ネットラジオに投稿したはがきが採用された

仕事してなかった頃に、ネットラジオによく出していたはがき(メール)
そのうちの一通がとうとう番組内で読まれた

出してから2ヶ月経っていて、諦めていただけに読まれた時、不意打ちを食らったようでびっくりしたものだ

あの番組に出していたメールは実質2通(1通はクレームとかいちゃもんだったからノーカン)

その番組はあまりはがきを読まない番組なので、他にどれほどの人が投稿しているのかわからないため
競争率などがはっきりしない

口では沢山メール来てるって言っているが、本当はあまり来ていないような気がする
なぜなら、全然はがきを読まない番組だからだ

今回はいわゆる普通のお便りだったので、これからはもっとネタ系に挑戦していきたいと思っている

ちなみに、ラジオ番組は仕事前、帰ってきてから聞いているが、
楽しみにしている番組が木曜、金曜に集中しているのが悲しい

週明けの3日間でお気に入りの番組がないため間が開いて退屈になるのだ

いま一番のお気に入りラジオは、リライト風祭学院支局だ
FF10のティーダ役をやっていた人と斎藤千和の2人のラジオだ

この2人、特にトークが面白いわけではない と書くと失礼になるのだが

面白さで言うとバカテスの破壊力にはかなわないのだが、最近あそこは低年齢化が激しくて劣化した感じがする
2011年の原田ひとみは色々なラジオに出ててかなり面白かったのだが、さすがに最近
あの勢いを維持するのが難しいのか、息切れをしてる感じがする

そして、面白いのだが、毎回聴いてるとだんだんと疲れてしまうのだ

そんなときにリライトの番組と抜群に良いタイミングで出会った

最初はあまり面白くなかったのだが、リスナーの下ネタメールが作りだろうがかなり面白く
というか2人の反応がかなり面白く、印象に残り去年末から毎週楽しみに聞いていた

さっきも書いたように、2人自体は実直で素直でいい人で、喋り自体は盛り上がりに欠けるというかそういう感じなのだ

だが、なんとかして2人で盛り上げようという頑張りがやみつきにさせる魅力を持っているのだ

そういう2人に水と油のような下ネタをガンガン採用するスタッフもスタッフである

やっぱり、こういう人たちにやらせるべきでないコーナー類が面白いのだ

ひたすら厨二病台詞を読ませて微妙な空気にしていくはがきのコーナーとか、
何をやりたいのかわからないけど、終わった後の2人のコメントが普通なのが逆に笑えてしまうのである

特に最近この番組で面白かったエピソードがある
公開録音をしたのに、手違いで宣伝をしなかったせいで
会場には人っ子一人来ないまま、涙が出そうとかいいながらも頑張って仕事を続けていた
しかも、途中で外に出て呼び込みまでして無理して客を入れようとしていたのにはかなり笑ったものだ
あの回は面白くて何回も聞き直したほどだ

私は今
こうやって、かつてそれしかなかったといわれるほどテレビゲームにのめり込んでいたそれから離れ

ネトラジなどに興味がうつりだしている

しかし、私自体は元ネタのマンガやアニメは全く知らない

こんな面白い声優たちがやっているアニメなどを逆に見てみたいと言う興味をそそられてしまっている始末だ

そのうちゲームを売っぱらって始末したら、ビデオ屋などでこれらのアニメをレンタルして見て楽しむ
生活にシフトするのではないかと思っている
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR