貧乏人生から何とか卒業したかった…

普通に就職して働いて
そんな当たり前のことがどうして俺は出来なかったんだろうといつも悩む

まあ俺の性格上、それはそれで満足できずに、どうしても雲をつかむような夢を追い求めようとするのだろうが

例えば今みたいに

しかし、社会に敷かれたレールの上を走っていたら、少なくとももっと地に足の着いた
建設的で他人からも理解されるような行動を取っていただろうと思う。

「なぜ新聞販売店をやめたんだ」

俺は今日、行った精神病院の先生に言われた。
なぜって言われても、嫌になって続けられなくなったからやめたとしか言えなかった

というか、10年通ってる、この精神病院の先生にも今の俺は見放されてますからね

金払って診察してもらって、不愉快になって帰ってくるってどういうことだっていつも頭にきてる
母親の方は、去年訳あってこの病院に行ったことがあるのだが、

「あんたはあの病院に合ってない。患者はジジババばかりで、どうみたって不釣り合いだ」
と言われているが、今になって俺はあの病院の先生とそりが合わない事を実感している

10年経っても定職つけなくて、挙句、最近は発達障害とか障害の線を疑いだしてそれのせいにしようとして言い合った(少し前に)
そういうのをみて、あきれ果てたんだろうな
オレはオレで、怠けるとかじゃなくて本気でそういう路線を考えていただけなのだが

最近までその意見に肯定してなかったのは、この病院もそもそも別の病院の先生に紹介してもらって通院し始めたからだ
そう簡単に、合わない合わないで、自分に都合が悪いとなかったコトにして次の病院に行こうとするのはやりたくなかったのだった

まあ10年
色々ありましたよ

あまり言ってこなかったが、接客業のバイトはたくさん受けたが全部全滅した

そんなに落ちるか!?ってぐらい落とされた

イオン
ゲオ
ヤマダ電機(契社)
シネコン(2回)
ホーマック(2回)
スーパーデンコードー

これで、全部。
多分

30前にして、慌てて受けたとかじゃなくて、20から25の間に受けたバイト

何がいけないんだと、何回もため息が出た。

そして俺は、こういう店員のバイトとかは、出来ない人間なんだと若かりし頃痛感したものだった

親からは
「働きたくないもんだから、わざと落ちに行ってる!!」
なんて怒鳴られたもんよ

まあ、肉親だろうが他人からしてみたら、これだけ落ちまくってたらそう取られても仕方ないわなと

一回一回を真剣に受けてこれだから困っている

それで、去年、2013年
色々受けたけどやっぱり全部ダメで。

まあ、アレだね
履歴書送り返してくるときに、折り曲げて小さい封筒に入れて返してくるような会社は、こっちからお断りだね

求職者を何様だとおもってんだと

下に見てんのか貴様は

沢山受けてたらこんな風に見えてくるから。自然に。

書類審査だけで顔も見ないで落とす会社もむかつくけど、履歴書折り曲げないで返してくる定形外郵便で金かけてる会社はちゃんとしてるんだな畜生ってぐらい思うし。

あまりに無礼な会社があっていまだに忘れてません

あれは2013年夏のことだった

会って、履歴書30秒で見てすぐ、さんざん俺のディスりが始まるわけですよ

「ずっと市役所の臨時職員で働いてれば?」

「親父に、家族に迷惑かけて恥ずかしくないのか!!」

30過ぎてからの、
職歴ろくにない人間への風当たりの強さを感じるが、にしてもやり過ぎだろお前

途中でブチ切れて帰ろうと思った
ていうか帰ったほうが良かった
圧迫面接とかそんな芸達者なこと出来るとこじゃない零細企業
俺自身、この会社の中に入ってみて、場違いすぎて失敗したと思ったぐらいだ

人間プライド捨てたら、へなちょこになって何も無くなりますからね

未だにWindowsXP使ってるようなヘボいクソ会社に突っ込まれたくないですねホント

履歴書戻してくるとき、めちゃくちゃ小さい封筒で、無理矢理履歴書折り曲げて突っ込んで送り返してきやがった
あんなに礼儀のない会社は初めてだった…

新卒カードの頃から、俺への風当たりは強かった
こんな、求職者を脅してふるいにかけるような会社ばかりだった

そしたら、俺の中で、

「自分で何かやっていかないとこれは無理だな」

と薄々思い始める

ま、
それが、「ゲームばかりやってるゲス野郎」
とか、今になって馬鹿にされて石投げられてもしょうがないことをやりだしてた

まあでも、何か一つ決めたことを10年やり通したんだから、そこは自己評価すべきだと勝手に思ってる
社会ではなんにも評価されないから、死ぬしか無いなと思っているわけだが

何回、入社試験と、適性試験をやったことか…
もう合同企業説明会で手当たり次第応募したとこまでは、全部覚えてない

最近は、最賃の契約社員の採用面接でも、社長が出てきて、PCテストがあって(IT系なので)
面接の時に、3対1で、

「自己アピールを3分間やってください」

というハードルの高さ

俺はおしゃべりだから、余裕で3分を超えて、海坊主の社長から「もういいよ」と遮られるほど必死にアピールしたが!!

落ちた

2013年冬のことだった…

そして最後
2014年初頭
車屋の洗車係のバイト
さすがにこれは受かるだろうと、丁寧に書類を作って俺は送付した

翌日電話が来て

「いやあ、貴方みたいな素晴らしい人はここには勿体無いです」

とか何とか言われて落とされた

そして、やむなくクロネコヤマトのバイトに行く

どんだけ運命はクロネコヤマトで働かせたがってるんだと

こういうことが積み重なって、俺は、社会の常識につき従うことが嫌になった

ま、その結果が、このザマよ

俺の、この10年の対応が、適切ではなかったことは認めざるをえない
10年もあれば、もっと建設的な行動や対応をとれてたはずだ

だが、俺は数々の挫折を踏み越えて、いきたいとお思わなくなったのだ

ぎゃくに、俺がやりたいと思っていることをとことんやってやりたいと思った

楽してゲームをやって生きていきたいだけ
→ま、そうでしょうね
でも、自分の人生、
たった一度だけの人生、わざわざ社会のルールに嫌々したがって、苦労する路線に入り込むことこそナンセンスだと俺はホンキで思ってる
30過ぎた親父の人生論かって感じだが
普通、好きなことやるために生きるんじゃないの?
俺はゲームばかりやってるとはいったって、そのゲームはほとんど自分で稼いだ金で買ってるし、
欲しい物を買うために、やりたくないバイトだって我慢してやっていた
ちげえよ、生きるために働くんだよってのだってわかってる
そこでつまづいて、どうにもならなくなった時、それが今の俺だ
なんか、そうやって人生を俯瞰的に見た時、やるせない気持ちになっても、仕事があって収入を得てたらそれでいいじゃないのか?
その現状を、流されるまま生きるか、納得がいかないから捨てるて別のことをするか決めるのが人生じゃないのか?

俺はそう思ってる

具体的に努力もしてないで結局何をしたいんだ、ただ遊びたいだけじゃないのか
→確かにブログだけ見たら、俺は(30過ぎてのたまうことじゃないが)ゲーム会社入ってゲーム作りたいのか
その辺の目標が曖昧で、目に見えて目標へ向かって行動してないのはあるでしょうね

はっきりいって、いまの俺の最大のなやまはそこであって。

何度も書き続けてるが、俺は本気で、結果がでなかろうが小説を完成させたいと思ってる
それすらも、うまく事が進まないからグダってて悩んでるわけで
この辺が円滑に進んでたら、はっきり言って俺は悩んでませんね
目的と目標があって、それに日々近づいている実感があれば、それが何よりの喜びになる

会社に雇われるに固執せずに、当面は何かしら活動するための生きるための収入源が欲しいですよ本当に
そういうことも考えなければならないから、はかどらないわけで。

正直もうブログに書くことなんてなくて、でも伝えたことをなんとかひねりだして書いている
だから理解してもらえない、もらいにくい内容になっているだろう

今の俺の抱えてる心の葛藤やどうしたいのかという問題
それをなんとか伝えるために一生懸命書いた

それすらも最近は無駄だと思い始めて、ブログから離れ始めているが

後はもう、最後のたびにでなければならないことだ
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR