何年自己分析しても(前編)

お前は何の仕事がやりたいんだ

就活の時にいつもこういう話になるが、世の中にはこれすらわからない人がいる

幸い俺はこれについては答えが出ている

何年考えなおしても、ゲーム関係、編集(扱うジャンルはゲームに限らない)しか考えられないという結論になる

こういう業種って勘違いして目指す人も多いし、俺の世代では人気職種だったから、
周りから勘違い野郎、お上りさんとか何度も現実を見ろと言われた

ところが何回考えても、これ以外の仕事は出て来なかった
なんとか、興味の範囲を広げようと思い直しても、俺のやりたい仕事ってのは、
周りとはズレた、ほかで言えばラジオ番組の構成作家とか高嶺の花みたいな仕事しか出て来なかった

だから、お前はただミーハーで目立ちたいだけなんだ
人より目立ちたい欲求は強い自覚は持っているが、この年まで色々仕事やってきたが、
やっぱりその経験の裏打ちから考えても、俺は人を楽しませるっていうか、
周りから見ると夢見がちな仕事しかどうしても出てこない

色々バイトで働いてきて、やっとそのキャリアから考えた適性の仕事はこの年齢でようやく出てきたといえば出て来ましたよ

去年、働いてきた建築業の事務職
建物の図面書いたり、そういう仕事

でも、たいていこの仕事は大学の建築科出てる人とか、建築士の資格持ちしか募集してない
建築士になるためには、実務経験が必要だから、資格取ればいいってわけにはならない

去年俺はそういう業界でバイトしてたが、俺のバイト自体は、専門知識を覚える必要はないが、
せっかく暇な時間が出来た時に、なにもしないのはもったいないと、だいぶ何も知らない人よりは勉強してきた
もうそこの仕事が終わってからだいぶブランクがあるが、今でも思い出そうと思えば思い出せる



俺という人間は大学の進路選択の時に、希望のところに行けなかった時点で詰んでるんだよな
それを悟ってたから、18歳ころから、荒れ始めてネット荒らしたり、不眠症になって睡眠薬使わないと寝れない体になった

希望の部に入れなかったことを今更人のせいにするつもりはない

最初に書いたように、俺は人に教えられる前から、ゲーム業界の仕事内容とどうすれば入れるかって
ネットもない時代だったが、ゲーム雑誌(というか俺はマイコンといかPC系雑誌も見てた)の断片的な記事からわかってた

だから、情報工学系の大学行って技術学んで、(新卒の時点でゲーム系って決めてるわけじゃないが)そういう方向でやる以外、俺は詰むと思ってた
(俺はもう、この頃からゲー専卒はよほど努力しないと無理だと思ってた)

かといって、行けなかったから独学で勉強するほど、20前後のペーペーの兄ちゃんがやれるほど気力のある人間だったわけでもなく。
そもそも、大卒といっても大学は低学歴だし、そこらへん器用にやれる器量のあるやつじゃなかった

俺は当時は気づいてなかったと思うが、ゲーム会社というか業界に感じていた魅力
自分の考えた最高に面白いゲームを作って金もらえるとかじゃなかった
(もちろん若かったから、今よりその辺の考えが浅かったのは否定出来ない。知識も今より圧倒的に荒削りだったし)

分かった気になってるだけって言われても今の俺の立場ではしょうがないが・・・・
なんか感覚的に、俺はもう社会適応力は他の人より結構低くて、こういう変わった(変わってるわけじゃないが)ところでしかやってけないって薄々気づいてた

で、ゲーム業界に感じてた魅力
激務で血を吐くほど大変でも構わない(リップサービスでもなくほんとに思ってる)
一度入って、一定期間真面目に働いてさえいれば、つぶしが利くって言い方は違うと思うが、
ちょっと特殊な業界だから、中に入ってさえしまえば、ほかより割合、業界内だけではあるが、転職したりしてやってけるところに魅力を感じてた

俺みたいな自覚型ダメ人間は、激務で給料が安かろうが、そこでしかやってけないって感覚的に思ってたから
それしかないって思ってた

ところが、入るために必要な技術的知識とかそういうのを習得する機会がとれなかったし独学でやるほど努力的な人間じゃないから、大学間違えた時点で人生諦め出してた


今、親父が定年間近で発破かけられたりして、今まで以上に必死に、
はっきりいって、自分の意思を押し殺してまで、無理して仕事を探している

本音を言えば、希望通りの仕事はありません

建築事務もそうだし、ゲーム業界の仕事なんてデバッガーも含めてもってのほか
普通のハロワにそんなものまず求人出てない

だから、毎日ヤングハローワーク通って、1時間以上PC検索したって、無いものは無いんですよ
だから、地元の仕事とかで、これならってどこかで割り切って探すしか無い

でも、自分の思いを殺して、締め切りを気にして仕事を決めたって、本心じゃないから、どうしても身が入らないし
仮に俺がこのトシまで苦汁をなめて生きてきて得た特技。
口八丁手八丁で、格好いいことばかり吹聴してまで採用が決まっても、仕事続かないと思うんですよ

みんなそうやって割りきって働いてるのはわかりますよ
だけど俺は、明確に自分の興味とか、これはゲーム業界ってげんていしてるわけじゃないけど
俺のやってける仕事って、人を楽しませる仕事ってのが根本にあって、
でもそういうのは高学歴だったり特殊な技術を持ってる人じゃないと就けない仕事であって
今の俺は自己流の趣味レベルで長年努力はしたけど、それが社会に通用するなんてことはありえないわけで

結局、大学進学の時点で詰んでしまったんですよ

前編とかいって長くなった

今、俺だけじゃなく、ほかの人だって仕事が無いってみいんな言ってる

これはいい訳じゃなくて本当にそのとおりだと思っている

なんとかしたいが、現実的にいつまでも希望の仕事が見つかるまで探し続けるわけにいかない

今俺は、さすがにこのトシになって、雲の上をつかむような仕事探しより
今まで経験してきた建築業の事務仕事も探している

ところがこれだって、俺が一番わかっているが、資格なしの人間が入れる仕事じゃない

もうどうしようもないんですよ俺は

死ぬか、親(母親の方)がやたら障害者にしたがっているが、諦めてもう障害者になるしか無い
ろくな給料にならないが、過酷な工場でコミュも取れない障害者と毎日働いて、質の悪い派遣労働者のような
未来のない暗い仕事をやるしか無いと

生きていく選択をした場合は、それをやるしかないと感じている

明日ブラック営業職の面接を勝手に入れられてしまって時間がないからこのへんにします

この話題は続きます
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR