スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画共有サイトが出来た頃、あそこは無法地帯だった

大手動画サイト、YouTube、ニコニコ動画が流行りだしたのがともに2006年頃。
正確な時期は微妙に違うが、どちらも立ち上がってまだ間もなかった。

今では考えられないかもしれないが、YouTubeは日本語サイトがなくて、動画の説明は英語で書かれているものばかりだったし、日本語で投稿しようとしたら文字化けしたり、CGIがきちんと動作してなかったりした。
ニコニコ動画は、自前の動画ファイルサーバーを持ってなくて、他の動画サイトのアドレスを埋めこんだものを再生させてそれにコメントを書き込んでいた。
すぐさまYouTubeがアクセスを遮断することで見れる動画が激減し、ニコニコ動画もファイルサーバを用意せざるを得なくなった。それがSMILEVIDEOである。

こんな感じで、出来たばかりだから、決まりも整備されていなくて、昔のTV番組とかアニメとか、歌のPVとかを著作権者に無断でアップロードされる“企業の敵”だった。

しかしそれらは貴重なVTRとして多くの人に注目され、初期の頃はそれによって人が集まっていった。

著作権を侵害されると管理者に削除要請が行き、そのたびに動画は削除された。

だがまた、別の利用者が同じ動画を上げるイタチごっこの繰り返しだった。

アカウント停止措置をとったり、動画投稿時間に制限を加えたり、迅速な削除体制を取るなど、次第に制度が厳格化されていった。

今も著作権を侵害している動画が氾濫しているのは変わらないが、次第にこれらの動画サイトに集客効果が見込めるのではないかと、一部の企業が興味を示した。

こうして今では企業が公式チャンネルを続々と開設し、企業が宣伝の場として多くの動画が投稿されることとなった。

新作アニメの違法アップロードに手を焼いていたニコニコ動画では、今や公式で旧作や新作アニメが配信され、自由に視聴できるようになった。

特に、地上波テレビでは、視聴率第一主義の名のもと、一般的でないアニメというジャンルは排除されるいっぽうで、一部の層に需要のあるオタク向けアニメは深夜に追いやられ、放映地域も首都圏、あるいは、関東、関西、愛知の三大都市圏のみという不自由な状態が何年も続いていた。

こんななか、ネットで地域問わずにそういったアニメを見られるようにしたニコニコ動画の功績は計り知れない。

アマチュアが主な利用者だった動画共有サイトで、企業や芸能人が公式に利用するという発想は元々は異端であった。

だが、自社のサイトで自前で手間暇かけてやるよりは、手軽に投稿できて最初から人もいるこれらの動画サイトを使うということは、いつしか効率的であると広く認知され、動画サイトが始まってわずか5年。

たった5年で、これほどまでに価値観が様変わりしてしまった。

「あそこに行けば、新作PVがみられたり、新しい情報を仕入れることができる」
こうして、動画サイトは、加速度的に知名度を上げていった。

同時に、素人が拙い動画を作って発表の場として使われていた開始初期の頃のアットホームな空気がなくなっていった。
今では動画をアップロードするには、プロ並みのスキルが求められ、そうでないものには悪評が入れられ、受け入れられなくなってしまった。

これは、実に悲しいことと言える。

皆さんは、動画を作ったことがあるだろうか。
それなりの動画を作るのは時間とお金がかかるものだ。

今は、動画が氾濫して、贅沢になっていないだろうか。

仕方のないことだろうが、あの、昔のように“面白ければ何でも許された”時代がほんの数年前だというのに懐かしく感じる。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。