スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲が悪い親父と2人きりの生活が始まってかなり疲れている

このエントリのBGM



これはロマサガ3のBGMだ
私は発売日に買って、一日中遊んでいた(まだ中学生だった頃の話だ)
この頃はまだ人生が楽しかったものだ
そして、この音楽(前半部分のみ)はただの普通の町のBGMなのに、これだけ心に残る音楽になっている
突然この音楽が流れてきて、厨房だった頃の私は衝撃を受けていた
私が若かった頃のゲームはこんな凄いゲームがあふれていた

土曜日

入院している妹の付き添いをしている母親の代わりに1日付き添いを交代して看病していた
そのために1日が丸つぶれになって疲れていた

そして家の親父のことである

ご飯を作っていた母親が病院でつきっきりになっているので、家の家事は当然男2人でやらねばならない

お互いいい歳した人間なので、晩ご飯ぐらい自分で用意するものだと思われるが、そうではなかった

金曜日
夜 親父が帰ってきてすぐに、私の部屋に怒鳴りこんできたのだった

「自分だけご飯食って、晩飯買ってこい!!!!」

私は車を持っていないので、どこかのスーパーなどで人のご飯まで買ってこれる状態ではない
親父は車通勤をしていて、帰りにいつもDVDなど借りてくるのだから、
当然自分のご飯ぐらい自分でなんとかすると思って、ほうっておいていた

いい歳して自分のご飯すら自分で買ってこれない

本当にひどい親父である

ちなみにここ数日私の食糧事情は悲惨なものだ

木曜

朝 無し 昼 コンビニの138円のパン 夜 カップ麺と残っていた大量の古い冷や飯(親父が口を付けなかったためだ)

金曜

朝 無し 昼 無し 夜 松屋の大盛りの豚丼(400円)

土曜

朝 無し 昼 賞味期限の切れたパン1枚 夜 病院で看病してる時に腹が空いて我慢できず売店(ローソン)でパン2個(228円)

私は、ご飯なんてなんでもいいのだ
私一人なら。
別に気負う必要もない

家に帰ってきて、すぐ仕事着を洗濯機に入れて洗濯して、適当にご飯を探してきて食べる

ところが、3食きちっとご飯を与えられてきて、食べられないと腹を立てるうちの親父は違う

昼飯は毎日500円使い、家に帰ってきたら、ちゃんとしたご飯が用意されていないと満足できない

これが
この親父の面倒も見なければならないと思うと気が重くなってきて、毎日心がやられていっているのだ

とうぜんこの話は母親にもしたので、土曜日からはしっかりスーパーの弁当を買いだめしておいて
それを晩飯として準備することになった



日曜日

気を使う親父が一緒に家にいるせいで、全然ゆっくりした休日にならない
昼寝一つしても、いつ怒鳴り込んできて文句を言われるかわからないので全然寝られたものではない
ただ時間が過ぎていくだけ

そして茶の間のテーブルの目立つところに、ビジュアルベーシック6.0の解説本が置いてあった

これは何がいいたのかわかる

「この本を読んで勉強して就職して俺を養え」

こう言いたいのだ

今更ベーシックの勉強をしてどうなるというのだ

現実問題は別として。

家のことは全くしない あまつさえ自分のご飯すら自分で面倒見れない
家事は全くしない
入院して母親がいなくなってからというもの、ご飯の準備、洗濯、風呂焚き、親父の布団引きまで
全部私がやっている

こんな人として尊敬出来ない人間に、指示されるのは真っ平御免だ

わかるだろうか?

私がさっさと家を離れたいということが。

仮に私が仕事を持って定期収入を得られる立場になったとしても、こんな親父を養う気はない

今書いた行動ひとつとっても、まったく愛情の一欠片も感じられないのである

「おれがもうすぐ定年で困るから、お前がさっさとしっかり稼いで養え」

こういう本音が透けて見えるから、まったく従いたいと思わない



こうして疲れが取れないまま、週末は終わり、明日からまた疲れる仕事が始まる

一応
一週間で退院する予定だと言う話だが
土曜日に様子を見た限りでは、まったく症状が改善していないので、この入院は長引くと見ている
そうなるとますます、私が家に居づらくなり、追い出される可能性すら出ている

動画配信のアップロードのスケジュールについても昨日今日でお知らせをするつもりだったのだが
いま家がこのような状態で、心がまいってしまってもう現在日曜の夕方をまわってしまっている

終わります
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。