俺の人生はもう長くない2014 ~終焉~

もう時間もなくなってきたので、一つ一つのエピソードを丁寧に書いている暇もなく、
とりあえず書こうと思っていたエピソードを略式で書いていく。

☆幼少期について
親の影響で物心ついた時からゲームやってた。
けっきょく南極大冒険、ロードファイター、F1レースなど。

愛読書はゲーム雑誌。主だった2誌
ファミマガ(ファミリーコンピュータマガジン)
月刊PCエンジン
ほか多数

小さい時からゲーム漬けだったというわけではない。
親父がいる時間、平日夜、日曜などはゲームが出来ない。
小遣いをもらえなかったし、自分が欲しいゲーム、ものを買ってもらったことも殆ど無い。

その反動で、ゲーム雑誌を読みなくって、ゲームやった気分になったりしてた。
小学生の頃から大手ゲームメーカーとその特徴を答えれたし、雑誌に取り上げられるような開発者は覚えた。

ただ、子供の時は、ゲームよりも外で遊ぶほうが好きだった。
家にゲームあっても、自由に遊べないから人の家に行くことが多く、ゲーム:外遊びが半々ぐらい

☆俺の親父について
そもそも俺がろくでもない人間だし、自分の親だからあまり悪くいいたくはないのだが、なるべく事実に沿った話にする。

現在の俺の立場から見ても、うちの親父は、精神的に子供すぎると思う。

自分に甘くて他人に厳しい。

典型的な家弁慶で、外と家では別人格
外)気が小さく、物静か。猫かぶり。
家)外での態度が嘘のように本性を発揮。怒号や怒鳴り声が飛ぶ。横暴。自分のわがままを何が何でも通そうとする。

自分が楽しければ家族であっても他はどうでもよく、やらなければいけないこともほぼほとんどを人任せにしていた。
趣味は絵描き→ゲーム→PC→DVD鑑賞

その異常性を示す出来事を明かす。

小学4年生とかそれぐらいの頃、親父にPCエンジンのアダルトゲームを買いに行かされた。
(ハッカーインターナショナルのボディコンクエスト2とか完全な18禁ゲーム。昔は色々ゆるかったから子供でも売ってもらえた)
自分で買うのが恥ずかしいからと、まだ分別の付かない年齢の子供を使って、買いに行かせる(実話)

親父には兄弟が2人いるが、兄弟でさえも、絡みにくいからと異常なほど避けられている。

こういう父親と過ごしてきて、俺の場合。
何考えてるかわからないのと、家だとヤクザのような威圧感のある雰囲気のため、言いたいことも言えない萎縮した状態で過ごしていた。
親父の物言いに何か口答えすれば、物凄い勢いで怒号が帰ってくるため、次第に何も言えなくなる。

今も昔も居心地が悪かった。
だから仕事とか、なんとかして家を離れたいと思っていた。
地元の身の丈にあった会社に入るみたいな地に足についた考えを持てず、大都市志向になっていたのはそのため。

こういう性格だから、仕事も嫌々やっていたというか、基本的には働きたくなかったのだろうと思う。
幸い表沙汰になることはなかったが、そのストレスを家で爆発させていたのだと思う。

俺が新聞販売店に就職した頃、親父は物凄く「仕事を辞めたがっていた」。
辞めて、隠居して、俺の収入で食っていきたいようなことをすごくいっていたようだった。
俺の本心は、そうさせてやりたいという気持ちと、死んでも親孝行なんてしてやりたくないという気持ちが半々だった。

こう思うに至ったのは、なんだかんだ言って総合的に魅力があり頼りがいのある父親であればよかったが、そうではなかったからだ。
外での猫をかぶった親父の姿が、あまりに、情けなすぎた。
俺には良い年してゲームやめろとか聞き飽きるぐらい説教するが、自分は高性能PC買ってそれでゲームやっている(それもトゥームレイダーとかいまどきのやつ。しかも余裕で60フレーム動作するようなPCでやってる)。

そういう理不尽からさっさと逃れたかった。
これは、親父だけでなく俺の母親の方も言い続けている。

この年齢にもなって、父親の、それも悪いところばかり書き上げるというのも、気が進まないというか、やりたくなかったことなのだが、
良い部分というのを、いくら考えても、出てこなかった。

☆その他仕事の問題などについて
動けなくなってきた理由の一つとして、職を転々とするのが辛くなってきた
諦めて開き直ったとはいえ、求人情報を見るぐらいのことはやったりする
非正規の仕事、もう若いころほどアグレッシブに動けなくなってきた
これ終わったら、また次を探さないとならない、新しい仕事の度に、単調さ業だろうが仕事をその都度覚えなければならない
これの繰り返し。疲れた。給料も安い。出口が見えないことを繰り返して何になるのか

俺の住んでるところを公開しても、あまりメリットはないのだろうが、北の地の都会でもない田舎でもない町
移住は間違ってもオススメしない。俺だけじゃない、周りも職付くために過酷に苦しんでる。
コネで入ったとか、ほんとうに多い。俺はそのコネすらもない。

そんな所
(さらっと書いたので、加筆修正する可能性あり)
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR