Youtubeの大物ゲーム配信者たちを偵察してみる

この前からゲーム実況を始めると決めてからというもの、
すっかり俺のやる気スイッチが入ってしまったようだ

もう今はそれしか考えられなくなっている

この感じ

RPGツクール3でゲームを作ると決めた時と同じ感じだ

いつもは暇さえあればゲームをやっていたが、
先週日曜、プチ家出して帰ってきてからは、全くやっていない

サイト収益化の作業に三日間。
月曜、火曜、水曜の三日間、みっちりとかかりきりだった

木曜、金曜は、ゲーム実況を再び始めるか、これから何をするのか多少悩んでいた

口ではゲーム実況再開すると言っていても、まだ体全体が乗り気ではなかった

土曜日に一日中かけて調べてみて、思った以上に金と知識が必要だということがわかったのもある

この辺は俺が甘いのかもしれないが、動画サイトを開けばすっかりゲーム実況が定着していたから
昔と比べれば、簡単にゲーム配信が出来ると思っていた
が、現実は違った。

それで、俺は、今、
同居している親を説得して、ゲーム配信を撮影していいか聞いてみたが、

やはりダメだった

「また家族が寝静まった夜中しかやれないのか……」

俺は大きく落胆した

そもそも、何をやろうか考えた時、親を説得する必要のあるゲーム実況が
今の状態だとやりやすいと思ったから、それを選んだわけで、地の利が生かせないことがわかった途端
一気にやるのがキツイものになってしまった

だが、今回はやりたい

6年前の夏
一度は嫌になって引退表明してしまったゲーム実況を俺はやりたくなっている

この煮えたぎる感情は、9年前、なんでも実況Vに降り立った時と同じような感情だ

もうこれ以外は手が付かない感じになっている

俺は身体の内にふつふつと燃えたぎるものを感じていた

まあ、
再生数やらがボロボロだったとしても俺は構わない

やりたいなあと思ったものをやっていくだけだ

俺は実力がないから、やれることといったら、とにかく他の人よりも沢山撮影して投稿するぐらいしか出来ない

普通の人が1回バットを振ってる間に、俺は10回バットを振る

俺がホームランを打つには、それしかやり方がないからだ

だからもう、そんな寝静まる深夜を待つのすら今の俺には惜しい

だってもう気持ちは今すぐにでもやりたいのだ

だけどそれが出来ない

これがどんなに歯がゆいことか

今の俺がやれることと言ったら、このブログで
その心境をごちるぐらいしか出来ない

なんてことだ!!

しょうがないのでYoutubeで成功しているゲーム実況者たちを検索して偵察してみたのだった





まずは知ってる人は知っている、超有名な人
これは真似できないレベルの人だ
ニコ動だと幕末志士クラスの水準を持ってる

まず、声が大塚明夫という声優さんにそっくり

この時点で卑怯ナリ!!

そして、ゲームもうまい

更に高画質。レトロゲームも1080p60fpsという抜かりなさ

画質の良さは置いとくとしても、声が似てる、だけでなく、ゲームが上手いというのが、レベルが高い

アクション、特にFPSが得意というのは、もう俺には勝てない素質を持っていて、どう頑張っても俺はこの人にひれ伏すしか出来ない

ただただそう思わせるハイクオリティなゲーム実況者だった

揚げ足取りの大得意な俺が揚げ足取れるところがないのだからすさまじいと言わざるをえない(鼻息)




この人の動画は、最近の新作ゲームで適当に検索したら出てきたので知ったもの

だいだらという人らしいのだが、ニコ生で4年精力的に活動して今や立派な大物に成長
色々な公式イベントなどに出たりしているらしい

動画は高画質だが、生放送出身なので、動画編集は一切なし

こういう人が人気になるんだなあというのが勉強になった



サムネイルがなぜか削除された画像になっているが、クリックすると再生されます


この人は、Youtube始める前から知っている

もともとブログでゲームレビューをやっていた人で、1000本以上のゲームレビューをやっている


動画を始めたのがPS4の発売した頃。
当初はPS4のシェア機能を使って、twitchで配信していた

が、その時点ではマイクもなく視聴者も全然いなかった

その頃のブログも、特別アクセスが多かったわけでもなかった

しかし、その後Youtubeに進出後、いきなり有名になり始める(2014年5月頃)

もう俺の手の届かないところまで行ってしまった

初期は編集された動画ばかりだったのが、いつの間にか生放送がメインになって
今は編集無しの動画ばかりになってしまっている






さて俺はどうすべきか

少し、闇雲にやる前に、考えなければならない

というよりも、闇雲にやりたいと思っていてもやれないので、
空いた時間を使って、しょうがないので少し考えることにする

俺はゲームと言っても、その中で何が得意か

格闘ゲームが得意とか、アクションゲームが得意とか、そういう上っ面の話ではない

もうちょっとゲーム実況的なもののことだ

とりあえずは、ドラクエ10、FFXIVといったMMORPGをやろうと思っている

これはもともと、なんでも実況Vでゲーム配信をしていた頃
最高に盛り上がったのが、メタルギアソリッドとFFXIだったのだ

メタルギアはなんでも実況Vでは人気タイトルだったから誰がやっても盛り上がるのだからそれを除外すると
FFXIが盛り上がったことを考える

始める前は、誰もが、

「やめとけ」

の連呼だった

ところがやり始めてみると、俺がなんでも実況Vで配信してた2年間の中で
一番盛り上がったと言っても過言ではない盛り上がりを叩きだした

最高に盛り上がったのはメタルギアソリッド3のラスボス戦あたりも、
スレッドの勢いは頂点を極めていたが、おそらくアレを超えていたんじゃないかと思う

FFXIとドラクエ10はまた違うゲームだし、生配信と録画ではまた事情が変わってくる
あれから10年近くたって、周りの環境だって大きく違ってしまっている。参考にはならないかもしれない

だが、
過去の成功事例を考えると、このあたりに成功のヒントが隠れているように思う

昔の若いころの感性がなくなって、俺のアンテナも錆びついてしまっているから、他にやりようが思いつかないという苦し紛れ感もある

ただ
俺が最近やったフリーゲームのRPG2本、自作RPGの動画をみるかぎり

俺はRPG配信のほうが向いているのではないかと感じている

多くの人は、テンポの良いアクションゲームや、人気のホラーゲームへ行きがちだ

まあ俺の喋っている内容が面白いか詰まらないかは置いといて
とにかく俺はよく喋っていると言う風に感じている

そこをどうやったら活かしていけるのかということを考えてみることが重要なのかもしれない

俺のトークが、どのジャンルに適しているのかということを考えなければならない

しかし基本はいろんなゲームをやっていくしか無い

終わります
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR