PCエンジン愛好会 #4

今回クリアしたゲームはコチラ

2013_1107_124614_268.jpg

聖竜伝説モンビット。

これが…これが…本当にしんどかった…。

2013_1107_124702_346blog.jpg
2013_1107_124718_871.jpg

LVを見てもらえればわかると思うのだが、さすがPCエンジンのプラットフォーマー、ハドソンソフトのゲーム。
実に、実に、ボリュームたっぷりの大型ロールプレイングになっていて、クリアに時間がかかってしまった。

その過程が面白けりゃ、こんなグッタリしてないのよ!!

血反吐が出るようなエンカウントの高さと、敵の数!!
ひどいところだと、5体とか6体出てきやがる。
おとなしいところなら1体2体でかんべんしてくれるのだが。

しかも、最終的に3人パーティになるが、ドラゴン育てがテーマのこのゲーム。

このドラゴンが戦ってくれるまでがアホみたいに長く、1人パーティで苦労しながら
少ない路銀から、ミルク代を出して飲ませてあやしてやったりしなければならない(実はゲーム的に全く意味のない気がしているが一応泣き止ませてた)

エンカウントの高さはもう、ひどすぎて、4歩あるく度に出る。
運が良ければ50歩以上敵に合わないこともあるが、そんなことはまれ。

それで、肝心の戦闘シーンも本当につまらない。

詳しくははしょるが、
もしかしてこのゲームの計算式、攻撃力-防御力=ダメージ でしょこれ?

会心の一撃が単純に2倍。普通は防御力無視で1.5倍とかにするだろうけど、
絶対に会心のダメージ値偶数だし、防御高い敵に会心ヒットしても、全然ダメージでかくならない。

そして敵もしっかり、強くなるごとに攻撃力は当然ながら防御力が上がってくる。

こうなると、どういうゲームになってしまうのか?!

ちょっと強い敵のエリアに入ってしまうと。

主人公の攻撃→4のダメージを与えた!
敵の攻撃→27のダメージを受けた!

レベルが上がりすぎてしまうと

主人公の攻撃→29のダメージを与えた!
敵の攻撃→1のダメージを受けた!

確かRPGのダメージ計算式の黄金で、1/2にする気がしたが、それが入っていない。

だから、こんな極端な戦闘になってしまう。

魔法は回復魔法以外全く使えないし、しいて言えばこのガチガチのゲームシステムに対抗できるようになるのがゲーム終盤。

戦闘中、道具として使うと、特殊効果を出す装備品の数々。

メガロの剣・・・戦闘中使うと単体に炎属性のダメージ(耐性によるが基準値100前後のダメージを必ず与える)
雷鳴の盾・・・戦闘中使うと全体に雷属性のダメージ(耐性によるが基準値50ポイント前後のダメージを必ず与える)
幻想の髪飾り・・・戦闘中使うと単体を必ず眠らせる(同じ魔法があるがMP使う上にミスする場合がある。つまり必中のうえMP消費無いため強力)
回復の杖・・・戦闘中使うと使用者のHPが20回復する
××の鎧(名前を忘れてしまった)・・・戦闘中使うと使用者の攻撃力2倍(なんかそれっぽい名前の鎧だからすぐわかる)

このゲーム、マイナーすぎて攻略サイトが無いのだが、
これらの装備品がゲーム中盤頃に順々に手に入る
戦闘で今の道具を駆使すれば、かなり楽に経験値稼ぎをせずに先へ進める。


ドラゴンの育て方。

説明書も曖昧でわかりにくいのだが、

ゆうき・・・命中率に影響するので3ポイントは欲しい
かん・・・後列の敵にダメージを与えるキックを覚えるがいらない
ガッツ・・・3回連続攻撃等様々な肉弾攻撃を覚える。重要
ちえ・・・3ポイントないと魔法を使ってくれないので必要。
あい・・・威嚇したり回復(30ポイント前後)してくれたり、かばってくれたりする。重要


しんどかったら、特に序盤はもう、レベル上げしか、有効な攻略法が本当に存在しない
そのさい、弱めで楽に倒せる敵を選ぶことがオススメ
というのも、多少強い敵を苦労して倒しても、たいして経験値やお金が入ってこない
無傷で短時間に沢山倒せるザコを乱獲したほうが圧倒的に早い


このゲームもリアルタイムで持っていたが、ほとんどやらないまま、親父がクリアして売却されていったが
なんとなくそれがわかるゲームだった。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR