[ゲームショップ]ゲオはレトロゲーム販売を手放すべきではなかった

もう10年近く前になるだろうか。
ゲオが、レトロゲームの販売を取りやめてしまったのは。

最後に、在庫放出セールをやって、すべてのレトロゲームを格安で手放してしまった。

ゲオは、元々、老舗のゲームショップだ。

今でこそ、DVDやら携帯電話やら、本屋やら、手広く広げているが、
本業はゲーム販売だった。

そのゲオが、今は業績不振で苦しんでいる。
(最近は立て直しを図って良くなってきたのか、現状を知らないので何とも言えないが)


自分は、ゲオが販売不振に陥ったのは、レトロゲーム販売を捨ててしまったことだと思う。

「こんな古いもん、今更こんな値段で誰が買うんだ」

っていう、ゲームコーナーにあるレトロゲームコーナーが片隅にかならずあるのが昔のゲオだった。

そしてその頃、同様に、店員やゲオ内部の人間も、今時こんなもの抱えて取り扱ってたって
意味が無いと言うデータが出てたんだろうと思う。

それで、2009年末のあたりで、正式にレトロゲームを扱うことを辞めた。

だけども、ゲオがレトロゲームを辞めてしまったら、自分はゲオに行く理由がなくなってしまった

自分の中では、ゲオに行く理由は他では売ってないゲームを買うために行っていたようなものだった。

新作ゲームだったら、別の店でもいいわけで、DVDだってTSUTAYAに行ってもいい。
わざわざ「ゲオ」じゃなくてもいいことに「ゲオ」は力を入れていた。

今でこそ、ネット通販が出来て、家でポチればゲオと同じようなことが出来る
といっても、やはり強いのは店頭販売だと思う。

ほしいと思って、在庫がその場にあったら、すぐ買える。

これだったら、自分は、ネット通販のほうが多少安くても、手間暇考えると、多少高くてもゲオで買うだろう。

だけど、その仕組を全撤廃してしまったのが、今のゲオ。

まあ、レトロゲームを取り扱ってることで、維持費や倉庫圧迫などもあったのだと思う。
それから、巷の相場の情報を調べてノウハウの蓄積など、決して楽なことではなかったのだと思う。

どっちにしろ、ネットが普及進化したら、レトロゲームの販売顧客もそれに取られるよ

って思われるでしょうが、それは別の媒体に力を入れることにも全く同じことが言える。

例えば、DVDレンタルも、既に競合他社で強力なTSUTAYAがいながら、Huluなど配信サイトがネット発で出始める。

新作ゲームも同様で、ダウンロード販売がこれだけユーザーに浸透してくると、
メーカーだってそっちのほうが利益率がいいから、そこに力を入れ始める

そうすると、店頭販売の強みが実はレトロゲームより薄れていってしまう。

なぜレトロゲームをどうしてこれだけ推しているのかについて。

レトロゲームってのは、レトロなだけで価値がある

今となってはPS2世代のゲームもレトロゲームになり始めていて
時間が経てば、レトロゲームという題材はどんどん増えていくのだ

そこを、1本新作ゲーム売れば、これだけ利益が出て、って言う旨味を考えると
新作ゲームに力を入れたがるのは当然の流れだ。

だが、ゲオはここの力の入れ方を明らかに間違った。

レトロゲーム扱ってた頃のゲオは、
「ゲオだったら売ってるかもな」

と言って、ゲオに行っていた。
そして、物色しているうちに、アレがほしいとかこれがほしいとかになって、余計な出費をしてしまったりしていた。

だけども、それをやめてしまう。
ゲームに限っては、品揃えが他の電気店とかと変わらなくなってしまった。

そしたら、別にゲオじゃなくてもいいんだよなって話になる。

ゲオじゃなくていいっていうのは、ネット通販でもいいし、
コンシューマならゲーム機本体からダウンロード販売にしてもいいってこと。

じゃあ、ダウンロード時代のゲーム機からは、レトロゲームという取り扱い品目が激減するんじゃないか
というと、これもまた違う。

パッケージ版を併売するフルプライスのゲームは、ダウンロード配信を辞めてしまえば
パッケージを買うしかなくなる

そうなると、在庫を抱えてる所がゲーム販売からすれば最も強い店となる。

レトロゲーム売ってるところだって他にもある

ハードオフとかブックオフとか。

だが、これらはリサイクルショップであり、ゲームはあくまで副業的な扱いにしかしていない。

秋葉原や日本橋みたいなところを別にすれば、競合店が無いからレトロゲームを(そこそこ売れるから)扱っているだけであって、ゲオはここにこそ勝負をかけるべきだった

少なくとも、長年蓄積してきたゲーム相場のノウハウや情報を捨て去るのは明らかに間違いだったと思っている。

だって、自分がゲオに行かなくなったもの。

だから、近くにあったゲオも潰れてなくなってしまった。

他に、電気店、TSUTAYA、今はネット販売でもいいし、わざわざパッケージじゃなくてダウンロード版を高くてもそれを買ってもいい

レトロゲーム扱わなくなったゲオは、かなりつまらなくなった。

「ばっかだなあ、ゲオ、こんな値段で誰が買うんだよ」

これも一つの魅力だった。

それを辞める

そしたら魂の抜け殻になったようにしか、自分には見えなくなった
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR