スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QMAを強くなる方法とは?

9月に入り数日経ち、すっかり秋らしい天気が続いている。涼しいどころか寒いぐらいの温度になった。
上を見上げれば涼し気な秋空が広がり、外を歩けば秋風が吹いている。何故か中学時代を思い出す季節である。
私はこの時期が一番好きだ。この時期だけは地元を離れるのが嫌になる時がある。
こういう天気は東京では味わえないからだ。

明日というか今日になるのか、新しいテイルズが出る。
テイルズシリーズは思い入れの強いゲームだったから結構遊んでいたが、もうゲームは辞めたから買ってやることはない。
ちょっとだけページ見たけど、なんか中身もだいぶ変わったみたいだし。私の好きだったテイルズはもうあそこにはない。

相変わらず仕事は決まる気配はなく、夜は眠れず昼間はゲーセンでQMAをやっている。もちろん仕事も探しているが、時間が余ってしまうのだ。

ゲームと決別し、QMAを本格的にやるようになって2ヶ月。
家ではDSで強化合宿を行って、だいぶ上達してきた。

具体的には、ガーゴイル組に落ちることが滅多になくなった。
ミノタウロス組と運が良ければフェニックス組に上がることができるようになった。

これだけやりまくっても、未だドラゴン組に入れないのは、私がよほど馬鹿なせいなのだろう。
それか職安に行くか夜寝れなくて寝てることが多い午前中に行けば強豪も少なく上に上がりやすいのかもしれないが。

さて、QMAで強くなる方法である。

とにかくやりまくる。結局はこれしか無いような気がしてきた。

次はわからなくてもすぐ諦めない。
パネル(並べ替え、スロット、文字パネル)クイズは、わからなくても考えれば結構解けることがある。
逆に易問でもその場の判断力で誤ってしまうことがある○×や4択は地味にきつかったり、
一問多答、順番当て、線結びは問題自体の知識を持ってないと答えを覚えられなくてきつい。

ということで私が一番好きなのはパネル系。タイピングは知らないとお手上げになるし、エフェクト系は漢字読みだけだ。

答えを無理に覚えようとしない。外国人の名前とか一度じゃ覚えきれないし、それなら覚えやすい答えを覚えてったほうが相対的には強くなれる。

個人的には、家に帰ってQMAのためだけにwiki調べたりするのは飽きる元になると思う。
少なくとも私は、そこまでして強くなりたいと思わない。というかそれじゃ強くならないと思う。

結局、強くなるのに重要なのは、全ての問題を覚えるなんて不可能なんだから、落としちゃいけない問題をなるべく落とさないように頑張ることだろう。

決勝までは、総合的な得点を求められるんだから、突出した正解率を叩き出す必要はないわけだ。
それなら、覚えやすい答えの問題を覚えて、予選落ちしてしまわない確率を上げるべきだと思う。

決勝で安定して1位を取る方法は、難しいだろうな。これといった攻略法はないと思う。
要するにメンツによるわけだし、私としては決勝まで遊べたってところで満足している。

強いて言えば、決勝まででは要求されなかった、自分が得意としている武器(ジャンル)がどれだけ強いか(自分しか知っていないか)ってことだろう。

私は、アニメ&ゲームが比較的得意でゲーセンでは数百回、DSではCPU相手に数千回もやってるけど、正解率は75%以上をキープしている。

中でもゲーム問題には絶対の自信を持っている。DSの実力テストでは3490点を叩き出したほどだ。
決勝では自分で出題ジャンルを選べるので自分しかわからないゲーム問題を3問ぶつければ単独正解でその分相手を出し抜けるわけだ。
もちろんこれは敵方にも当てはまるわけで、敵の武器を払いのける(正解する)必要もある。
私はこれでライト層が多いガーゴイル組では安定して2位前後をキープできていた。

もう結論を書いてしまっているが、私の具体例を出していこう。
まず、私は頭が非常に悪かったので、最初は芸能とアニメ&ゲーム以外はさんたんたる有様だった。
しかし、やり込んでいくうちに、だいぶ他のジャンルも答えられるようになってきた。

特に理系学問、ライフスタイルは劇的な正解率の変化が見えた。

逆にいくらやってもきついのは文系学問とスポーツ。
スポーツは、30年生きててもずっと興味がなかったので、選手の名前とか本当に覚えられない。
せいぜい対策できたのは、DSでは良く出題されるスポーツの基本的なルールや用語ぐらいだ。
DSなら、それでもだいぶ戦えるようになるのだが、ゲーセンでフェニックス組まで上がってしまうと全く太刀打ちできなくなる。

文系学問は、それ自体が難問ジャンルといった感じで、取り付く島がない。
答えが覚えづらい小倉百人一首に、馴染みの薄い古典文学、付け入れそうなのは日本歴史ぐらい。
私は中学時代まじめに勉強してなかったので戦国時代もサッパリわからない。

この辺は、三國無双や戦国無双みたいな歴史系ゲームをやればすぐ対策できるだろう。

社会は、世界歴史だっけか?あと地理。政治経済は学校の教科の中でもやさしい方だったから割愛。
日本地理は、桃太郎電鉄を小学校の時馬鹿みたいにやってたので、自信がある。
桃鉄USAをやれば、アメリカ地理、桃鉄WORLDをやれば、世界地理に詳しくなれると思う。
あんなので地理が覚えられるかと思うかもしれないが、やってみればわかる。
もちろん、ゲーム自体をそれなりにやりこまないと駄目だ。

ライフスタイルは、PCとネット関係の問題が入っており、私でも意外とついていけるジャンルであることがわかってきたことでだいぶ苦手意識がなくなった。

芸能は、年食ってれば自然と強くなれるジャンルである。強いて言えば、映画を見るのが趣味なら強くなれる。
テレビとか音楽より、映画が意外とでかいものになっている。他の人がわからないものがよく出題されるところを答えられるとかなり強くなれる。

アニメゲームは、オタクでないと駄目だ。強くなるためには、ゲームは捨てて、漫画を読むのが手っ取り早いだろう。
私は最初から強いジャンルなのでこれ以上のアドバイスは書けない。
ゲーム問題は出る頻度が低いし、関心の強い人でないと厳しいので、捨てたほうがいい。
最もそういうものを武器としている私は、決勝ではポーカーフェイスになるのだが…。
私は同じくゲームを武器としている人間なんか軽くけちらせるほどの絶対の自信を持っている。

しかし、これではフェニックス組以上に出てくる難問ではとたんに手も足も出なくなる。
普段聞く機会もない単語をすらすら答えたり、そういう難問が出るようになると、ちょっとやそっとのやりこみでは手に負えない。
フェニックス組はまだ、私のようなレベルの人間もいるから理不尽さは無いが、それでもなかなか正解できず無残に予選落ちしていく姿を見ているとモチベが落ちてしまうものだ。

私はシャロンでまゆしぃという名前でプレイしている。
時間帯は午後3時頃~夜21時過ぎぐらいまでいることが多い。大体ミノタウロス組にいる。
まあ、見かけたら手加減してやってくれ。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。