スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VX Ace版「マテリアライズバースト」の制作方針と、今後の実況動画について

今回、フルリメイク版「マテリアライズバースト」について、制作方針について書きます

ひとまず、RPGツクール3と同様に、ひたすらマップを作っていきます

で、それを、動画にしてYoutubeへ投稿して中間報告します。
この辺も、RPGツクール3と全く同じ

ただ、マップ、ダンジョンギミックだけを先行して作っていくので
キャラグラフィック、ウィンドウスキン、メニューインターフェイス等ゲームの仕様は開発後半以降まで、デフォルトのままで行きます
(開発進捗動画でがっかりされるかもしれませんので、先に知らせておきます)

現段階では、ゲーム上に流れる効果音(カーソル移動の音、決定音、エンカウント時の音など)は
簡単に変更できたので、全部ではありませんが良く聴く音だけをなるべくツクール臭のしない、オリジナリティのある効果音を選択しました(これだけでも、ぶっちゃけ結構時間がかかった)

とにかく今回は、素材サイトまわったり、スクリプトのことを調べたりで、RPGツクール3のように
すぐにゲーム作りへとすんなり入れないのが大変な所です

そして2作目ということで、こういうゲームにしたいという欲もあり、
それをどこまで実現できるかを模索することにも、初心者でノウハウもないのでかなり時間がかかると思っています
(最も苦労するのは戦闘シーンのリアルタイム化。およびバランス取り。最悪セミリアルタイムにはする)

あと、今回痛いなあと痛感しているのが、いわゆるツクール向けの素材サイトが
こぞってentyへ移行していることです

entyというのはクリエイター向けの支援サイトみたいなもので、少額からクリエイターを支援出来る(お金を振り込む)サイトです
クラウドファンディングの一種みたいなものと考えてもらって構いません

素材提供する代わりに、entyで月額支援していただくという構造になっています
月額100円からと、相場はそれほど高くないのですが、無料とそうでないのとではやはり大きな差がある

今後この流れは更に加速する可能性があり、特に現段階(2016年7月)ではもう、キャラクターグラフィックとスクリプト系の開発者がentyへの移行を進めており、entyでお金を振り込まないと素材を手に入れられない状態になりつつあります

とはいうものの、たかだか100円からの相場をケチケチするなという話もあるでしょう

自分はお金の問題よりも、別の理由で渋っています。

お金を払えば素材をダウンロードして自由に使える

だけども、自分は完成した作品でお金儲けをするわけではない(出来る水準のものが作れるわけでもない)

お金を払って得られるものは素材だけで、その人と知り合いになったりということがない

これが、最大の不満です

そうやって無言でお金を出して見ず知らずの人から素材”だけ”を買うぐらいなら、
もうちょっと出して、依頼したほうが有意義と思ってます。

特にスクリプトは最悪独学で勉強していろいろやれるものの、キャラクターグラフィックは外注しないと正直無理な領域です

無料のキャラグラで、自分が作った「マテリアライズバースト」に近いキャラクタを作るのは無理と判断しており、
この部分は金をかけてもいいから外注したいと思っています
キャラ絵に手をかけるのは、最初にも書いてる通り、開発後半から終盤なので、その頃に具体的な
外注案や外注先について相談していきたいと考えています
現段階ではそこまでたどり着くかすら不安です
バカバカしい話に聞こえるかもしれませんが、これは関してはマジです



で、個人的には接点も何もない人に頼むよりは、何かしらつながりのある人に頼みたいと考えてます
(外注が必要な部分については)
コネだから、お金は払わないというわけではありません。

正直、このさき開発が進まないことにはこの手の話はなんともいえませんが……



そこで自分は実況動画です

インフレクエストの製作者が確か、ニコ生で視聴者と協力して制作していったという事例があります
(そういう制作過程が結果的にニコニコゲームフェスで賞を獲得した理由になったはず)

それを真似するというわけではありませんが、半ば浅ましい理由で実況動画で人を集めてから
ゲームを作りたいようなことを発言してましたが、これが現実味を帯びてくる

視聴者の中から絵が書ける人がいればその人と話して描いてもらい、報酬を支払う
(あるいは自分の固定視聴者の知り合いを紹介してもらうなど)

理想ではありますが、俺はこの流れをやりたいと思ってます

ブログやらツイッターやらやって来ましたが、どれも自分ではこれらのツールで人脈は広げられない
ましてや絵を描いたりの芸がないわけですからかなり難しい


そこでもう
俺には動画しか無いわけです

割とこの辺の構想はマジだったりします




それから動画について

これまで

(ゲーム名) 実況プレイ (part何回)

というタイトルでしたが、思いつきでタイトルを変更しました




(ゲーム名) 弾丸オタトークで実況プレイしてやるっ(大橋巨泉風)


ひとまずこれで行きます

タイトル変えただけで、爆発的に何かが変わるというわけではありませんが、他に妙案があれば提案してください


それと、諸事情で半年以上ほったらかしていた「あすなな」実況は、新しいことを始める前に
先に完結させます

まあ、結果の見えてる動画シリーズで、まだ先の長そうなものを完結させるのは
本音を言えばあまり気の進まないことではありますが

やり始めたことなので、何とか終わらせたいと思ってます

それでしばらくはフリーゲーム実況は封印という形になります

有名なコンシューマゲームをやってくわけですが、特定のゲーム目当てで終わらないように何とかしていきたい

RPGの制作過程動画などはもっと積極的に回数を割いてみたいと考えています

ただやっぱり動画配信が大きな肝になると自分は思っています
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。