フリーゲーム「Cruel Capriccio~λの狂想曲~」が、かなり面白いかもしれない

「Cruel Capriccio~λの狂想曲~」は、RPGツクールVX製のフリーゲームです。

自分のRPGツクールMV製作の息抜きで、やり始めたのだけども、予想以上に面白い

作者の処女作ということで、荒削り感は覚悟してたのだけども、
正直その欠点を凌駕するほど、今のところ(8時間ほどやった所)は面白いです。

この作者さんの代表作となった「千年時計」の前作です。
ストーリーや世界観がつながってるので、こっちから始めました。
(他にも個人的なこだわりとして、作者さんのゲームをリリース順からやっていきたいというのもあったのだけど)

こっちの方はあまり話題になって無かったけども、個人的にはこれもすごく面白い
なんでもっと評判にならないのだろうというぐらい

完全にストーリー主導型のRPGです。
それ以外の要素は、必要最低限の作りというか、狙ってやってるのかまでは判断できませんが
例えばダンジョンの造形とかギミックとか、そういう凝った仕掛けとかはなくて、
あくまで物語をRPG形式で見せていくために作られているだけで、要は簡素な迷路か一本道みたいな作りです。
戦闘も、ザコ戦はサクサクで、ごり押しでガンガン進める。
装備の買い替えもほとんどやる必要がなくて、敵のドロップ品集めて合成要素あるけども、
こだわってやらないと、まず素材が揃わないです。
あと、性能で言えば、店売りのほうが(今やったところまでだと)十分強いので、無理に頑張る必要もないです。

ただ、ボス戦はやや歯ごたえがあります。
もっというと、回復役のキャラがいるときといないときでの難易度の落差が激しいです
いないときは、ポーションがぶ飲みで凌ぐしか無く、
その回復アイテムも、一種類30個までしか持てず、お金もそれほど余裕が無いので、ポーションがぶ飲み戦略も楽じゃないです。
ここはもうちょっとなんとかしてほしかったというか、工夫出来る余地が欲しかったです
回復役のキャラの加入がかなり進めないとはいってこないので、序盤がすごくきつい


なんか、悪いところばかり書いちゃいましたが、
システムやマップギミックが凝ってないので、戦闘はツクールVXのデフォ戦だからとっつきやすく
ダンジョンとかも変に手間のかかるようなことがないので、ストーリー重視のRPGとしては
煩わしさがなくて、難しいこと考えること無くテンポよく話を追えて逆に良いです。

とにもかくにも、本当にストーリーが良いんですよ
台詞回しとか、初作だけあって、ちょっと文体に癖があるところがあるんですが、
ストーリーの構成とか、伏線の出し方、話の進み方とかが、本当にプロ級のクオリティです。
これはもう、誇張がないです

それ以外の部分、演出とかゲーム的な所の欠点を補うほどストーリーがとにかく面白い

ストーリーのノリは、テイルズとか、どちらかと言うとジャンプの漫画みたいなのに近いです

キャラも立ってるし、怒涛の勢いで進んでいくエピソードの数々も一個一個が
シリアスとギャグのバランスが秀逸で、まじで面白いです

とにかくオススメしたい一本です

クリアしたら、もっと冷静に分析sたレビュー書きます。

かなり長いゲームらしいので、ぜひやってみてください

スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR