続・小説を書く勉強

前回のエントリで、コメントに手厳しい現実を書いていただいたので、それを受けた第二弾。

一応、今回は本格的にやろうと思って、教科書の購入を検討している話
それと、文書ソフトで、応募時の書式テンプレートなどを基本知識を勉強していた。

いきなり賞に応募するんじゃなくて、同人経験した方がいいということで、
有名サイト「小説家になろう」みたいな場所を使って書いてみるのが一番いいのかなと感じた。
(出版歴も多いことで、あそこもあそこで高レベルな場所になっているのだが)

そのサイト向けに、1日構想を練ったのだが、題名と概要だけがすっぱり決まった。

「ひきこもりマイスター(my star!)」

概要は決まったが、結末とか具体的な登場人物、対人関係まではさすがに1日では膨らまなかった。
ということで、すぐには書けないし、まだ没になるかどうかの瀬戸際なのでなんとも言えませんが。

で、一年ぶりかそれぐらい久々に人気小説をチラチラみていたのだが、
以前よりレベルが上がっている気がしましたね。

ただ色々見させてもらったが、自分としての小説の書き方の哲学はどうしても曲げられず、以下の点は重視する。

・ケータイ小説並みに短文で単純で簡潔な文章とストーリー
・読みやすければ読み易いほど良い。複雑な文脈は単純化して潰す
・5・7・5のような、独特なリズム感を入れる

それと、色々やってみて思ったのが、自分の場合、極力一人称視点で、女性主人公のほうが面白くなりそうな感じがした。
大半は男性主人公視点で、ラノベの場合、女性主人公はダメとか言われることもあるらしいが、どうにも面白く書けない感じがする。

根拠は、自分の文章はキツ目な文体なので、
例えば、地の文で

“黙れ”

て心境を書いた時に、男性主人公よりも女性主人公のほうがギャップがあって面白いんじゃないかって言う。

自分の場合、ラノベよりも、企画段階では連続テレビドラマを強く意識してます
端的に書くと、ドラマ化しても違和感が出ないというかドラマ化できるというか、
はっきり書くと、キモくならないようにする。って意図です。

この件については、ゲームから力点を離して、別のことをやっていきたいという考えで始めることなので、
絶対に結果が出てプロにならなければならないと言う意味合いで始めるわけではないです。


---


題名とは裏腹に、実はこっからが本題だったりするのですが。

リアルカイジの仕事について、茶化さず軽く書きましょうか。


7月末、ハロワだけでは結果が出ないことに焦っていた私は、就労支援センターという場所に相談に行きました。
ここは障害者の就労を支援する場所で、不眠症で通院経験のある私は、一応相談の対象となる資格を持っていました。

ここに相談するということは、鬱病の精神障害者であると言う立場になります。
その立場から、障害者の作業所で、最も給与の高い作業所を紹介されたのです。

なんにせよ、この、仕事を決められるまでのプロセスが、たった数時間で、決断する猶予無く決められてしまいました。

そして間をおかず8月に入ってすぐ、このリアルカイジで働かされることになりました。

時給の低さや仕事内容、待遇に納得がいかないまま放り込まれたため、当然すぐ辞めたいと思っていました。
でもまあ、一ヶ月はやらないと、周りがうるさいだろうってことで、それを目安に働いていました。

ちなみに、カイジに例えたのは私ではなく、ここの常連さんのコメントですが、本当にしっくりくる例えで引用させてもらっています。

暗い工場のなか、まさに刑務所の囚人のように縛られ、丸一日ひたすら単調作業の毎日。
周りで働いてる人は、ほとんどが知的障害者。
まさに死んだ目で、ライン工の仕事をしていて、謎の唸り声を挙げたり、頭のおかしい言動を繰り返したりしている。

健常者(つっても障害者なんだろう)で50過ぎのおっさんもいるが、ワケありでこんな低賃金労働に身をおいてる人ばかり。

あげく、士気をあげるためか、社長や社員は、ことあるごとに「がんばれば正社員にしてやる!」の連呼。

まさに、リアルカイジの所以はここで、こんな地獄のような世界で、一発逆転の余地があると触れ回っている。

朝6:30に送迎バスがうちの近くに来て、それに乗り2時間かけて職場へ。
昼は決められた時間に機械のように食堂へ行き、テレビドラマや映画に出てくる刑務所の食堂のようにご飯を食べる
仕事が早く終わろうが、帰りの送迎バスの出発時間、18時まではどうやっても帰れない。
そして家につくのが19時過ぎ。これで拘束13時間というわけです。

障害者の作業所なので、本当は休みは暦通りだったりするべきなのだろうが、関係なし。
あと、労働者ではなく作業所の利用者なので、都合で仕事休んだり、職場で疲れたからって勝手に休んだりしてもいい体裁なのだが、実際は普通のアルバイトと何も変わらない有り様

さっさと辞めたいのですが、色々親以外にもしがらみがあって抜け出すのが大変なのです。

以上です。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR