12年続けたゲームレビューサイト、マジで辞めるかもしれない

サイドバーや最新記事のところにもリンクを張っているので、見た方もいらっしゃるかもしれないが


ちょうど一週間前、このサイトのアフィリエイト化を行った。
その時に、googleアナリティクスのアクセス解析コードも、全ページに貼り付けた。

googleアナリティクスのアクセス解析は、htmlの場合、ページごとに貼り付けないときちんと機能しない。
それまでは、トップページとかゲームレビューのリストページだけしか貼り付けていなかった。

そこで判明したのが、本当に俺のゲームレビューは読まれていないということ

いや、自分が本当にびっくりしたぐらいだ

2014年5月に休止する以前、ジオシティーズにHPを置いていた頃は、結構アクセスがあった。

本当だ。

ジオシティーズ時代は、デフォルトでアクセス解析機能がついていた。
とはいえ、ページごとにページビューが見られるぐらいの簡素なものだが・・・。

それも2014年5月にジオシティーズ全体がリニューアルを行ったことで、そのアクセス解析もなくなってしまった。

俺のポリシーとして、新作ゲーム以外は一々更新を連絡しないという形式をとってた

それでも、新作ゲームの場合は、トップページで更新したことを告知すると
更新当日だけで、50から100のページビューがあった
(ものによっては100以上行くこともあった)

だから、古いゲームのレビューを更新しても、目ざとい人は読んでくれるだろう
と思って、一々告知しないでやっていた。
実際、そうやってひっそり更新したゲームレビューも、ちゃんと僅かではあるが読まれていた。

それが・・・
1年半休止して、FC2のHPに引っ越して再スタートをした。
ジオシティーズの方でも、移転した旨を書いた。

だが、アクセス数は戻らない。

俺は、この時点で強烈に焦りを感じた

ああ、もうダメか・・・・

やはり1年半の空白期間を入れてしまうと、一度離れた客は戻ってこない

今から5年前の2011年
ホームページについてのアンケートを行ったことがあった

その時は有効回答数が64もあった。
いたずらで何度も回答した人ももしかしたらこの中の数に含まれてるかもしれない

が、
大体の固定客の人数はこれでわかるだろう

俺は愚直にゲームレビューを続けていれば、必ずそれを見てくれる人がいると思っていた
(確かにツイッターでフォローしてくれてゲームレビュー読んでますという人もいるにはいたのだが……)

だが、現実はそうではなかった

おそらく、去年RPGツクール3でゲームを作ったりなど
ゲームに対する真摯な姿勢や労力は、ジオシティーズ時代に客がついていた頃よりも
数段レベルが上がっていると思っている。

やはり大きかったのは、どんなチャチなゲームでもいいから、一本ゲームを完成させたことだ

それから、ゲームに対する見方がだいぶ変わった。
特に根気強くなったのは身にしみて実感してる。

俺は、これまで確かにストイックすぎたかもしれない。

ゲームを楽しむ気持ちや愛情はなかったわけではない。
だけども、俺はゲームレビューに情を込めるのはナンセンスだと思ってた。

良いと思ったことダメと思ったことは正直に書くべきだと今でも思ってる
だけども、俺のそのやり方は、あまりに極端すぎた

俺は、ゲームレビューに点数をつけなかったり、画面写真を付けなかったのは
俺の書いたゲームレビューを通じて、読者の皆さんに考えて欲しかったからだ。
画面写真に頼らず、ゲーム内容を説明して、俺は読者の皆さんに想像して欲しかったからだ
そしてこれは俺の身勝手なことかもしれないが、文章だけでゲームを説明する、出来るようになりたかった

それに、あの程度のゲームレビューなんか、殴り書きでサラサラッと書けると思われるでしょうが
実はブログの更新よりも、相当丁寧に時間が掛かっている
ちゃんとしたやつだったら1時間以上かかっているし、新作ゲームなど力の入った長文レビューに至っては4時間とか5時間。場合によっては丸一日かけて書いてたりする
だけども、読まれない。
これは俺のやり方が悪いのだろう。

あとは、新作ゲームを取り上げる頻度が激減してしまった
これは、俺の金銭的な理由が大きい。

これまでもかなり無理をして新作ゲームを買ってレビューをやっていた。

俺がPS4を所持していることに驚いている人もいたかもしれない。
PS4は、正直結構無理して買った。
まだギリギリ、買えるぐらいの金があるぐらいの時期に発売されたので、買うことが出来た。
約半年後に出たXboxOneは、もうその時の俺の財力では無理しても買えない状態だった。

だから買わなかった。

XboxOneがにくくて買わないとか、どう見ても普及しないとか、俺はそういう視点で買う買わないを決める人間ではない

今も、金銭的な問題が解決してれば、プレイステーションVRなどの流行の最先端を追いかけ続けていただろう

ただ、そこまで俺も悲観的に見ているわけでない

googleアナリティクスのアクセス解析が、かつてのジオシティーズの簡易的なアクセス解析とくらべて
計測が厳格であるというふうにも思っている

だが、いずれにしても、googleアナリティクスの方が精度が高い結果を出しているのは確かだろう。

これまで長年にわたって好きでやってたからとしがみついてでもやってきたゲームレビュー

俺はこの歴史に幕を下ろすかもしれない

いや、
好きだから、そうはいっても続けるかもしれないが、活動規模は大幅に縮小してしまうことは間違いないかもしれない

まだ、このブログとか、Youtubeチャンネルで実況動画に力を入れてるほうが可能性としてはあるといってもいいぐらい、今のゲームレビューサイトの状態は絶望的だ。


えっ、
この動画も、全然見られてないけど?

たぶん、他人はそう思われることでしょう

俺は決してそうは思わない
そりゃあ、有名所や知名度のある人達に比べれば、まだまだだろう
だが、一歩一歩が遅くとも、着実に動画へのアクセスはあるし、
動画投稿を気分で休止しても、チャンネル登録してくれる人もいる
まだ、この分野では、俺が食らいついていく余地はあると感じている
それは、あまりにも楽観的すぎるかもしれない考えかも知れないが

だけども、今のゲームレビューサイトは、このYoutubeチャンネルよりもさらに見られてないと思ってもらっていいです

12年、好きでやり続けてた人が、諦めるぐらい、将来性がないというか、もう何をやっても終わったと
感じさせるほどの状態と思ってください

画面写真つけたり、点数評価入れたり、自分の意志を曲げて読者にこびたレビュー内容にしたりといった
テコ入れを施したとしても、もう手遅れだろうといえるほどの状態

それこそ、こういうことに詳しい人に復活できる方法を、手取り足取り教えてもらうぐらいしないと無理
というか、そこまでやってももうダメで、諦めたほうが良いという話になると思う。

それよりなにより、単純に、ゲームレビューも俺は自分のために続けたいけども
ゲーム実況動画を撮影して投稿するのが、純粋に楽しい

他人は、俺の実況動画を見て、ぼんようで、面白いところなんて特に無いとこき下ろすかもしれないが

少なくとも自分は面白い

自分で自分の動画を何回も見返してみて、客観的に「この動画の続きをもっと見たい」
と思っているぐらいなのだ

そこでまた、これを読んだ皆さんが

「自分の動画を面白がるなんて、どこの明石家さんまだ!!」

とか突っ込まれるかもしれないが、これは俺にとって褒め言葉と思っている

実況動画に全力投球すると決めたら、前回のエントリで書いた、高画質キャプチャーボードだって
値が張ったとしても、この際いろんなゲームを実況動画という形でシェアしながらやるための
ランニングコストと思えば、全然安いと思ってる

昨日一日中、動画配信のことについて調べまくっていたが、それ自体も苦痛にならなかった

やはり俺は実況動画こそが、

いや、俺には実況動画が天職なんだろう
俺はこれに気づくまでがいくら何でも遅すぎた

こうなればもう、いくら再生数が伸び悩もうが、俺を応援してくれてる人たち、今動画を見てくれてる人たち
が、
僅かながらいることがわかっているのだから、頑張ろうと思えてくる

これまではゲームレビューみたいな物書きが天職だと思い込んでいたがそれはどうやら違ったようだ

だが、実況動画だけやって、というつもりはない

あの形のゲームレビューは規模縮小するかもしれないが、
俺の持っているゲームの知識を、別の形で活かしていくといったことは考えている

その時は、画面写真を駆使したり、もっと読み手に配慮した内容に物になると思ってください

ただやっぱり、正直な所ショックは隠し切れない

やはり俺には俺の、ゲームに対する、ゲームレビューに対する哲学があったわけで
それを押し付けてるような格好にはなってしまっていたが
俺はこれを頑張れば、必ずわかってくれる人がいるだろうと思ってた

それが出来れば、沢山の人達にわかってもらえれば幸せではあるが
たとえ少人数でも、俺のゲームレビューを愛好して読んでくださっていれば、それだけでも続ける原動力になった

まあまだ、googleアナリティクスを設置して一週間も経ってない状態から、結論を出すのは早すぎたかもしれない

だけども、もう潮時だろう

俺は勝手にそう判断した。

終わります。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR