スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椎間板ヘルニアになってからというもの、何も手がつかなくなった。それからもう1週間

腰を痛めて、病院へ最初に行ってからもう1週間が過ぎた。。
今日はまた、半分ぐらいは仕事をズル休みして、また病院へ行った

症状自体は2週間前の木曜日から出始めた

左足が常に痺れてヒリヒリと痛く、それからその痛みは腰に伝染した

木曜日の仕事中の過労で、金曜日は午前中だけ休んだ
その時はただのひどい筋肉痛にでもなっただけだと思っていた
木曜は家に帰ってから、すぐ布団に入り、起きたら深夜2時を過ぎていた
毎日汗だくになって働いていた俺は、その日は風呂に入りたかったが、体中の痛みと疲れが凄くて入ることが出来なかった
だから金曜日は午前中だけ休むことにした

だが・・

土曜日曜
左足の痺れは一向に治らない

そして月曜に病院へ行く

そこで検査をしてヘルニアか坐骨神経痛だと診断された

それからだ
ずっと、
左足の痺れと、腰の痛みに悩まされている

腰を傷めたからって、仕事を休めない

火曜日からは普通に仕事が始まった

それ以降、家に帰ってきても腰と足が痛くて何もする気が起きず、布団に直行する毎日だ

暇さえあればゲームばかりやっていた人間が、ゲームすらやる気にならない

腰の痛さもそうだが、左足の痺れが、身体に妙な違和感を感じさせる
気持ち悪いのだ

とにかく仕事以外の時間は、布団に入って寝る
鎮痛剤が強烈な眠気を与えるので、その力で眠ることができるが
眠くない時は、起きてPCでネットするぐらいしか出来ない

暇だ

激しく暇だ

かといって何かをやろうという気持ちにはどうしてもなれない

腰と足の痛みのせいだ

ちょっと椅子に座ってネットやってるだけでも、すぐに疲れてきて布団に入るというループを繰り返している

自分の動画か他人の実況動画を探してきてそれをBGM代わりに寝る
寝ると言っても、眠りに入ることは出来ない







去年秋、郵便局をやめた時も、色々な理由があるが一つは体調不良がある

郵便局で働いていた時も、ぎっくり腰になって病院にかかることになった

その時は腰が痛いだけで、今ほど症状がひどいわけではなかった

しかし、そこでずっと働いていたら、このぎっくり腰の腰の痛いのが治らないと思った
半月弱それでも働いていたが、俺は意を決して辞めることにした

今回も、赤の他人の会社で働いているのなら、こんな感じですぐ辞めるのだ

体を壊したとかなんとか言って

それが出来ないから困ってる

知り合いの会社だから

それも、プライベートに入り込んでくるようなしがらみのおおい会社なので、これぐらいで辞めるのは難しい

だから俺は困っている

それでもう、家出をするしか無いと思って、昨日、日曜日に家出したが、
ヘルニアのせいで、ちょっと歩いただけで、もう足が動かなくなる

つまり今の俺は八方塞がりになっている

地獄のような生活から逃げることも出来ず、しんどい環境に囚われ続ける

大げさな物言いだが、俺にはもうどうしようもなくなってきていた

体の痛みを誤魔化すために、食べる飲む

暴飲暴食がひどくなってきていた

気を紛らわすために、ゲームやったり出来ればいいのだが、それすら出来ない

パソコンでネットやっていても、俺の部屋のパソコンはパソコンデスクに置いてあるので椅子に座らないと出来ない
なので疲れる

すぐ疲れて布団に横になりたくなってくる

何も出来なくて暇だから、無理矢理眠ろうとするがそれも出来ない
痛いのを誤魔化すために出来ることと言ったら、食べたり飲んだりするだけ

そして、逃げられない仕事

俺はいよいよどん詰まりになってきている

俺もそう思っていたが、他人からしてみればたかが腰を悪くしたと思う

だけども実際、腰をダメにしてみると、周りが思っている以上に生活に支障が出る

腰をダメにすると、まともにたっていられない
平衡感覚を維持できない
すぐ疲れる

左足の謎の痺れ
ひりひりする感じが気持ち悪い
たとえ座ったり横になったりしてもその痛みがなくなるわけではない


本音を言えば、、治療に専念したい
全く完全に動けないほどではないから仕事に借り出される
それも今の職場は荒っぽい職種だから、これぐらいで休んだりというのも白い目で見られている

俺は苦しんでいる
なんとかしたい








暇で何かやりたくても何も出来ないから、自由になったら何をしようかとかそういうことを考える

ゲームレビューのページは、全然見られてないが、辞めたくはないなあとか

僅かながら読んでるみたいな声も何人かからもらっている
本当に僅かだ
そういう人たちのために続けようとも思うが、結果というものは厳しい

なぜ新作ゲームを全然やらなくなったのか
金銭的に苦しいのもある
だが、俺としてはそれ以上にレトロゲームに力を入れてる理由がある

やはりやっておきたい、抑えておきたいゲームに、古めのゲームが多い
旬の話題の新作ゲームよりも、知識を単純に蓄えるためには時代関係なく自分の都合でゲームを選ぶほうがずっと良い

俺のゲームレビューは内容的に厳しいという声もある
だが、酷評を売りにして成功しているゲームレビューブログもある
そこでうまくいかないからといって自分のやってきた路線を安易に転換してしまうのは駄目だ

俺としてはライフワークとして続けていきたいが、規模を縮小することは免れないと思う

ただ、これをずっとやってきたから、ツクールでゲームを作れたり、今のこのブログの文体
ラノベを書くときの文章力。そういうものが形作られていると思ってる

だから書評ブログみたいなもので、完全にやめることではない
優先順位を大幅に下げるというだけで










こうやって暇になるから、考えなくていいことも考える

どうしで動画が思ったようにうまくいかないのかなあなどだ

俺が今撮ってるフリーゲーム2本の動画は本当に面白く出来てるのになあと思う
他に面白い人と比べるとまだまだな水準ではあるが

特に「あすなな」の後半の方は、脂が乗ってきて隙間なく喋れていて
90年代のオタク系ネタトークが満載でかなり面白くなっているはずだ

9th~のほうも、クオリティは落ちるものの、ボス戦とイベントシーンの当たりは何回も見てる
あすななも何回も見て自分で自分を大笑いしている

ゲームプレイ動画的にはイベントシーンが多いのかもしれないが、そういうことを利用してネトラジ的トークを展開している

俺が動画的にはいまいちだと思っていたツクール3動画は見てもらえているので、
現状の原因として考えられるのは、やはりフリーゲームだからという理由しか考えられない

メジャーな市販ゲームをやって、目にして貰える機会を増やすしか無いと考えている

俺はこの結論を出すのは本当に心苦しい

なぜなら動画の主とも言える俺自身は一緒で同じなのに、ゲームによって注目度がここまで変わってしまうというところに悲しくなってる

だから俺は単純にやりたいゲーム、紹介したいゲーム、盛り上がって欲しいゲームをそのままやりたいのだが、
市販ゲームとフリーゲームの壁がここまで厚いとは思わなかった

俺はYoutubeで重視してるのは、目に見える再生数よりも再生時間を見てる

これは、表には出ないデータだ(将来的には表に出るデータになるかもしれないが)

俺の動画は、1回分が2時間近くあり、かなり長い
これによってわかるのは、ちゃんと見てくれてる人のデータがしっかり取れるということだ



動画に力を入れたいと思っているのは何より、俺自身が自分の動画を見返して
この動画シリーズをもっと増やしたいと思っている

もちろん再生数は欲しい。再生数というよりも再生時間かもしれない

なにより
俺自身が自分の動画を見返して楽しんでいるからだ

体の具合が悪く疲れてきた

終わります
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。