[フリーゲーム関係]その他フリゲクリア証拠画像、オススメフリゲ紹介

だいぶ風邪が良くなってきました。
多分連日更新はこれが最後になるかもしれません。

最近紹介しきれなかった、過去にクリアしたフリゲのクリア画像とゲーム紹介をやります。


blog69501.png blog69502.png

主人公にデフォネームがないので、何故か「やきのり」
この時、食べたかったんでしょうね

blog69503.png

これは、2014年に「ふりーむ」に初めて来て、最初にダウンロードしたゲームです。
トップに日替わりで出る、今日のおすすめに、たまたまこのゲームが載っていたからです。

ファミコン時代のレトロ風味RPGというか、ほとんどドラクエネタばかりですが
なかなか良かったです。

レビュー欄みると、結構苦戦してる方が多かったですが、自分は難しいとは思わなかったですね




blog69504.png blog69505.pngblog69506.png

サブイベント全然やってない

これは本当にいいゲームでした。

確かリリース直後に遊んでるはず(2014年8月1日にリリースされたゲーム)
だけど、その後しばらく公開停止になって遊べなくなってたけど
最近、Ver2.0が出て、フルボイス仕様に変わったとか。凄いですね。

フリゲ歴が浅いからってのもあるかもしれませんが、この作者の新作を遊びたいなって思うぐらい
丁寧なゲームでした。

でも、これ完成まで確か5年とかそれぐらいかかってるらしくて、まあそうだよなーって感じますね。
本当に細部が凝ってますから。



blog69507.png blog69508.png


タイムオブアソウルの作者さんがそれの前に作っていたゲームということでプレイ。

ツクール2000製なんだけど、会話イベントのウィンドウから始まって、戦闘、あとジョブチェンジ的なシステムもあって、殆どが独自スクリプトで作られてる力作です。
自分が一々スクショ取るより、公式サイトでどんなものか載ってるので見てください。
ツクール2000とは思えない別物感があります。

ゲームとしてはそんなに長くない中編なんだけど、独自システムのおかげで、ツクール2000製とは
感じさせない新鮮な面白さでした。

あとやっぱり、このゲームも、ストーリーが面白くて、ダンジョンの構造とか親切丁寧な作りなんですよね

タイムオブアソウルが面白かった人は、こっちもぜひやってみてほしいです。





blog69509.png blog69510.png


ひびかけ色のキセキでブレイクした作者さんの一作目です。
自分は実はたまたまこのゲームがリリースした頃に出会っていて、
紹介ページを見てて「ん、なんかこのゲームすごそうだぞ」と思ってダウンロードしてプレイ
(証拠としてはセーブデータのプレイログに残ってますね)

これはかなり出来が良かったですね。
メニュー画面とかUI系が独自設計で、そういうところに感心させられました。

あと、音楽。
自分、あまり言いませんが、ゲーム音楽への興味が強いというかこだわりが強くて
ここがいいゲーム(自分と波長が合うゲーム)は、マイ・フェイバリット化するんですが、
このゲームは音楽がすごくいいですね。
特に耳に残ってるのはボス戦のBGMです。

それで当然、事実上の続編の「ひびかけ色のキセキ」もやりたいわけですが、
前にも書きましたが、自分、クリアするとレビュー書かないと気がすまない体質で。

それが、作者にぶしつけな失礼なことをズケズケと書いてしまうので、遊びたいと思っていても、敢えて距離をおいていたというわけです。

もう一つ距離をおいてた理由としては、このゲームを実況動画でやろうと思っていたからです
今は辞めたので、やることはないでしょうが。

実況動画やるとしたら、このゲーム、メニュー画面の右下に時計が表示されるから
それで収録時間がバレるのが嫌だから、2回目からは置物を置いて隠そうとか
キャラクタが年頃の女の子ばかりだから、出てくる度に口説くとか
まあそんな下準備と言うかネタを考えてはいたんですけどね。失礼な動画になるだろうということでお蔵入りです。


blog69511.png 9th_data.pngblog69512.png

最終セーブ

タイムオブアソウルのあとに探してダウンロードした、長編RPGです。

フリゲで初回クリアするだけで37時間とか、クリアレベル100前後とか、アークザラッド2かよ!!
って感じですね。

タイムオブアソウルですら25時間台だったので、それを13時間も上回るという化物ゲームです。
紹介ページの目安プレイ時間が40時間ぐらいだったはずなんですが、まあ俺ならそれより早くクリアできるだろ、と意気込んで始めたけど、全然そんなことはできなかったという。

フリゲプレイヤーの中では、戦闘が難しすぎるとか言う不評も目立つんですが、自分は面白かったです。

テストオブマジックもそうなのですが、戦闘がリアルタイムバトルだと、これだけシビアなバランスだと、バランス取りが大変だろうになあと、思います。

自分は色々、フリゲ紹介してるんですけど、コンシューマーのゲームしかやらない人に
なんとか興味を持ってもらいたいんですよね。
どうせツクール製だろ?素人が一人で作ってんだろ?って言う先入観を取り去るのは本当に難しいです。

そこで、そういう人たちにこそやってほしいのがこのゲームです。
文体にクセがないし、キャラクターカスタマイズが色々出来るようになってて
ボス戦は難しくて装備を考えたりする必要もある。
これを遊ぶと、所詮ツクール製だろ!?というレッテル貼りがなくなると思います。




blog69513.png blog69514.png

このゲームは一年近く前に触って、積みっぱなしです
地下8階の最初のボスに勝てなくて、ちょっと経験値稼いでこないと無理っぽいなーっていうところで止まってます。

ミスティックスターの作者さんの一作目というか、自作スクリプトの実験作というか試作品みたいなゲームです。

ちょっと変わったゲームで、ツクール2000製だけども、戦闘はサイドビューで、育成システムやスクショのメニュー画面など、殆どが独自スクリプトで、さらにBGMまで自作という力の入りっぷり。
市販ゲームで言うと、ディレクターが音楽も打ち込んでるというあり得ない光景。
独自スクリプト構成ってだけでもすごいのにBGMも自作でしかもそっちの出来もいいというのは本当にそれだけですごいと思う。

ゲームの内容は、12個の職業から4つを選び、4人パーティを作成します。
そのパーティで、入る度に構造が変化するダンジョンに潜り、最深部のボスを倒すという王道系

とは言うけども、ツクール2000製でそのシステムを再現するのはそれだけで大変で、練習台とか試作品みたいな位置付けでも、相当手間かかってるんだろうなあと思いました。

blog69515.png 

戦闘は自作サイドビュー(戦闘システムも自作)

blog69516.png

自動生成式のダンジョン



この作者さん、実はPCツクールに触る前、PS2のRPGツクール5でゲームを完成させているという猛者。

 

姉貴に自作ゲームの実況動画としてネットに載せられるってどんな家庭環境なんだろうか

ミスティックスターやる前に、勉強がてらこっちを始めたのですが、
このゲームのあとに、ミスティックスターを完成リリースに至るまで3年かかってるんですよね。

作者ブログの開発記録を見ると、2011年開発開始で
途中に、ラビリンススターを作りはじめて、これだけでやっぱり1年。

当初予定していたミスティックスターの完成が全体で5年(ラビリンススターの開発期間を覗くと4年)

やっぱり長編RPG作ろうとするとこれぐらいかかっちゃんでしょうね



20170202173754.png 20170202173918.png20170202173931.png

スクショ付きバージョン。

前やってから全然進んでないです。

進行状況としては、2つ目のダンジョン入ってボスに殺られて戻ってきて
対策を吟味しようというところですね。



blog69517.png blog69518.png

blog69519.png


ツクールMVに入っているサンプルゲー。

ツクールのサンプルゲーム触れておかないとなあと思って、触り始めました
1時間ちょっとで終わる、マー短い!!




blog69520.png blog69521.png blog69522.png 

これは確か、ツクールMVが発売されて、なんかMV製のゲームやろうと思って「ふりーむ」で
探してた時に、ダウンロードしたゲームです。
これも1時間で終わるので短いですね。
短いけど、戦闘が結構良かった記憶があります。



blog69523.png blog69524.png

RPG風のノベルゲームです。ただ、育成はないけどイベント戦闘はあります。

確か2年以上積みっぱなしです。
ゲームスタート時に、プレイヤー情報を聞かれるんですけど、年齢を入力する所で
すごく・・・すごく年上の方なんですねってスクショに載ってる金髪のカシューという人に言われたのだけは覚えてます。

これはウディタというツールを使って作られたゲーム。
ウディタというのはツクールと同じRPGを作るためのツールです
無料なのでウディタ製のゲームって結構あるんですが、一度ウディタ製の純正RPGというのをやっておかないといけないなと思っていました。




blog69525.png blog69526.png 
SRPGスタジオ製のSRPG。
勉強不足なのだけども、ファイアーエムブレムと似たような感じのSRPGが作れるツールだと思います。
ファイアーエムブレム生みの親の加賀昭三さんもこれでゲーム作ってます(有名ですが)。

あまりSRPGスタジオ製のゲームを見かけないのだけども、これはその中でもかなり評判いいですね。

そもそも自分もリリース初期にダウンロードして、1年積みっぱなしなので中身はなんとも言えませんが。たぶん装備品の物資調達のところでやめたんですね。
GBA時代のファイアーエムブレム的な難易度に近い感じがしました。

blog69527.png blog69528.png 

この主人公の魔法使いが、まんま鳳凰院凶真だったのは覚えてます。





ここまで長く、自分が触れてきたフリゲを積んだものからクリアしたものまで惜しげもなく出し切りました。


でも、一番痛いのは、Win10にしてから、ダンテ98のエミュソフトが使えなくなったことです。
ダンテ98時代に出た名作「ダークフォース」シリーズが遊べなくなってしまいました。
それから、「コープスパーティ」も。
コープスパーティは有名すぎて復刻されてるからともかく、ダークフォースシリーズは本当に
独特の台詞回しが面白いので、なんとか後世にこれを残したいです。

まあ、古いPCがXPなのでそれで遊ぼうと思えば遊べるんですけども。

これらのRPGツクールダンテ98時代のゲームは、実況じゃなくてもプレイ動画だけでも
Youtubeに無編集で残せないかなあと考えてます。
これからWin10時代に入ってくると、ますますこういうレトロゲームが時代から消えていくので。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR