小説のアイディアとRPGのアイディア

☆一年前に思いついた小説のアイディア

ゲーム大好き少年の<主人公>は、様々なゲームでトップランカーと競い合うストイックゲーマーだった。
そんな<主人公>は、超人気ネットワークRPGをプレイし始める。
そこでも頂点を極めるのかとおもいきや
「俺、競い合うの疲れた…。このゲームはネカマのロールプレイでまったり楽しむ」
という意外な一言であった。
ゲームの腕前は堪能だが、慣れないロールプレイに四苦八苦する<主人公>
個性的な遊び仲間が次第にできてくるが、性別を偽ったプレイスタイルが災いし、様々な苦難が振りかかる。
LINE通話、オフ会、直結プレイヤーの粘着…。
それ以外にも、ギルドを壊滅に追いやる爆弾型HIMECHAN、テポドン式OBACHAN…。
リアルとネットが交錯する数々のトラブルを乗り越えた先に、<主人公>を待つ存在とは…!?


☆まあ…その。正直な話、【第一印象】はどうなんだ?と
敢えて伏せている部分も多いのだが。
今、2万文字以上、既に執筆済みの小説。

やはり色々と苦労している

他にもアイディアは4,5個あるのだが、敢えてこれを選んだ理由。

自分自身が、結構なネットワークRPGプレイヤーだったから
この企画を具体的に進めていくのが一番いいと思った。

ファンタシースターオンライン(初代) 1000時間程度
ファイナルファンタジー11 1600時間程度
ドラゴンクエスト10 1500時間程度
ファイナルファンタジー14 ???(プレイ時間が出ない為不明。新生2.0時点のメインクエストクリアと、無料期間にプレイして、LV50ジョブを2つ作成)


自覚症状がなくとも、自分は黎明期からのネットワークRPGを体験してきた
これにラグナロクオンラインとファンタシースターユニバースとモンスターハンターのどれか1作品でも入ってれば最高なのだろうが

だからこそ、面白かった実体験なんかも豊富に入れることが出来る(というか俺のこの20代の実体験を織り込まないと意味が無い)。
なにより、他にひりだしたアイディアと比べれば、一番現実味があった

☆具体的に執筆作業に入ると進まない題材でかなり苦労している
アイデアが出ても、作っては壊し作っては壊しが続く
一番最初は、神の視点で書こうとしてて、作者の都合の良い視点から話を見せていくスタイルだった。
ところが、その後主人公の一人称視点に変更され今に至る。

キャラクターやネタはそれなりに出てくるのだが、ストーリーの中心的部分というかコアのところがはっきりしてないせいなのか、どうにも芯が定まらない。

俺はそもそもこの企画で、何を描こうとしているのか

気がつけばなんでもかんでも放り込もうとして、自分でも訳の分からない内容になってしまっている……………

直近でぶつかった問題としては、ネットゲームの中の世界観まで詳細を決め、ストーリーまで丹念に見せるようにした。
しかし、フィクションの中のフィクションというのはどうでもよい話なわけで…
いくら練りなおしても、なんか面白くならない

せっかくここの世界設定を苦労して沢山説明したり描写したのに、
小説としてはあまり意味のないところのことで、読みなおしてみると面白く無いのだ


そうやって自分が見てきたドラマ、漫画、ゲームとかを思い返してみると、フィクションの中のフィクションを意味もなく見せたりするものとか一つもなかった。

☆尺も決めなきゃいけないし、もう一度原点を見つめなおさなければならないかもしれない
これだけスクラップビルドを繰り返していると、まず小説全体のボリュームを決めなければならない。
未完結でも許されるのはブラックジャックとハンターハンターぐらいなものだ。

小説は完成させて初めて意味がある

結末は決まっているのだから、完成させられる現実的量を考えてエピソードの数を考える。

俺にはそれほど自由な時間は残されていないのだから、完成させられそうなところにまで現実的な着地点を考えなければならなかった。

そしてもう一度、何を描くのかを絞り込み
主人公の設定などを見なおさなければならない


なぜ作業が進まないのかというと、俺にとって都合の悪い設定が多く存在しているからだと考える。
進めようとすると、進まないのはそれが原因なのだろう。

最悪、俺にとって具合の悪いところは全部切り捨ててやっていくご都合主義路線しか道はないのかもしれない……

俺が書きたいと思ったことだけ書いていく……もちろん最後には直すけど。

☆いっぽうRPGツクールのネタは順調に出てくるのだった
やはり触りしか作らないと頑なに決めたからなのだろうか…。

短編のRPGとかじゃなくて、物語の導入部を作る
ストーリーとしては未完結でも、後シーラネって言う作り。

そっちのほうが俺にとって面白いからそうやることにした
RPGツクールなんて、ちゃんとしたやつ
認められるようなの作ろうとしたら膨大に時間がいるし、残念ながら俺にはそれを頑張る時間は残されていないのだた

それにRPGツクール2000の野郎
どこに隠れやがったのか、なかなか見つかんねえんですよ!!


最悪VXの体験版で作るか…どうせ触りのとこちょっと作るだけだし…
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR