WEB拍手コメントへの返信

話の出来ない親だから、こういう場所で愚痴っているわけです


死にたいつらいというのは何度も何年も言ってきてますよ
あまり深刻そうに見えないから、なんとも思ってないでしょうね
それに「いい歳した人間なんだから自分でなんとかしろ」としか言って来ないです

友達とかとだべってるときの姿は、健常者そのものですからね
以前あげた元気な頃のゲーム動画となんらかわりはありませんよ
あの頃から比べると心はズタズタにやられてますけどね

特に親父はひどいですよ

全く会話ができませんからね


そしてどういう人間か、わかりやすい出来事があったのでそれを例に出してお話しします

いま、妹が入院して、母親が付き添いで家をあけて半月たっています

ろくに家事をしてこなかった男2人が生活してるわけです

最初は、夜ご飯
お互いいい歳だし、各自で用意すると思っていました

ところが、ご飯がなくなった2日目。
うちの親父は帰ってきた途端、おれのへやに怒鳴りこんできて、叱りつけてきたのです

「自分だけ晩飯食いやがって。買ってこい!!!」

そしてそれからは、毎日親父の晩飯を用意することになりました
車もないし、通勤圏にスーパーもないので、知り合いに車を出してもらって食料の買い出しです

これが、仕事終わって憂鬱になる理由の一つでした

いい歳した親父の晩飯も考えなければならないという重圧です

そして、家に帰って毎日、洗濯をして、買ってきた晩飯を出して、風呂を沸かして
挙句の果てには、親父の布団までひいてやらねばなりません

これをやらないと怒るからです

今まで、母親がいるとき、
こういう周りのことを全部何十年もやってきてもらったので、
母親がいなくなっても、同じようにしてやらないと怒るのです

いつもなら話はここで終わります

ところがどうやら、毎日、用意する晩飯が気に入らなかったようです

今日、茶の間のテーブルに
今度から、冷凍チャーハンと冷凍今川焼きを買ってこいというメモ書きが置いてありました。

安上がりで済むという考えなのでしょう

実際は、冷凍チャーハン(300円)+冷凍今川焼き(200円)で一人500円で全然コスパは良くないです

おれは、毎日398円でボリュームがあって、値引きされたものを狙って買っていました

同じスーパーだと飽きると思って、違うスーパーまで出向いたり、
比較的安くて多く入っている松屋の牛丼(大盛りでも380円)を買ったり、工夫したものです

これを自分だけ食べるようにするのなら、おれは構わないのです
ところが、うちの親父は、その節約を人にまで強いる
しかも金銭感覚がわからないので、全然節約にもなっていない

いっちょまえに指示だけは出すくせに、家事は一切やらない動かない
好きなコトばっかやって暮らしている

これで、根拠のある命令だったり、普段家事を積極的に手伝ってる人間ならまだ従う気になれる

でもこの親父は、口ばっかりで何もしない
しかも頑固だから、自分の思っていることが何より正しいと思っている

意見しようものなら、(何度かここでもこういうふうに形容していると思うが)殿様気性が顔を出し

「出てけ!!!」

この一言です

これは、おれがちゃんと金を稼がないからとか働いてないからとかが理由ではなく、昔からのものです


だから、おれの家は、おれは親父と、家族と仲が悪いのです



昨日書いたソニータブレットの話
読んでない人がいるなら、読んでください


要するに、自分が欲しくて買ってきたものの、使い方がわからず、しょっちゅう触ったこともないおれに
使い方を聞いてきて、解決させようとする

1度や2度なら親切心で助けてやってもおかしくない

しかしこのおやじは、何度も何度もわからんわからんと人に問題を押し付けてくる

そのたんびに、グーグルで検索したり、時間をかけさせられる

普通の感覚なら、「自分でやれや!」と一喝されるものです




本当に嫌われた人間っていうのは、人にこのように干渉しても何も相手にされなくなるんです

こうやって反論したいことが起こっても、言い返されるのがわかっているので誰も何も言わなくなる
これはおれだけの対応じゃあないんです

うちの母親も、俺の友達も、おそらく会社でも
腫れ物を扱うように相手する

先週金曜日、夜遅く友達の車で友達と2人で親父を駅前に迎えに行きました
それまで楽しくしゃべっていたのに親父が乗ってきた途端、車内は無言になり、誰も何も喋らなくなりました
何か気を使う空気を放っているからです

でも、人間
歳を取ってくると、人に悪いことを悪いと指摘されても頑固になって直せなくなっていくものです

おれだってそうです
なんの価値もないつまらないゲームレビューを親切心でやめたら?ってここ見てる人に何度も言われました
現実、あれをやっていてほめられたことは一度もないし、たまにゲハのネタに扱われるだけの意味のないサイトです

しかし、やめることが出来ずに続けている

昔はゲームレビューのサイトも趣味でやっていて、こんなに結果を求めていなかったのです

でも、いまから3年前になるのかな
中学の同級生の飲み会に呼ばれて、初めて飲み会に出たら、
ゲームクリエイターやってたり、学校の先生やってたり、好きな仕事やって暮らしている人ばかりだった

そういうのを目の当たりにしてから、おれだって頑張ってるはずなんだけどなあと思うようになっていった

でもそのときはまだゲームレビューのページを意識したことはなかった

2011年になってからだろうか

気がついたら9年もこのページをやっていて、気がついたら結構な本数になっていたことを始めて自覚した

そして、かなり時間をかけて文章を書いていたことにも気がついた

これはもうちょっと報われないものかなあと思うようになっていった

そうなるきっかけになったのは、とある新作のゲームレビューを書いた時だった

おれとレビュー内容はほぼ同内容(おれの方が早く書いているし、内容的にはかなり長い)

でもおれは、2チャンの粘着君の煽りレスにしか使われず
一方は、2チャンのテンプレレスに載せられ、ツイッターでも大量に拡散して激励される
余り書くとバレるからこれぐらいにするが、開発者にまでそのレビューが届いてレスポンスがきたぐらい有名になった

この違いはなんだろう??と思った

その後
アイドルマスター2とかラブプラスとか話題作も結構時間をかけて執筆して
結構いい線行っていると思ったのだが、サッパリみられないし話題にもならなかった

わかるだろか???

10年捧げてきたゲームレビューも失敗した今、おれにはなにも残っていない

こうなったら死ぬしか無いんです



最大まで粘っても、今年の12月までしかこういった趣味は出来ない

この残された時間に、まだ意固地にゲームレビューを続けるか

方針転換をして絵を描く練習でもするか、考えているところです


今はもう見られてませんが、某業界人がここを見ていた頃
シナリオを勉強する本を自分のブログで推していたのを見る感じ

おれにシナリオを一本完成させることを暗に進めているのかなあと思った

一番脈があるのはシナリオを書いて見ることだ
普通に社会復帰するのははっきりいってかなり難しい
もちろんそれを最初に考えるのが一番だが、ろくな職歴もない人間が残された時間で結果を出すのは絶望的と言わざるをえない


ツイッターもだめ

動画配信の動画もだめ

何をやってもおれはだめなんです


動画配信の動画は自分では悪くないと思ってるんですよ

自分で自分の動画を見返して楽しんでいるという話を以前配信してた頃に話していたら変人とか言われていたし

ところが4年5年経って、つべは、もう素人がちょっとやったところで見られすらしない場所になってしまった

むかしにあげた動画は、動画自体が少なかったからあげただけで診てもらえたんですけどね

評判が悪かろうが、まず診てもらって存在感さえ示せればそれでいいんです

でももう素人がくっちゃべってゲームやってるだけじゃ誰にも見てもらえない



わかるだろうか


おれはもう終わった人間なんです

つまり死ぬしか無いということだ

親しい友達も誰もいなくなったおれにはもう何も残されていない

俺の人生はもう長くない
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR