この際プレイステーション3は終わったほうがいい

昨日の昼間の没エントリを流すためにまた駄文を投稿。
まだ結論をだすのは早いと思うが、見ている人の反応で滑っているのはなんとなくわかりました...
職業:作家とかアホな夢見るのやめときます(性格診断の適職ではいつも芸術家とか出てくるからちょっと賭けてた面があった)

こんなこと書くと、怒られるのかもしれないが...。

いま、ソニーのプレイステーション3は、ハッキングのせいでネットワークサービスが一切使えない状態になり、もうすぐ一ヶ月経とうとしている。
個人情報の流出は過去最大クラスを誇り、事態の収拾が未だ付きそうにない。

PS3とXBOX360は、性能的にはほぼ同等なせいか、重複したタイトルが非常に多い。
家庭用ゲーム機の歴史で、これだけ個性に違いがないのは、前例がない。

セガサターンとプレイステーションの争いの頃も、初期はマルチタイトルが多かったがここまでではなかった。
それに性能差が明確にあったので、これはSS版の方がロードが早くて出来がいい、とか、
トゥームレイダーは、ポリゴンのゲームだから、PS版の方がきれいな画面で遊べるとか見るからに違いはあった。

日本国内ではいつの間にかPS3が勝ったことにされているようだが、私はそうは思わない。
小売店とかが薄型PS3が出た辺りから手頃な値段になって、当時話題性も高かった流れに乗じて都合がいいから勝ったことにしているだけで、流通の誘導販売に上手く乗せられて普及したように感じる。

その証拠に、一時期大手販売チェーンのゲオだって、XBOX360とPS3を同等に扱っていた時期があった。
それがいつの間にか、どんどんXBOX360は扱いが悪くなり、いつの間にか店の端に邪魔と言わんばかりに追いやられるようになってしまった。
そしてたまたま、XBOX360は開発しやすかったことで、STGやギャルゲーのニッチなジャンルの避難先になっていたために、そのせいで負けハードの印象をさらに強めてしまい、イメージを落としてしまった。
正直言って、ギャルゲーみたいなオタク向けゲームはPSPの方が遥かに、比較できないほど多い。
魔法少女リリカルなのは、俺の妹がこんなに可愛いわけがないがXBOX360で出ているだろうか!?

小売店がこぞってこんな扱いをすれば、どっちを買うか迷っていた人でもPS3を選ぶに決まっているだろう。

でだ、何年にも渡って、全く同じ内容のゲームを2機種に出し続ける非生産的な行為はすぐに辞めるべきだ。
日本ではPS3版の方が売れているのなら、わざわざXBOX360版まで生産して店頭に並べる必要はないだろう。
逆に、これはXBOX360向けだと思うのならXBOX360だけに出せば良い。
前々から思っていたが、資源の無駄遣いだ。

私はたまにマルチタイトルのゲームを両方買うことがあるが、XBOX360版は売れないのがわかっているのか、PS3はピクチャーレーベルなのに、XBOX360版は白黒レーベルで露骨にコストダウンしていたりする。

そうまでして両機種に出すメリットはあるか?
ゲームの制作費があがって採算が取れないという事情もわかるのだが、だからって2機種に出して解決する程度の問題なのだろうか?

単純に2倍売れているわけでもないのだし。

そこで、題名にもなっている、プレイステーション3はこの際終わらせたらいいのではないか、ということ。
ソニーは他にもプレイステーションポータブルがあるのだし、今年後継機種も出すのなら、それでじゅうぶんだろう。
むしろ今は、携帯ゲーム機の方が主流になっている。そこまで据え置きゲーム機に固執する必要はない。

なにも私はXBOX360信仰者というわけではない。
XBOX360はPS3より便利なところはあるが、オンライン対戦は有料だし、ダウンロード販売の値段もわかりづらいところが好きでない。
コントローラーの十字キーの使いにくさは何時まで経っても直そうとしないし、ダッシュボードも使いにくい。

でも、せっかく据え置きゲーム機が2種類あるのに、出ているゲームはどっちも何年も代わり映えしない。
最近こそやっとPS3が普及してきたせいで国内メーカーも方向転換が始まったのか、国産のゲームを中心に三國無双6などがPS3だけに出すようになってきたようだが、いくらなんでも遅すぎる。

こうやって差別化が図れれば、私としては共存してくれても一向にかまわない。
が、相変わらず2機種に出す頭の悪いメーカーも多く残っている事実もいっぽうである。

たぶん世間的にはPS3持っててXBOX360は無い、存在すら知らん人が多いだろうから、私の言うことはまたズレてると思われるだろう。

しかし、何年も熱心にゲームを追い続けてきた(悪いが既に過去形になっている)人からしてみると、この数年間は異常とも言える事態がずっと続いていた。
DSやPSPが頑張っていなければ、ゲームへの熱が冷めるのはもっと早かったと断言できる。

私はこの状況にはっきりいって辟易していた。

今から10年以上前の話になる。

1999年。
ソニーvsセガvs任天堂が三つ巴で戦ってた時代は、毎月欲しいゲームが買いきれないほど発売されていた。
なぜなら、機種ごとに違った魅力あふれるゲームが出ていた。

例を出そう。
1999年11月。

11月18日にPSでクロノクロスが出て、そのわずか3日後、
今度はGBでポケットモンスター金銀が発売される。これはポケモンブーム絶頂期の新作発売で行列ができるほど人気だった。

11月25日にはみんなが待ってたときめきメモリアル2がPSで発売されて、これも大行列を作った。
そのわずか二週間後、またもPS陣営はたたみかけるようにグランツーリスモ2を出した。これも行列で即完売するほどだった。3日後、64でドンキーコング64が出た。売れなかったが、大作ソフトだったし、面白かった。

セガのドリキャスの弾幕が薄いが、12月末にはシェンムーやDの食卓2が出て(これはつまらんかったが)、年明けにはクレイジータクシー、バイオハザードコードベロニカなど当時最強スペックを誇るゲーム機の貫禄をじゅうぶん見せつけていた。

ドリームキャストは素晴らしいゲーム機で本当は売れるはずだった。
秋元康のCM戦略はツボに嵌り、湯川専務は時の人になった。テレビに沢山出演していっぱいドリキャスを宣伝した。
なのに、肝心の発売日に台数が揃わなかったせいで、勢いが失速し、そのままソニーのPS2に畳み掛けられて2001年1月に製造中止に追い込まれた。

それに比べて、今の時代、同じく任天堂vsソニーvsマイクロソフトの三つ巴の戦いをしているはずなのに、当時ほどの活力があるだろうか?
10年前みたいに本気で戦ってるだろうか?

私から言わせてもらえば、国内ではPS3は“勝たせてもらっている”状態だし、ソニーはそれにあぐらを書いているようにしか見えない。
きっとそんな不抜けた姿に神が天罰を与えたのだろう。

もっと本気を出して欲しい。でなかったら私がゲームに飽きるはずがない。
数ばっかり出して中身がスカスカな現状に私は冷めてしまったとしか思えない。

昔のゲームはもっと面白かったはずだ。昔より遥かにゲーム機の性能やゲームの質も上がったけど、面白さはというと、肝心の中身や勢いが薄れてしまったと思う。

軽く書いて寝ようと思ったのだが、長くかかってしまった。しばらくゲームの話は避けよう...。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR