[ネット]wikipedia張り付くぐらいなら、自分のホームページを持ったほうがいい

かなり前の話になるが。
中学の同級生と飲み会したときの話だ。

「俺wikipediaで、自分の知っていることを書き込んだりしてるんだよね」


と言っている人がいた。

その時は何も言わなかったんだけど、俺は常々こう思っている。

ウィキペディアで、自分の知識を無償提供するぐらいなら、すぐブログでも持ってそこで情報発信した方がいい。

きっと、ウィキペディアに協力してしまうのは、
一からブログを立ち上げると、閲覧数とかが少なく全然見てもらえないし、
継続的にやらないと駄目みたいな印象があるためだろう。

それでも、ウィキペディアに名無しで無奉仕するぐらいなら、ブログで発信したほうが断然良い。

なぜなら、ウィキペディアで自分の知識を書き込んだって、あとから返ってくるものがない。
それに、せっかく丸々1ページ、テンプレやら雛形、段組みを編集したのに、
その功績は、本人のものにはならないのだ。

挙句、違う人に違う解釈で編集され、自分が作ったはずのページが間違っているなどと批判されたりする可能性がある。

こんな割にあわないことをするぐらいなら、ホームページをもって、第一次ソースを提供し続けたほうが断然良い。

そこからウィキペディアに転記してもらうなり、まあ最悪自演でもいいが、そこら辺はモラルと状況の問題だろう(マニアック過ぎて誰も項目追加してくれないなど)

確かに、沢山の人にいきなり見てもらえるのがウィキペディアの強みだ。
さっきは、名無しと書いたが、一応ハンドルネーム付きで編集はできる。
(が、あそこは投稿型レビューサイトやらamazonのレビュー項目などと同様で、署名付きで書き込めると言っても、実質匿名の扱いだ)

だから、俺は一度もウィキペディアに協力したことがない。
昔は、協力しようと思ったことはある。

具体的には、PCエンジン「ネクタリス」の項目がまだなかったので(12年ぐらい前の話だ)
世界観とゲーム概要、ユニットの説明あたりまで段組みして、記述しようと思ったのだが
なんだかそこまでやって急にバカバカしくなって辞めた。

そのやめた理由というのが、これまで語ってきたことになる。

頑張っても、割に合わない

これが理由だ。

まあ、自分も、こういう経緯があって、今ウィキペディアに対する価値観というものが決まっている。

絶対の信頼を置いているわけではなく、読んでみて、自分の記憶のほうが正しかったら、そちらを優先する。

つまり、疑ってかかっているのだ。

普通の人は

「ウィキペディアに書いてあったから、あれは正しい」

こう思うのだろう。

だが自分は、ウィキペディアにはこう書いてあったな

程度の信頼度しか無い

といっても誤解されると困るので書いておくと、“こう書いてあったな”という価値基準は
はっきり言って信頼度は高い方だ。

俺はゲームの項目ばかり見るが、今でこそ間違いはかなり直されているが
10年前なんてのは、ちょっとゲームソフトの発売日や価格を調べてみると、間違いだらけだったのだ

直してやろうとも思ったのだが、俺のやることでもないしってことで放っておいていた。

あそこは、何を書くにもソース、ソース。こればかりだから、今の今まで良く成り立っているなと本当に不思議になってしまう。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR