リアルがひどく立て込んでいて、あんまり時間をかけて長文とか書けないんだけど



この人は、昔っから雑誌でレビューを仕事で書いてきたから、
なんとなく、雑誌でゲームレビューを読むという前提でモノを書いてる気がする

いま雑誌でレビュー記事読む人なんて、読む人の方が少数派だと思う
それに、文字数や掲載スペースで制限の多い雑誌より、長文を載せやすいネットの方がはっきりいってレビュー向きの媒体だ

で、こんな長々とゲームレビューの定義を書いているのは、権威のある人だから説得力があるのだが
11年間無報酬で1000本以上ゲームレビューをWebに刻んできた(好きで無報酬でやってたわけじゃない)私としては
納得の行かない箇所が非常に多くある



まず、私が以前書いた一歩踏み込んだレビューの書き方(何日もかけて1万文字の長文を書いたがすでに誰も見てないが)
そして著名人が同じテーマをブログ記事にして、私の文章はさらに埋もれていくというわけだ
まあもういい、ネットでたくさんの人に読んでもらおうなんて、今の時代もう諦めている
このブログ自体も、愚痴の日記帳に成り下がってて、力をいれる気ももうない

ここにも書いてるのだが、ゲームに採点するっていう行為自体が個人的にはナンセンスだ

購入の指標とかわかりやすい材料がないと売りづらいってことなんだろうが、それでも駄目だ

私がゲーム雑誌全盛期に崇拝してた徳間書店系のゲーム専門誌
この雑誌は、売れなくなる末期まで、発売前レビューをかたくなに拒んできた
点数をつける行為も、疑問視しており、安易に得点をつけることをしなかった

私はこのスタンスがいまになっても大好きなのである

それになぜ、採点行為をこれだけ否定しているのかというとちゃんと理由がある

素人の世界は別にして、いろいろ制約のあるプロの世界だとしても不利に働く

点数をつければメーカーチェックで色々言われるだろうし、そうなると本当のことが書けない

これを、採点行為をやめて文章だけで受け手に意図を伝えようとすると、この辺が曖昧になってごまかせるようになる

メーカーチェックが入って、「言い過ぎだ」とか文句を言われても、「でもここでちゃんと褒めてるじゃないですか」
と言い返せるというわけだ

なんにせよ、書き手が結論というか、全てを決めてしまうのは読み物として駄目だ

私はこうだから面白いと思った、出来が良いと思った、では貴方は???


こうやって読み手に結論を求めればいい


別にいわさき氏のことを嫉妬したり非難したりするつもりではないが

ゲームレビューの書き方なんて、前にも書いたがこの一言で決まる

面白いと思ったことを、なぜ面白いと思ったのか順序立てて説明すること
逆に、
つまらないと思ったことを、なぜつまらないと思ったのか順序立てて説明すること

(できれば、無駄なく濃い文章にする)

この2点に集約される

個人的好みをここに挟むのは基本的によくない

前にも書いたが、一定のゲーム知識を持っていなければならないし、ゲームは一般人より上手じゃなきゃ駄目だ

本当はこういう意見に、なぜか?と解説を入れたいのだが、とてもじゃないが今の私の状態では
時間をかけてじっくり文章を書くことができないので割愛する

たとえばスポゲーを批評するとき、本当の野球やサッカーを知らなきゃまともなレビューは書けない
また、レビューするジャンルについても、ある程度本数をこなしていて、一般的な知識を持ってなければならない

三國無双をしらんやつが、似たゲームをレビューしてもきちんとしたものは書けない


あと、このエントリの後半で
今のゲームと昔のゲームと切り分けてるけど、私はこういうレッテルの貼り方が一番嫌いだ

勿論レビューするときは当時の感覚を意識する必要はあるが
面白いものは今も昔も面白い、つまらないものは今も昔もつまらない
当時面白かったけど今やってみるとつまらないってゲームは、上っ面の見た目に騙されてただけだ
(ちょうどいま私がやりなおしているFF7なんかその典型だ。。。最も当時から私はつまらないゲームと思っていたしマニアが集まる当時のネットでは評判の悪さが目立っていた)

今も昔も関係ない

今のゲームはたしかに、昔のゲーム2,3本ぶんのシステムが入っているといっても言い過ぎでない

ぜい肉の部分を抜き出して本質だけを評価すれば良いのである

それでも、どう頑張っても最近の大作ゲームは、長文になってしまう傾向にあるのだが



とりあえず時間が取れないのでこのあたりで終わる
私のゲームレビューに対する、言いたいことはひとしきり書いたはずだし

文章は長ければいいというものではない




大事な事だからもういっかい書く


11年間無報酬で1000本以上ゲームレビューを執筆してきた私の境地はこれだ

勿論ゲームは全てきちんとクリアといえるところまでやってから書いているし
1本の文字数も2000文字から1万文字程度の中長文になっている

そして、このブログ内にそのホームページへのリンクも張ってあるから興味があったら読んでみて欲しい

今はグーグル村八分にされて、グーグルランクも0
見に来る人も1ヶ月で500カウントすれば良い方という過疎地だ



このゲームレビューアーも、リアルがうまく言ってれば趣味として続けていけたが
無報酬でこれを続けることは不可能となり、今はなかば放置状態になっていしまっているし

家にあるゲーム1500本、ゲーム機も処分しなければならない状態になっている

ちゃんと収入があって、趣味として続けられればよかったのだが、もう限界に達している

社会が、私が頑張ってきたことを必要ないと判断したのだ

終わります
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。