全然お気楽じゃなかった20代のフリーター時代

今、10代20代でフリーターをしている若者たち
君たちは、なぜ定職につかずフリーターをしているのか?ちょっと問いたい。

夢があってフリーターになったのか、就職できなくてフリーターになったのか、あるいは、色々事情があってフリーターにならざるを得なかったのか

他人のことはどうだっていいのだが。

私の場合は、新卒の就職活動を失敗して、なし崩し的にフリーターになった
なりたくてフリーターになったわけではない。

フリーターというと、お気楽なイメージが有ると思うが、それは表層的なイメージだけであって、好きでやっているわけではないという人が大半だと思われる。

一昔前に連想されるようなヒッピーな生き方を満喫してる人もいると思うが、おそらくそれは少数だ。

さて、フリーターになってしまったからには、なんとか就職するなりして、その状況から挽回しなければならない。

私の場合は、次のような行動をとった。

バイトをしながら、既卒としての就職活動
性格的に毎日10社20社という機関銃方式は取れず、かなりのスローペースだが、受け続けていた。

そしてもう一つ、自分の長所を活かして行く方法だ。
自分の場合は、卒業後にすぐ始めたホームページで、一般人より圧倒的知識があると自負していたゲームのレビュー記事を書くことだった。
ゲームにこだわったのは、好きだからじゃなくて、知識を持ってる自覚があったからだ。
知識がないとまともなレビューは書けない。
私が、漫画だの映画だのドラマだのはたまたラノベだのに手を付けなかったのは、その手のジャンルの造詣について他者より優れているとは思えなかったからだ。
映画だのアニメなんて評論家(研究家)が既にいて、自分より年上の人が1000本以上軽く映画なんか見てたりする。
年長者であればあるほど、知識の蓄えも凄くて、ちょっと前に成人を迎えたような人間が勝てるわけがなかった。
自分がプロと同等かそれ以上、戦えると思ったのは20才前半ではゲームぐらいしか考えられなかった。
何よりこの頃、まだ物珍しかったMMORPG中毒に陥り、そして半年で立ち直った経験のある私は、ゲームについてなら根拠のない自信が持てた。

夢の実現に近いものがあるかも知れないが、漠然とした夢追い人、女性的に言えば白馬の王子様を待ち付けるみたいな
無責任な考えじゃなくて、芸を身につけるために効率が悪かろうが出来る範囲で泥にまみれてひたすら努力した。

そしてこの努力は、無根拠に成功する!とかそういう次元の話じゃなくて、そのままでは金にならないかもしれないけど
成功させなければならないという考えがあった。

つまりなぜかというと、フリーターという敗者的立場から脱却するためには、成功する必要があるからだ。

周りの人間に迷惑をかけてまで、無責任に夢だけを追っていたというわけじゃない。

だから決して、私の場合は、20代フリーター時代
お気楽さとは全く正反対の生活を送っていた。

バイトと就職活動
それと並行して、この時点ではなんにもならないものに金と時間と労力を使って、芸を磨く作業

バイトだから当然金にも苦労している。

地方ぐらしだから面接に行くだけの交通費も莫大になる

そういうものと闘いながら、敗者復活するために2つのことをやり続ける

このへんは人生観で考えに相違点が出ると思う。

100の労力を使って、まず正社員になることを正しいと考える人
俺みたいに、1本に絞るんじゃなくて、マルチタスクで脱出を図る人。

とうぜん、まっとうに生きるという考えとしては前者のほうが正しい

だが、私は、私の不器用な性格を考えると、リスクの分散を考えて後者のほうが良いのではないか?と思ったわけだ。
はっきりいって、諸刃の剣だが、ホームページやっている努力というのは面接での自己アピールでの最後の切り札になる。
その努力を認めてくれるか認めてくれないかは会社による
その情熱に価値があるかどうかはその会社が決めることだ

だから、絶対に面接で有利になる材料とはならない

だが、私の考えでは、就活一本に力を注ぐより、こういうやり方のほうがフリーターを脱出しやすいと思っていた。

最後に俺から俺の努力を簡単にけなしたり、俺を馬鹿にした人へ最後の反論

お前らは、俺の努力の結晶を見て、それを上回る、芸を持っているのか?
人に誇れるほどの努力をして、それを見せて黙らせられるようなものを持っているのか?

そんなものがなくても正社員になって自立して生きていくことは十分可能だ。
だが、それとこれとは無関係だ。

俺は最近こう思うようになっていた。

簡単にレビューレビューいうが、簡単にレビューは書けないんだ
動画配信でも俺のことを馬鹿にしてるやつがいたが、実際俺を馬鹿にした奴のツイッターを見れば
俺みたいに動画配信したいけど、恐いからできないという臆病者ばかりだった

努力してないやつほど他人をけなして馬鹿にする
なぜなら努力したことがないからだ

努力する辛さや大変さをわからないから、簡単に人を馬鹿にする

終わります
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR