[人生の話]人が生きるということについて考えている

人生寿命は80年だと当たり前のように言われている。
が、それは誰もが事故に遭わず健康で天寿を全うするということが前提となっている。

さすがに30年以上生きてきたら、健康ということを意識しなければならなくなった。
だいぶ前に、血液検査をして、糖尿のサインがあるということで、治療薬を飲んでいる。
食事の量も減らしたり、本当ならば運動もしなければいけない。

俺はこれまで、自分が60,70まで生きるとは思えないから、健康について考えたことなんて一度もなかった。
好きなものを食い、太ろうが気にしない。
長生きするために、今我慢するということが、そもそも自分の人生設計が破綻しているので、そんなことをやることが無意味だと感じていたからだ。

だが、そんな生き方も20代が終わると、自然と出来なくなってくる。
どこかの体の機能が悪くなり、そのために機能低下した部分をカバーするような生活をしなければいけなくなってくる。

もう一つは、親の年老いていく姿のことだ。

普通は、学校を卒業するタイミングで、親元を離れて生活するから、一般的な人は全く気にならないことだろう。

俺はずっと親元で生活していたからわかる。

生の動画配信の場などで、よく喋っているのだが、親が年老いていくことで、どんどんと自分も身動きが取れなくなってくる。

これまで親がやってくれていたことを自分がやらなければならないためだ。

そうやって、色々とやらなければいけないことが増えてくると、当然ながら自由時間がその分減る

だから、動画配信を催促されても、気軽には出来ない
それどころか、今やっておかないと、この先いつやれなくなるかわからない

そんな緊張状態の中で、俺は生きてる。

親と離れて長く生活してたら、親が年老いて毎日の生活に苦労し始めても、普通は気づかないし気にもならないだろう。

子供だって自立しているんだから、自分の生活があって、常に寄り添ってなどいられない。

だが俺は、人と違う人生を歩んできた。

いつも親のそばにいて、それでもどちらかと言うと、親孝行はしてこなかった

やっぱり、なんとかして自立したいと言う思いで、自分のことだけで精一杯だったからだ。

しかし、それも親に助けてもらいながらの生活だ
それがだんだんと難しくなってくる。

そうなると当然、家のことやったりなんだりと、色々と大変になってくる。

これだけリアルな話を、ブログに書き記すのもどうかなあと思ったのだが、
どうせいつも同じ人しか見ていないだろうし、このまま今自分が思っていることを生々しく書く。

親がゆっくりと衰弱して弱々しくなっていく姿を見ていると、やはりなにかこう、感じるものがある。

自分は年老いたりしないし、おっさんになったりじじいになるのは遠い先の未来のことだと、
10代20代の頃は思っていた。
30代の人間だってそう思うだろう。

平和で五体満足で健康な生活がずっとこのまま続いていくのだろうと普通は思う。

だが、着実に毎日一日一日が、寿命へと近づいていっているのだ。

当たり前の話だが、人はいつか死ぬ。

だけど、人間というのは日々の忙しさにかまけて、そういった老いとかネガティブなことはあまり考えない。

こうやってブログに文章を書いている瞬間にも時間は経ち続け、俺だって寿命へと一歩一歩近づいていっているのだ。

俺はこんなことを考えるようになって、頭がおかしくなったのかもしれない。

しかし、これは、逃れることのない運命であり、目を背けることの出来ない事実だ。

毎日、当たり前のように健康だが、いつ難病にかかるかもしれない。
不慮の事故で死んでしまうことだってある。

そういうことを考えると、時間というのはほんとうに貴重であり、その限られた時間をどうやって過ごすかというのは本当に慎重に考えなければならない。

俺が、こういったことを考えるようになったのは、自分が糖尿の危険があるという診断をされたことと
年老いて体が不自由になっていく親の姿を目の当たりにしたからだ。

だから、親が生きてるうちに親孝行をしろとか言う説教臭い話にはならない。
親孝行も大事かもしれないが、それよりももっと大事なのは、
生きている時間、生かされている時間に、何をやるかということだ。

これはいくらカネを稼いだって、寿命を伸ばしたり健康を買ったり出来ない。

宝くじを当てた次の日に、交通事故にあって死ぬかもしれない
交通事故じゃなくても、大金で豪遊している間に健康不良で若くして死ぬことも考えられる

鬱な話になって申し訳ないが、貴重な時間を使って、後悔しない時間の使い方を絶対するべきだと言うことをいいたかったのだった。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR